姫勇者ラーニャの番外編はじめます。

2017年 03月30日 (木) 03:58

 こんばんは。松宮星です。

『きゅんきゅんハニー』の新章はまだ目途が立っておりません。すみません。お待ちくださっているみなさまにお詫び申し上げます。
 書いていて「あぁこれは違うなぁ」とわかるものの、直し方がわからずで、どスランプにはまってそろそろ一年です。この先に描きたい物語があるので、ここを乗り越えられれば、たぶん、おそらく、きっと……! 本当にすみません。

 で。

 こんな状況でたいへん申し訳ないのですが……
 ムーンライトノベルズで『白蛇さんといっしょ』の連載を始めます。

 舞台は異世界。
 ジャポネのキョウ(江戸時代の京都をイメージしていただければ幸いです!)。
 NL(男と女)なのにBL(男と男)になってしまう難儀な夫婦と、二人に魅入られた可哀想な神官たちの話。

『姫勇者ラーニャ』の番外編で、
 ムーンライトノベルズの『二人の十八番』にも出てきた白蛇一族がメインです。

 少し前にムーンライトノベルズで「大魔法使いと悪魔の話」という異種姦BLを発表したのですが、その流れで、書きたい書きたいと言って放置していた異種婚カップル(タカアキ&ミズハ)のことを思い出しまして。
 ラーニャの『異種婚は命がけ! ある愛の形!』(2011/12/05 00:26掲載)の後書きで書きたいと言ったのが最初……五年以上も放置してたんですね。『白蛇さんといっしょ』は私の『書く書く詐欺』の原点みたいなものです。お待ちくださった方……いらっしゃいますか? いらっしゃったら、お待たせして本当にすみませんでした。ようやく形にできそうです!

『姫勇者ラーニャ』をご存じの方もそうでない方も楽しめるように執筆しています。
 全四十話(予定)。現在二十話まで書きあがってます(シンはまだ産まれてませんが、この先に登場予定)。
 ミズハのやる事なす事が十八禁(エロ方面においても残酷方面においても)なので、ムーンライトノベルズで掲載いたします。
 四月一日から一話づつ毎日更新してゆく予定です。
 十八歳以上の方、ご覧いただけるとたいへん嬉しいです。

『白蛇さんといっしょ』は、『姫勇者ラーニャ』の頃よりは勉強して書いています。が、あいかわらずタカアキたちのしゃべり方が変です。
 京言葉+宮中言葉+関西弁をミックスした話し方を目指しているものの、エセ関西弁から抜け出せません。勉強すればするほど怪しい言語になってゆきます。
 一文を書くのに数時間かけて調べても、時代的、地域的、階級的に正しいかどうかがわからず……「うん。でも、まだ変だよね、この文章」なレベルです。
 怪しい言語は、さらっと読み流していただけると嬉しいですし。
『これはひどい!』とご指摘いただけるのも、とても有難いです。直せるところは直したいです!

コメント

 林来栖さま、コメントありがとうございます。

「書く書く詐欺」になってばかりで、本当にすみません。

「白蛇さんといっしょ」は、ラーニャの連載中からものすご~く書きたかったのですが、まずラーニャを完結させよう、それから二人の十八番がセレスがジライ十八番が~ と後回しにしてるうちに書くタイミングを無くしてここまできてしまいました。ラーニャの時にははっきりとは書かなかったのですが実は××××はタカアキに××ていたんだ~ をようやく形にできる嬉しさがあり、ラーニャのパロディーものを書いてるような気分もありwで楽しく執筆しています。

 エセ関西弁まみれの「白蛇さんといっしょ」、ムーンの方で連載開始いたしました。少しでもお楽しみいただければ幸いです。
松宮星  [ 2017/04/01 01:19 ]
『姫勇者ラーニャ』の方へ行かれますか!!
そちらも楽しみです〜
言葉遣いに関しては、私もヘンな京言葉(?)を書いてますので、文句は言いません、いえ、言えません。
とにもかくにも、松宮さんの物語、お待ちしております!!
林来栖  [ 2017/04/01 00:20 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。