作品一覧全8作品

  • ◆ボツ文たち
  • ボツになった物語たちです。(一部、物語以外を含む) 誰にも見られることなく埋もれる没書たちが、どんどん増えていきそうなため、だったら公開してしまおうと思い、ここへ置きます。 ※誤字脱字など多いこと了承してください。(ボツ文でも人に見せるなら手直ししなきゃ……と考えてしまうと、ここに載せる気力がなくなってしまうのです)
  • その他[その他] 連載:全57部分

    小説情報

  • 没書 ボツ 捨てられた物語 なくなった話 ありえた物語 本文と紙一重の存在 小説の表裏一体 小説の縁の下
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約528分(263,549文字)
  • 『ノロ』(仮題)
  • この物語の主人公は、楽な世界に生きたかった。そして、奇しくも望みどおり、不思議な世界に来たらしい。そこは、『異世界転生モノ』の小説でありがちな世界だった。 とはいえ、現代日本で数十年を生きた主人公は、現実的感覚が抜けきれず、例えば魔法らしい魔法を見ても、「素晴らしき手品」と、どうしても思ってしまう。 そういう主人公からの視線で描写される、非常にマイペースな、異世界さまよい物語。 ※これからの展開は作者自身も分からないため、打ち切りになる可能性もあります。 ここ数年、物語を書いて書き直し続けたあげくに執筆意欲が喪失する、ということを繰り返していました。なので今回は、先行き不明でも構わずに、手探りで書き進んでいこうと考えました。
  • ハイファンタジー[ファンタジー] 連載:全3部分

    小説情報

  • 手探り展開 硬質な文体
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約36分(17,845文字)
  • Code.NF00【テキスト群】
  • パソコンの長らく眠っていたのは、過去の私が書いたテキストデータだった。 これは、ある創作者が残した、いろいろなメモ書きです。 その中身は、現在の作者自身にも、判然とはしない。 書かれた年は2006~2007年あたりのようだ。
  • その他[その他] 完結済:全34部分

    小説情報

  • 過去の記憶 断片的 つぎはぎのテキスト 創作者のメモ 構想 思想 思索 制作 創作 ノート 設定
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約108分(53,543文字)
  • 狂人化現象
  •  人類が異常をきたした世界。  修学旅行のため、ある孤島へ赴いた。そこで化け物に殺される。  人間の愚かさ・未熟さに諦観する。  人は狂い出し、人は殺し合う。  ■ジャンル:長編ダーク・ライトノベル。戯曲小説。  物語の底に人間改善を据えた一作!  ※こちらでも掲載しております。http://faust.goemonburo.com/novel/madple/
  • パニック[SF] 完結済:全38部分

    小説情報

  • サスペンス スプラッタ サイコホラー ヒーロー 冒険 近未来 怪獣 バイオハザード 眠い 戯曲 人間改善 強い主人公 狂気 いじめ アクション
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約230分(114,690文字)
  • 異世界転生モノの流行は、未来への予見かもしれず。
  • このエッセイでは、異世界転生を実現する様子を説明していきます。 異世界転生モノの流行を知ったとき、私は未来の予見だと感じました。 異世界転生モノが、現実で本当に実現できるものだと、思っておられる方は、案外少ないような気がして、これをしたためました。
  • エッセイ[その他] 完結済:全3部分

    小説情報

  • 近未来 人工知能 電脳世界 異世界転生の実現 心のアップロード 人工世界 AI ナノロボット 体と心の分離 人はコピー人間 VR
  • 読了時間:約9分(4,305文字)
  • 自殺が脳裏に浮かぶ
  • 死にたいと考えてしまう一人の人間の心境を、吐くようにつづったものです。
  • エッセイ[その他] 短編

    小説情報

  • 日常 私小説 シリアス ダーク 現代 自殺願望 生きづらさ 安楽死 死ぬ権利
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約10分(4,937文字)
  • 自殺そして神への怒り
  •  勝手にこの世界に誕生させられ、苦しみ、いざ自殺しようものなら、責め立てる事への怒り。  幸という人間が、自殺し、神を叱り、そして転生するまでを綴った物語です。
  • ヒューマンドラマ[文芸] 完結済:全2部分

    小説情報

  • 日常 自殺願望 神への怒り 楽にしてほしい 生きる気力をなくした 土台から劣った人間
  • R15残酷な描写あり
  • 読了時間:約9分(4,192文字)
  • 夢幻
  •  意識朦朧とした日々の中には、幻影と現実は、境目の分からないものです。疲れ病んでしまった心には、非現実や非常識もまた、疑問を感じにくくなってしまう。  今もまた疲れ病む。その頃も滅入っていた。その様な時に書かれた、もの。
  • 純文学[文芸] 短編

    小説情報

  • 日常 幻影小説 抽象小説
  • 読了時間:約2分(691文字)