作品一覧全25作品

3ページ中1ページ目
2 3 Next >> 
  • Fantesme-Gemini(幻影の双子)
  • 僕の名前はリダ。 母子家庭に育った。父は帰ってこない。 兄は僕の生まれる前に死んでいる。悲しんだ母は、弟の僕に兄と同じ名前をつけた。 兄の名前はリダ。 兄リダの命日がくる度、弟リダは「自分の名前の墓」に行く。「ぼくの墓参りに行くという複雑な気分」に悩まされている。 僕は何者なのか、それは未だにわからない。
  • 空想科学[SF] 完結済:全3部

    小説情報

  • 近未来 SF(Strange fancy) もやもや ダーク 自分の存在意義 遺伝子 クローン 文フリ短編小説賞2
  • 読了時間:約6分(2,637文字)
  • それでも僕はあの青い月に行きたいと思うのです。
  •  空に浮かぶのは青い月。僕は地球ではない星にいた。  僕はこの星で出会った導師に恋をしている。しかし、その想いは伝えることができても、成就することはない。  その理由は、僕がこの星の生命ではないことに由来する。僕はこの部屋から生身で出れば、5分も経たないうちに死んでしまうだろう。僕は彼女の温もりを感じることができないのだ。  僕はロボットを操って、彼女と対面するしかない。それが唯一、彼女と僕をつなぐものだった。  月の光のように、淡く消えそうな強い鎖が、僕をこの場所に縛り付けている。
  • 空想科学[SF] 完結済:全4部

    小説情報

  • 日常 近未来 SF(Strange fancy) ある日の日常 実らぬ愛 やや切ない 叶うことはない願い 月が綺麗ですね 私、死んでもいいわ 文フリ短編小説賞2
  • 読了時間:約18分(8,753文字)
  • 七の彩は雲の月(詩の集)
  • ――移り変わる世界たちの。 ★テーマは自然の風景★
  • 詩[その他] 完結済:全13部

    小説情報

  • 春夏秋冬 雨 夕焼け 蛍 雪 風 雲 夏祭り 七彩雲月 色彩 世界の理 世界の不思議
  • 読了時間:約9分(4,073文字)
  • 微生物を愛でたいのだよ!
  • ★剣? 魔法? 魔物? 依頼? 討伐?  そんなものよりも微生物。  そもそもの話、僕は微生物を愛でていたいのだよ!★  三度の飯よりも微生物の観察が大好きな院生は、地球ではない場所の、土薫る雨上がりの草原にいた。土の香りがする、これは非常に重要なことだ。実は雨の後に漂うあの匂いは、土に住む微生物の産物だ。その匂いを感じる、それはつまり、ここにも微生物は間違いなくいるということなのだ。  草原に残る水たまりを覗けば、様々な微生物たちがいた。この星の微生物たちも、地球となんら変わりなく神秘的な造形をしている。光に透けたもふもふの繊毛、水をかき回すように力強く振るわれる鞭毛、水に漂うことに適した無駄のない形……試験やレポートの心配もなく、ひたすら微生物の観察できるこの世界は――  ――あぁ、なんて幸せなんだ。 「こんなところで何をしているんだ?」 「……観察の邪魔だ、あっちへ行けよ」  邪魔をしてきた人物を睨み付けたが、視界に入ってきたのは馴染み深い哺乳類な人類ではなく、鱗を持つ爬虫類型の人類だったのだ! 「――あ、これは常在菌かな」  彼の鱗に住む微生物を発見した。初めて獣人に出会ったが、それはとにかく、やはり微生物は良いものだ。 「……俺の鱗がそんなに気に入ったのか?」 ★★★  世話好きな獣人(竜種)や、相棒となった精霊(液体)、いたずら好きの妖精(草花)といった者たちに観察の邪魔されつつも、「現代知識」と「神に願った3つの能力(道具がなくとも微生物を見ることができる能力、食事の時間も惜しいので飲食不要、体調不良で観察できないのは困るので過酷な環境に対する耐性)+オマケ(筆記用具など)」を活用しつつ、欲望のおもむくまま、気の向くまま、町で部屋で草原で森で洞窟で、ところかまわず微生物の観察をし、微生物をスケッチしたり、微生物を培養したり、微生物の観察をしたり、微生物を観察したり、アウトドア系インドア派なマイペース生活を満喫しようとする、微生物にしか興味が無い者の、ぐだぐだまったり日常系な話。 ★更新は、落ち葉が醗酵して腐葉土になる並にゆっくりです。気長にお待ちください。★
  • ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全59部

