活動報告一覧全189作品

19ページ中1ページ目
2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> 

妖怪譚を第7話まで予約投稿

 たった今、「羽振村妖怪譚」の第7話「金霊(かねだま)」を執筆し終え、予約投稿いたしました。  これで、同作品は総文字数16万7000字ほどとなり、11月19日までは連日公開になります。  もともと、「狼は眠らない」を書いてはそのつど予約投//

2017年 11月03日 (金) 20時11分 |全部読むコメント(5)

「羽振村妖怪譚」の修正について

 「羽振村妖怪譚」第1話「天弧」後編の花見のシーンを修正しました。  まだ表現に充分得心がいったとはいえない状態ですので、追ってさらに修正する可能性があります。  この場面やこの作品にかぎらず、よりよい表現を求めて、すでに発表した原稿を修正//

2017年 10月28日 (土) 07時38分 |全部読む| コメント(0)

新作投稿(その2)

新作長編「狼は眠らない」の執筆分を予約投稿しました。 異世界の冒険者が別の異世界に転移して迷宮探索などをするお話です。 一話は一万五千字から二万字前後です。執筆できたところから投稿しているので、一回の掲載分は短めです。 全体でどのくらいの長//

2017年 10月16日 (月) 17時22分 |全部読むコメント(11)

新作投稿(その1)

新作長編「羽振村妖怪譚(はぶりむらようかいたん)」の第一話から第三話までを、予約投稿しました。 十月二十日投稿開始で、今回投稿分は毎日更新となります。 十八歳の青年を主人公とした妖怪ものの現代小説で、一つのお話が二万字前後です。 一話ごとに//

2017年 10月16日 (月) 17時11分 |全部読むコメント(4)

朝日新聞に書評が

 いや、兄からメールが来て気がついたのですが、朝日新聞朝刊4月2日号の12面に、『辺境の老騎士バルド・ローエン(1)』の書評が載ってますね。  「知恵蓄えた年配者の味わい深い旅」  書評を書かれたのは、ライターの山脇麻生氏。  いや、びっ//

2017年 04月02日 (日) 11時21分 |全部読むコメント(9)

昨日の自分に一言

  薔薇の木に 薔薇の花さく   なにごとの不思議なけれど          (北原白秋)  眠ることが死に似ているほどには、  起きることは誕生に似ていない。  目覚めた瞬間、私は、  昨日の私を、精神的にも肉体的にも環境的にも、  引//

2017年 03月10日 (金) 07時42分 |全部読むコメント(8)

あしたの自分に一言

がんばれ。

2017年 03月09日 (木) 20時47分 |全部読むコメント(4)

老騎士コミック単行本刊行!

 新刊.netで、老騎士コミック版単行本の刊行予定を発見しました。  3月17日発売だそうです。  ほむほむ。  税込み650円ですか。  何冊か買って布教することにします。

2017年 01月21日 (土) 21時56分 |全部読むコメント(11)

食エッセイ43 のどぐろ

 一月十三日、島之内一陽という割烹で祝杯を挙げた。  五人のメンバーで四年半かかってまとめた本が、無事その日納本となったのだ。  私はそれ以前に約十年間資料収集にあたったので、私自身にとっては、十五年分の努力の結晶である。  そこで、一陽を//

2017年 01月18日 (水) 17時05分 |全部読むコメント(7)

老騎士コミック単行本刊行?

 ヤングマガジンサード 2017年vol.1 の332ページなんですが。  老騎士コミック版第4話「魔女」の最後のページです。  下側に、こう書いてあります。 次号は単行本作業のためお休みします。第5話「盗賊」での再開をお待ちください。//

2016年 12月10日 (土) 11時56分 |全部読むコメント(6)

19ページ中1ページ目
2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >>