こんなファイルが発見されたのでアップ(続きはありません)

2012年 11月25日 (日) 13:01

 人生において、嫌いなものを好きになる瞬間というのは存在する。
 もっともよくある事例は食べものだ。
 子どもの頃に食べられなかったピーマンの甘みがわかるようになる。セロリや春菊の香味を楽しめるようになる。シイタケの……と、このあたりでやめておこう。問題は食べものではないのだから。

 初対面でダメだ。
 話してやっぱりダメだ。
 毎日のように顔突き合わせているけど、どうしようもなくダメだ。
 そんな人間をどうやったら好きになれるというのだろうか。好きになることがあるのだろうか。
 そんな僕の問いに、君は「あるんじゃない?」と軽い調子で答えた。
 何で質問したのはこちらなのに疑問符で返されるのかわからない。しかも考えないで返答したろう。
「へえ。ずいぶん人生経験が豊富なんですね」
 嫌みのつもりで言ってやったのに、まあねとまんざらでもなさそう笑う。
 確かに君は僕より年上だけど、人間的な成熟度ときたら、そこらの中学生にも負けてると思う。
 いくら繁華街から外れた閑な喫茶店の、さらに閑な時間帯のシフトだからって、化粧は濃い(ここはキャバクラじゃない)、客にタメ口(と下ネタ)、三組以上客が来たら注文を混乱する(絶望的な頭の悪さ)、その間違いを指摘すると逆切れ(自分の仕事をしろというセリフはそのままお返ししたい)、時間ができると携帯をいじってばかりでろくに掃除もしやしない(頼むから自分の仕事をしてくれ)。その他数え上げればきりがない。
「ああでもそういうのはさぁ」
 ってまだその話考えてたのか。さっき帰ったグループ客の洗い物を片付けなければならない僕の中では、それはもう過去の出来事になってるのだが。
「最初から好きだったのに、好きになっちゃいけないから『こいつ嫌いだ』とかって思ってるんじゃない? 嫌いな人間を好きになるっていうんじゃなくて、本当は好きだってことを『再発見』するだけなのよ」
 カウンターに腰かけて(それはやめろといつも言ってるのだが)無駄に得意げにこちらを向いた顔が赤いと思ったら、手にはビールの缶。その薬指にはケバい外見とは裏腹にシンプルな指輪。
 そうなのかもしれない、と僕は少しだけ思った。

コメント

ありがとうございます。
私に文才あるとか言ってくださるのはりきさんくらいですよ♪
自分の創作の根底は、やっぱりホラーだなと思ってます。
年が明けたら暇になるので、何本か書けたらいいですねえ……ネタぜんぜんないけどw
黒木露火  [ 2012/11/25 18:17 ]
ろかっちマジで文才あるんだからもっと作品書いてよ。怪談とか怪談とか怪談とか……(^_^)
りきてっくす  [ 2012/11/25 15:43 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。