    小説情報

  • SF(Strange fancy) すこしふしぎ 科学/生物学/化学 寄生/共生 醗酵と腐敗 菌の子(キノコ) 酵母菌ドライイースト 僕っ子 ある意味鈍感系主人公 理系主人公 観察チート 勝負だ!微生物! 星球大賞2 星球大賞2感想希望
  • 残酷な描写あり
  • 読了時間:約856分(427,505文字)
  • 弱いお肉、強きが焼いて食すが定め。
  • 世の中は、移り変わっていくものです。 つまり、○肉○食です。 話題や思考があっちこっち飛ぶので、読みにくいかもしれません。
  • エッセイ[その他] 完結済:全7部

    小説情報

  • 方言 自然環境 信仰 社会科学 自然科学 焼肉定食 弱肉強食
  • 読了時間:約13分(6,110文字)
  • 人の間の事の象(詩の集)
  • ――人間は人の「間」を介す。人間とは事象である。人の間は事を象る。 ★主要なテーマは、とらえどころのない事象の心象風景★
  • 詩[その他] 完結済:全23部

    小説情報

  • 哲学 探索 憧憬 幻夢 風景 旋律 転生 不思議雰囲気 死生観 人生観 世界観 宇宙感 文学 童話 人間事象
  • 読了時間:約16分(7,998文字)
  • 黄昏にたゆとう、明けの島。
  •  それは、むかしむかしのお話。  まだ人が星から運命を導き出していた時代。  変わることのない長い平穏は、終わりを告げつつあった。  太陽が輝く空に、それは現れた。  ――そう、昼間でも消えない小さな星が西の空にあったのだ。  白銀の光に包まれ、伝説にある竜と同じ尾を持つそれは「白き翼の蛇《ケツァルカトル》」と呼ばれた。
  • ローファンタジー[ファンタジー] 完結済:全8部

    小説情報

  • 文明の終焉 隕石落下 マヤ・アステカっぽい 帝国 予言者 あっさり戦闘シーン あっさり終わる 古代 太古 仮想歴史? 疑似戦記? 序章? 星球大賞
  • 読了時間:約28分(13,761文字)
  • 器械を、器械をください!―硝子の夢、玻璃の愛―
  •  今日もいつものように機械をいじっていると、見知らぬ廃墟にいた。  あたりを見渡せば愛用の工具箱が置いてあった。廃墟には器械の残骸がたくさんあった。これはこれは、修理(解体)しがいがある。これらがあれば、ここがどこだろうと僕は文句はなかった。  工具箱に忍ばせていた愛読書の『図解 古代・中世の機械技術』と愛用の工具を片手に、自動販売機(硝子魚や魚ジュースが出てくる)を製作し、それを近くの村に設置した。そして、風車を復元するなど、異世界ライフを楽しんでいたら、神の神殿にある「神の器械」を直して欲しいと頼まれた。  そして……壊れ動かなくなっていた運命の歯車が、動き出した。 「機械好き人間(地球人)」と「土偶っぽい形の器械人形娘(修理品)」が、「埴輪っぽい形の硝子人間(現地人)」の住む世界の危機(機器)を救う!
  • 空想科学[SF] 完結済:全26部

    小説情報

  • SF(Strange fancy) 無機物硝子人間 異世界召還 まったり日常系 ほのぼの 古代遺跡 異世界観察 閉ざされた宇宙 多元宇宙 機械工学/情報科学 /生物学/宇宙物理学 うんちく・雑学語り 星球大賞2感想希望 ネット小説大賞感想
  • 読了時間:約103分(51,012文字)
  • 微生物絵本「ぼく びせいぶつ」
  • ぼくは びせいぶつ。 とっても とっても ちいさい いきもの。 みずのなか つちのなか かぜのなか。 ぼくらは どこにでもいて ちいさいけれど いきている。 ★絵本的です。なので、挿絵表示を推奨します★
  • 童話[その他] 完結済:全16部

    小説情報

  • SF(Strange fancy) 大自然 ほのぼの まったり ミドリムシ ミジンコ アメーバ ミカヅキモ クラミドモナス ボルボックス 遺伝子 いのち 星球大賞 微生物は世界中にいる
  • 読了時間:約7分(3,265文字)
3ページ中1ページ目
2 3 Next >>