完結しました

2017年 09月08日 (金) 19:52

予定通り完結しました。

夏といえば、輝く太陽だったり、きらきら光る海だったり、大賑わいのお祭だったり、そういうイメージだと思います。でも私はそれよりも、ひぐらしの鳴く夕暮れの神社だったり、祭りが終わった後の屋台が片付けられつつある様だったり、夕立の降る庭だったり・・・そんなものが好きな人間です。
そういう、ちょっとずれた控えめな夏を色々書けて楽しかったです。

ちなみに、この話6年くらい前に書いたものをごっそり書き直したんですが、当初カヤリは男の子でも神様でもなくて、そのまんま火の玉みたいな姿をした精霊さんでした。
多分ハウルのカルシファーのイメージだったんだと思われますが・・・おどろおどろしいだけですね、何考えてたんだろうその頃の私。

コメントの書き込みはログインが必要です。