作品一覧全43作品

5ページ中1ページ目
2 3 4 5 Next >> 
  • synからaratuguへ
  • 「ハーレム禁止の最強剣士!」のsynからaratuguへの思いを歌にしました。
  • 詩[その他] 短編

    小説情報

  • エルフ ダークエルフ ダーク・エルフ
  • 読了時間:約1分(200文字)
  • ハーレム禁止の最強剣士!
  • 少年剣士アラツグ・ブラッドファングは、修行を終えて人間社会に復帰してから一年と言うもの、ろくに職にも就かず、ブラブラと自堕落な日々を送っていた。それを心配した兄弟弟子のローランド・ブルーシールドは、ある日、アラツグを外へ連れ出す。朝飯を食べようと寄った食堂で、アラツグは運命の少女と出会う。スュンという名のダーク・エルフの娘だ。しかし気位の高いダーク・エルフの少女は、彼女を見つめるアラツグを失礼だといって、アラツグの感情を挫くのだった。 この小説は「カクヨム」にも青葉台旭として投稿しています。
  • ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全57部分

    小説情報

  • 異類婚姻譚 身分差 冒険 ラブコメ ツンデレ エルフ ダークエルフ エルフ娘 男主人公 群像劇 魔法 主人公最強 勇者
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約589分(294,323文字)
  • 「ハーレム禁止の最強剣士!」より。発掘された古文書。
  • 私の作品「ハーレム禁止の最強剣士!」と同じ世界で、「ハーレム禁止〜」の時代から三千年後に発見された古文書という設定です。 良かったら「ハーレム禁止の最強剣士!」と合わせて読んでみてください。
  • ハイファンタジー[ファンタジー] 短編

    小説情報

  • エルフ ダークエルフ ダーク・エルフ
  • 読了時間:約2分(829文字)
  • 放浪剣士ゾル・ギフィウスと仮面の妖魔
  •  大陸全土を支配し繁栄の絶頂にあった帝国が、海の果てから流れ込んだ〈霧〉により一夜のうちに滅ぼされて二十年。  大陸北西部に広がる大森林地帯のど真ん中、樹齢数千年を超える巨木の間を走る街道に一頭の粕毛馬があった。  その背中で手綱を握るは、全身灰色の長身の男。  灰色のマントを身にまとい、灰色の髪と青灰色の瞳を持つ男の名は……ゾル・ギフィウス。  身長は百九十センティ・メドール。  長い手足と筋骨隆々の体をマントの下に隠し、二十メドール先も見えない霧の中、ゆっくりと馬を進めていたゾルが、ふと馬を停め、フードを脱いで耳を澄ました。  遠く街道の石畳の上を爆走する車輪の音が微かな風にのって聞こえてくる。  濃霧で視界の狭まっているこの街道の上で、危険も顧みず馬車を走らせているのは、いったい何者か?  やがて、爆音とともに霧の中から現れた一台の馬車。  乗っているのは、幼き少女とその父親。  霧の大陸を舞台に正義の剣士が悪を切る! 痛快冒険活劇ここに開幕!  この小説には、残虐・残酷な描写が含まれます。ご注意ください。  この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません。  この小説は「カクヨム」にも青葉台旭として投稿しています。
  • ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全45部分

    小説情報

  • 冒険 シリアス 男主人公 勇者 主人公最強 魔法 剣士 最強主人公
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約261分(130,189文字)
  • 現代日本に転生したスュンとアラツグ(ハーレム禁止の最強剣士!+)
  • 「ハーレム禁止の最強剣士!」のアラツグとスュンが現代の日本に転生して、婚約者どうしだったらどうなるのか? というIFの物語を書きました。 しかし特別「ハーレム禁止の最強剣士!」を知らなくても単独の物語として楽しめます。アラツグは人間の男、スュンはダーク・エルフの女で魔法が使えて尻の形が史上最高です。それだけ知っていれば充分です。
  • ローファンタジー[ファンタジー] 完結済:全6部分

    小説情報

  • ハーレム禁止の 最強剣士! 外伝 尻 カンチョー ダーク・エルフ
  • R15
  • 読了時間:約32分(15,810文字)
  • 玄夢集
  • 少年は記憶を無くし、雨に濡れる道の上で目覚めた。 この小説は、連作短編集の形式になると思います。 いろいろな短編を一つの連載の中に集積して行って、結果として全体を覆う共通の世界観のようなものが浮かび上がって来れば良いなあ、と思っています。 カクヨムにも投稿しています。
  • ホラー[文芸] 連載:全13部分

    小説情報

  • ダーク 短編集 夢 ちょいエロ
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約84分(41,800文字)
5ページ中1ページ目
2 3 4 5 Next >>