作品一覧全15作品

2ページ中1ページ目
2 Next >> 
  • 庭付き4LDK中古住宅※リフォーム済嫁付【改稿版】
  • 宝くじで一億円当たったから、マンション買ったので、この家、リフォームして売りました! ――母親の爆弾発言に唖然としながらも引っ越しがいつなのか聞いたら、「珠希付きで売りました」と言われた私。どうやら、家ごと売り飛ばされたらしい。ええ?! 本気、お母さん!? やってきたのは大きな犬を連れた草食系の年上男性。私、本当に結婚しちゃうの??【注意】過去に投稿していた作品を改稿・加筆したものです。この改稿版はアルファポリス様にも掲載しています。
  • ヒューマンドラマ[文芸] 完結済:全17部

    小説情報

  • 日常 ツタヤリンダ大賞B1
  • 読了時間:約126分(62,777文字)
  • 私が私になりうるまでに
  • 私には婚約者がいる。婚約者はいつも私に文句を言う。身分差もなく、平凡顔で、ごくごくありきたりの婚約者。それが私。
  • 異世界[恋愛] 短編

    小説情報

  • 決められた婚約者企画 サッと読める
  • 読了時間:約7分(3,037文字)
  • もうすぐ終わる僕の人生 まだ始まらない私の運命
  • 僕は前世記憶持ちの子爵令嬢。交通事故死して異世界転生? よくある話ですよねぇ──って、女性になってしまった自分を嘆きつつも、それでも第二の人生をまったり乗りこなしていくつもりだった。婚約者としてジルベルスタイン伯爵家のブリス様が現れるまでは……。は? あなたも転生者? 元は二十八歳のOL? そんなゴツイ身体で女言葉とか勘弁してください……! しかも、魔法使いの殺人ばかり取り扱うブリス様は碌でもない話ばかり僕に持ってくる。僕はミステリーとかそんなに読んでないんだよ。え? その事件……うーん……もしかしたら、こうなのかもしれませんよ? で始まる杜撰な異世界ミステリー。
  • ローファンタジー[ファンタジー] 連載:全4部

    小説情報

  • ミステリー 安楽椅子探偵(仮) 微妙な恋愛要素 TS転生
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約34分(16,661文字)
  • 神様 明日は
  • これは、いまよりずっと人が少なくて、ここよりずっと小さな世界のお話です。 その世界には、大きな神様と小さな神様がいました。ある日、大きな神様は小さな神様に言いました。 「お前もそろそろ神様らしくなってきたから、人間の願いを叶える力を授けましょう」  それを聞いた小さな神様はとても喜びました。なぜなら小さな神様は人間が大好きだからです。 「だけど、その力は一度しか使えない。だからよく考えて使いなさい」 「はい、わかりました、大きな神様!」 大きな神様から願いを叶える力を貰った小さな神様が叶えた願いの話。
  • 童話[その他] 短編

    小説情報

  • 冬童話2016
  • 読了時間:約13分(6,282文字)
  • カナキリ様
  • 学校の長い廊下の端で、二回頭を下げる。そのあと、二回拍手して、もう一度頭を下げると、カナキリ様がでるんだって── 最初は他愛ない怪談噺のはずだった。娘の小学校で起きた奇妙な怪異のため、PTAの役員会で夜の学校へ訪れた私は、そこで恐ろしい体験をすることになる……
  • ホラー[文芸] 短編

    小説情報

  • 夏ホラー七不思議 夏のホラー2015
  • 読了時間:約15分(7,152文字)
  • カシテプリズ
  •  カシテとプリズは、村の小高い丘に、二軒続く隣同士の家に住む幼馴染です。  カシテはおしゃまな女の子。プリズは優しい男の子。  二人はいつも一緒に遊んでいました。
  • 童話[その他] 短編

    小説情報

  • 冬童話2015 ハッピーエンド
  • 読了時間:約12分(5,677文字)
  • 恋しちゃうと、生えちゃう
  •  ある日突然、恋をすると、髪の毛がピンクになり、角が生える──【恋しちゃうと生えるんです症候群】にかかった男女の色々なお話。短編連作。思いついたら書くので、完結設定扱いです。 3話*小学生女子と真っ当な男子高校生の話。 2話*八百屋の跡取り息子とアラサー女の話。 1話*一目惚れを信じたくない女の子と、一目惚れしちゃった男の子の話。
  • 現実世界[恋愛] 連載:全3部

    小説情報

  • ピンクの髪 角
  • 読了時間:約39分(19,374文字)
  • あいている
  •  ぎぃ──ある日突然、不可思議な現象が小祝万菜美の家で起き始める。閉めていた筈のドアが、いつも少しだけあいているのだ。気にするほどのことでもない、閉め忘れていただけだ。そう思っていたのだが、何処かしら気持ちのいいものではない。ぎぃ……と、立てつけも悪くないのに、軋んだ音を立ててドアが開く。万菜美の家に一体、何が起こったのか……【夏のホラー2014】参加作品です。
  • ホラー[文芸] 完結済:全4部

    小説情報

  • 夏のホラー2014 榊3作目
  • 読了時間:約26分(12,649文字)
  • 織りを忘れた鵲は
  • とある街に、鵲(カササギ)という名前の女の子がひとり、住んでいました。その街に住むものは、皆、織物を織ることを仕事にしていました。
  • 童話[その他] 短編

    小説情報

  • 冬童話2014 暗喩 隠れヤンデレ 嫉妬
  • 読了時間:約10分(4,533文字)
  • 階段の踊り場で
  • 夏のホラー2013投稿作品。私は、新婚の妻との新居として、賃貸マンションに引っ越した。そこはエレベーターのある5階建て賃貸マンションで、私の入居した部屋は5階だった。ある日、エレベーターの故障でやむ得ず階段を上って家に帰ることになった私は、その階段の踊り場で奇妙な男と会う……。
  • ホラー[文芸] 短編

    小説情報

  • 夏のホラー2013 1人称 最後だけ3人称
  • 読了時間:約12分(5,765文字)
2ページ中1ページ目
2 Next >>