作品一覧全26作品

3ページ中1ページ目
2 3 Next >> 
  • 怪奇アパート
  • 裏野ハイツ。 敷地はブロック塀とアルミフェンスで大雑把に囲まれており、入り口脇にあまり主張しない感じで、アパートの名前が記されていた。 建物自体もお世辞にも綺麗とは言い難い。おそらく築二十年以上だろう。木造アパートは最近でも珍しくはないが、外観を一望しただけでどこか不気味に感じる、そんなアパートを他に見たことがない。その雰囲気に僕は一瞬で魅了されていた。
  • ホラー[文芸] 完結済:全4部分

    小説情報

  • 怪談 夏のホラー2016 裏野ハイツ
  • 読了時間:約34分(16,884文字)
  • 扉の向こうに
  •  扉の向こうに気配がした。もちろん病室の中からは見えないのだが、私にはそれが小さな女の子だとわかった。
  • 純文学[文芸] 短編

    小説情報

  • 現代 文学フリマ短編小説賞
  • 読了時間:約6分(2,509文字)
  • オニタと竜の仮面
  •  洞穴で横になっているとき。山の中で手ごろな石に齧りついているとき。時々、麓の村の子どもたちの笑い声が、風に運ばれて聴こえてくることがありました。  その頃は、まだヒトというものに出会ったことのなかったオニタには、それが何の声なのかはっきりとわかりません。ただとても楽しそうだ、ということだけがなんとなく伝わるのみでした。  何度も何度も昼と夜が過ぎ、そのたびにオニタは空腹を感じて、近くに転がっている石を食べました。それ以外の時間はというと、石や草花をすりつぶしたものを使って壁に絵を描いて過ごしました。時折訪ねてくる竜だけがオニタの話し相手でした。
  • 童話[その他] 完結済:全3部分

    小説情報

  • 冬童話2016 ファンタジー
  • 読了時間:約42分(20,558文字)
  • 友達の条件
  •  徹が死んだ。自殺だった。  イジメを苦にして自殺した小学校の頃からの友達。僕は同じクラスだったのに、怖くて彼を助けることができなかった。  ふと気がつくと、真っ暗な部屋の中を月明かりが幽かに照らしている。  整然と並べられた一人掛けの机と椅子。大きな黒板。落書きだらけの壁。間違えようもない、2-Cの――僕らの教室だった。  夏のホラー2015参加作品。  8月6日、一部修正しました。
  • ホラー[文芸] 短編

    小説情報

  • 夏のホラー2015
  • 読了時間:約16分(7,543文字)
  • 名もなき怪物
  •  ――やってしまった。  後悔先に立たず、とはよく言ったものだ。頭に血が上って、頭の中が真っ白になって――そこから先はよく覚えていない。  気がつけば、あいつが床に転がっていた。  どうしよう。どこに隠そう。  死体の隠し場所なんて見当もつかないし、考えてみたことさえない。第一、隠したところでいつかは見つかってしまうのではないだろうか。  そんなことになったら……俺の人生はおしまいだ。しかし、このままここに置いておくわけにはいかない。  ――どうしよう。どこに隠そう。  堂々巡りを続ける思考に、突然、嘲笑うような、誘うような声が割り込む。 「俺が何とかしてやろうか」  囁くような声はベッドの下から――。
  • ホラー[文芸] 短編

    小説情報

  • 殺人 食人 白い靄 夏のホラー2014
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約16分(7,856文字)
  • 雪が降る。しんしんしん、と……
  •  ――僕は自分の生まれを知らない。生まれの由縁を知らない。  ふと、気がつけば、降り積もる雪の中に、ひとり、佇んでいた。  僕は、ある朝、おかしなものを見つける。  白い、まるいものを二つくっつけたようなそれは、見ようによっては僕の姿に似ていると言えなくもなかった。  そのまるっこいものの身体は驚いたことに雪でできているのだった。
  • 童話[その他] 短編

    小説情報

  • 読了時間:約3分(1,010文字)
  • 嘘つきヘビと湖の男
  •  ヘビは嘘をつくのが好きでした。  男は湖の底をなんとも悲しそうに覗き込んでいました。
  • 童話[その他] 短編

    小説情報

  • 冬童話2014
  • R15
  • 読了時間:約10分(4,567文字)
  • 死ねばいいのに
  •  なぜ母はそのことだけをあれ程強く私に言って聞かせたのだろう。いや、それよりも、なぜ私は母の言うことを聞かずにその言葉を使い続けたのだろう。すべては後の祭り。過ぎ去った時間も、人も、決して戻らない。  ぼんやりとした頭で、私は自分のしでかしたことを呪い、自分の罪を呪い、自分の命を呪い、存在を呪った。 夏のホラー2013参加作品
  • ホラー[文芸] 短編

    小説情報

  • 夏のホラー2013
  • 読了時間:約10分(4,884文字)
  • オオカミと少年
  •  オオカミが人を襲うようになったのは、つい最近のことでした。  冬の童話祭2013参加作品。
  • 童話[その他] 短編

    小説情報

  • 冬童話2013 動物 少年
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約10分(4,881文字)
3ページ中1ページ目
2 3 Next >>