作品一覧全59作品

6ページ中5ページ目
<< Back 1 2 3 4 5 6 Next >> 
  • みずうみのうみの船-ゆらゆら-(改稿前)
  •  織女星(リュラ)が北辰の祝福を受け、南辰の水先案内人(カノープス)が極の宙で微笑む航海の女神(ポールスター)となって久しい。  空に青い大気の層が厚くあり、大陸があったのは、もう大昔の話。それらの大陸はすべて海へと沈み、今はかつて天にそびえていたであろう山脈だったモノが、大海原に小さく散らばっているだけの、何も無い水の星。そのわずかに残るその大地でさえ、黒くすすけている。  人々はこの星で生きていくために、自らの叡智をそそぎ、巨大な硝子の玉を海に浮かべその中に暮らしていた。  少年と肺魚と機械人形は、まるで箱の船にも似た完全に管理された小さな世界で、日常を生きている。 改定版は「みずうみのうみの船-泡にたゆとう海の境(ウナサカ)へ-」の予定です。
  • 空想科学[SF] 完結済:全9部分

    小説情報

  • 近未来 SF(Strange fancy) よんよんよ~ん ノアの箱舟 ほのぼの アンドロイド 未来 宇宙へ ファンタジー 童話 アルビノ 環境 ネット小説大賞感想 ネット小説大賞五
  • 読了時間:約62分(30,588文字)
  • 中途半端な話★短編集★
  •  没ネタや未完成品、置き場。  中途半端で、もやもやするかも。
  • ノンジャンル[ノンジャンル] 完結済:全10部分

    小説情報

  • 1発ネタ/没ネタ ダーク 中途半端 黒歴史かも……
  • R15
  • 読了時間:約17分(8,247文字)
  • ヤミとカゲ
  •  少年の故郷が魔王に滅ばされてしまった。魔王は強力な力を持つという闇蜥蜴《やみとかげ》を蘇らせようとしている。少年は闇蜥蜴の復活を防ぐため、魔王よりも先に、4つの秘宝(ガラクタ)を集めると誓う。滅びた故郷に別れを告げ、秘宝を求めて旅立った。  ――そしてある遺跡に来た時、少年はスライムと出会い、なぜか二人で旅をすることになった。  なんと1話200字で書いているので、すらすら読めるって程度じゃない! さくっと?読めます。
  • ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全100部分

    小説情報

  • 冒険 闇と影 ジャスト200文字 脳内補完必須 名前の由来は恐竜 星球大賞
  • 読了時間:約40分(20,000文字)
  • キノコとようせい!
  •  妖精は旅に出た。森に住んでいた食べ物(魔物)をあらかた食べつくしてしまったのだ。だから食べ物を求めて、相棒である走鳥と共に旅立った。そこで、魔物を食う妖精は魔物を倒す勇者と出会う。  世界では魔物が増えていたのだ。勇者一行はその原因を探るため魔物たちと戦っていた。  「勇者についていけば食べ物に困らないかもしれない」と妖精は思い、彼らについていくことにした。  1話200字で書いているので、さくっと?読めます。
  • ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全100部分

    小説情報

  • 冒険 コメディー ほのぼの 冒険  童話 魔物 精霊 どたばた 世界最強の捕食者? 名前の由来はきのこ 脳内補完必須 妖精はいい加減 人間は振り回すもの ジャスト200文字 星球大賞
  • 読了時間:約40分(20,000文字)
  • 白堊の魚、侏羅の鳥。
  •  飛鳥の家には、他の人には見ることができない白狐のハクアがいる。  雨模様が続くある夏 、飛鳥の家にいとこの泳魚がやってくる。そのいとこもまた、ハクアの姿を見ることができた。  湿った空気の匂いが漂う夏の盆、夢と現の挟間にある話。
  • 童話[その他] 完結済:全16部分

    小説情報

  • 日常 ほのぼの 雨 夏休み 金魚 少年たち せつない ツタヤリンダ大賞B1
  • 読了時間:約68分(33,642文字)
  • 夕暮れな色は緑64
  •  名取 竜睦と狩雨 武は、大学の同級生であり、同じゼミの親友で、彼女いない同盟の一員である。彼らの属する理系学部にはありがちなことだが、致命的といえるほどに女子が少なかった。しかし、名取と狩雨の所属するゼミにはその数少ない女子ひとりがいる。彼女の名前は、風浦 りん。だがしかし、紅一点である彼女は変人だった。いや、むしろ人として何かがずれている天然さんであった。  彼らのバレンタインとホワイトデー。単なる大学生活を描いた一話完結型の短編です。
  • ヒューマンドラマ[文芸] 完結済:全2部分

    小説情報

  • 日常 どたばた ほのぼの コメディー 大学生 天然 名前の由来は元素。 微生物を愛でたい 微生物は世界を救う 微生物は食料問題解決 微生物は環境問題解決 バレンタイン ホワイトデー 片思い 恋愛
  • 読了時間:約10分(4,524文字)
  • そして、神はいなくなった
  •  わたしは、移り変わる天の極星を何度観測しただろう。
  • 空想科学[SF] 短編

    小説情報

  • 人工知能 文学 未来 SF(Strange fancy) 星球大賞
  • 読了時間:約4分(1,853文字)
  • テンプレのてんぷら
  •  いつも通りの朝のはずだったのに、目が覚めたらそこは異世界で。  魔物に襲われた所を助けられたり、精霊を仲間にしたり。  城下町で女の子助けたら、それがなんと姫様で、王様の所へ行くことに。  魔王退治を依頼され、仲間を増やし、困難?を乗り越えて、魔王を倒す話。  1話がなんと200字! すらすら読めるって程度じゃない!   ご都合主義・超展開は当たり前。だって、ご都合主義で超展開なんだもの!  100話で完結する・★は挿絵あり
  • ハイファンタジー[ファンタジー] 完結済:全100部分

    小説情報

  • 脳内補完必須 みんなに死亡フラグ でも実は生きていた ほのぼの 主人公最強 異世界召喚 コメディー ご都合主義 チート 獣人 魔王 前半だらだらゆるゆる 後半急展開 名前の由来は魚類 ジャスト200文字
  • 読了時間:約40分(20,000文字)
  • 冬は虫で夏は草。(随筆集)
  • ★短編エッセイ集★  冬虫夏草、冬は虫の姿、夏になると草になる。  虫と菌が織成す自然界の不思議。  そっと目や耳を向ければ、誰もが知っている世界。  そっと囁いた時、確かに、その言葉に答えるものがいる。  それは世界の声。  ……そんな、  世界に散りばめられた、不思議に満ちた、  身近なところの、なんてことない日々、そんな日常の、  ほんの些細な、不思議や疑問や浪漫やら、  日々考えていること、感じたことを、  拾い集めては、寄せ集め、脈絡なく綴っているだけなのかもしれない。  短編なので、題名で気になったんものだけ読んでも大丈夫!  時々、雑学うんちく語ってしまったり、見た夢の内容を書いたり、天然ボケ理論が炸裂する、そんなエッセイ?
  • エッセイ[その他] 完結済:全34部分

    小説情報

  • 天然ボケ理論 現実世界の中の異界 不思議雰囲気 好奇心 方言 思い出 童心 科学 非日常 ほのぼの 童話 大自然 小自然 雑学
  • 読了時間:約51分(25,037文字)
6ページ中5ページ目
<< Back 1 2 3 4 5 6 Next >>