ジュルチャガの死と永遠の旅

2016年 11月14日 (月) 18:51


 自分の作品に感想を書くというのも奇妙な行為ですが、「雲海」を読み直してみて、思い浮かんだことがあります。
 バルドの不帰の決意は、ジュルチャガのためのものだったけれど、それは結局バルドの存在を永遠にしたのだな、と。
 死病に取りつかれたジュルチャガが、「旅に出たい」と駄々をこね、ついにそれに同意したとき、バルドの頭のなかにあったのは、「ジュルチャガの心が少しでも安らぐようにしよう」ということだけであり、旅に出たあとのことなど深くは考えていなかったでしょう。
 そしてジュルチャガが死んだとき、バルドは、「旅は終わったなあ」と思ったのです。
 旅は終わったのですから、帰るべき場所に帰らねばなりません。すなわちフューザリオンにです。
 ところが、そのときカーズは首を横に振り、ジュルチャガの魂までもが、「やだなあ、旦那。旅に連れてってくれるって、約束したばっかじゃん」と、フューザリオンへの帰還を拒否します。
 その言葉を聞いてバルドは気づきます。
 「そういえば、そうじゃ。遺髪を届けて死んだことを知らせれば、ジュルチャガの旅はそこで終わる。知らせずに旅を続ければ、ジュルチャガも生きて一緒に旅をしておるのと同じことじゃ」
 だから、ジュルチャガを死なせないために、その存在を永遠のものにするために、バルドは帰ることのない旅を続ける決意をしたのでした。
 そこには、自分自身の権利や名誉を、幸せさえも、守ろうという気持ちはありません。バルドはあっさりと、自分の余命をジュルチャガにささげたのです。
 ところが、ジュルチャガの死を秘匿するための旅は、結局、バルド自身の死を隠す旅となったのです。
 いえ。バルドは死なない道を選んだのです。
 誰もバルドが死んだ場面をみていないのですから、バルドの死を語れる人はいません。つまりバルドは、死んでいないのです。
 人々はそう信じることができました。
 バルドは永遠の旅人になったのです。
 そこまで考えて、ふと思いました。

 ジュルチャガが旅に出たいとわがままを言い立てたのは、本当に自分のためだったのだろうか。

 皆さんは、どう思われますか。

コメント

何度も読み返しましたが、わがままというより、家族というか父親だと思っているバルドにたいする甘えみたいな

またジュルチャガの子供たちのためにジュルチャガ自身がそう選択したのではないかと
つまりまだ生きているよ、お母さんと俺の帰りを待っていてねと

子煩悩なジュルチャガならありそうかななどと

またバルドの最期を色々妄想してみたら、、、
『貴方は死なないわ。だって私たちが守るもの』と言いながらバルドに食べられようとする精霊たちと『早くアイドラ様のもとに』と言うバルドとの壮絶な戦いがwww
ごめんなさい妄想ですw


ねこまっしぐら  [ 2017/01/03 07:23 ]
そんな難しいことは分かりませんが、ジュルチャガは幸せだったに違いないと思います。
未だにジュルチャガの最期を思い出すと涙が滲みます。
そんなジュルチャガはバルドがバルドらしく生きてくれたらそれでいいと考えたのでは。
昔のようにみんなで野宿して、いつまでもどこまでも
暮伊豆  [ 2016/12/06 05:40 ]
作中、バルドが死を意識するシーンは何度か見られていました。ザリアを始め様々な人物が亡くなる場面では周りの人達に看取られる姿に嫉妬を覚えています。本物のパタラポザに願いを聞かれた際にはいよいよ《喜びと誇りに満ちた安らかな死を。》と願っており聞き届けられていました。
そういった形で安らかな死を望むバルドと、みんなの心の中で永遠に旅するバルドは私の中では一致しない気がします。

大きくは語られていないだけで、今まで出会ったいろんな人達に看取られていったんじゃないかと希望を込めて思っています。フューザリオンにはたくさんの喜び、誇りがあるでしょう。

しかし、ジュルチャガの死の際は、たくさんの人達が迎えにきていました。バルドはそこに安らかな死を見出ししているのかも、とも考えます。彼らもバルドの喜び、誇りです


ジュルチャガの我儘というよりも、ただただ父に対するような甘えのように感じます。結果として、バルドの死と一緒にジュルチャガの死を認識されてもきっとジュルチャガは喜ぶのではないでしょうか。


バルドの死が秘匿されていて欲しいのは、当人ではなく私達を含めた語り継いでいく人達なのではないでしょうか。
トロ  [ 2016/11/21 23:41 ]
わがままだったかも知れませんし、違うのかも知れませんが、彼らにとってはどちらでも良かったのではないかと思います。

それがこの話で書かれた旅の仲間ってものではないでしょうか。
語り継がれる存在になったのだって、結局は心の赴くままに真っ直ぐに生きたからだと思いますし。

……いや、読み返せばいつでもバルドたちの旅はここにあり、今や私や他の読者それぞれの心の中に向かって旅をしたり、滞在したり、また別の所へ向かったりしているのですから、そもそも旅は終わりっこない気もしますね。

私もこれから再び読み返して、彼らの訪問を歓待したいと思います。
木の芽時  [ 2016/11/20 23:27 ]
わがままと言えばそうなのだろうと思います。
バルドがバルドらしくあるのは旅路にあってこそ、とジュルチャガの心が欲していたのではないかと。
旅をして、心を通わせて、誰かを救って、歪んだものを真っ直ぐする。
きっと旅をしていないバルドは不自然に思えたのではないかと思うのです。
バルドの為とかそんな事でなく、その不自然さが我慢ならなかったのではないかと。
わがままと言えばそうなのだろうと思います。
だけど不自然なものを正当にした結果、バルド一行はずっと、旅をしている存在になったのではないでしょうか?
きっと魂は雲海の彼方に懐かしい人達の元へ行ったはず。
でも、やっぱり辺境の老騎士一行は今日も旅の空に。
shibuichi  [ 2016/11/18 17:44 ]
自分のイメージからの回答で、本文との照合を全くしていない内容で
申し訳ありませんが・・・

バルドやカーズだけでなく、異能の士であるジュルチャガも、ジャン王の血が強く出ている人だと思っています。
で、ジャン王は、恒星間飛行に加わるような旅好き遺伝子の持ち主なので、
その血を継いだ3人にも旅好き遺伝子が受け継がれており、それが、今までの旅で活性化されていましたので、ジュルチャガが言わずとも、ジュルチャガの死後、結局バルドとカーズは旅に出たと思います。
しかし、ジュルチャガは、おいらに遠慮すんなよ+おいらも旅に出たいという、自分のためでありつつ、バルド、カーズの気持ちも汲んで、家族をおいて最期の旅に出たいと言い立てたのかな、と思っています。
B・テリオス  [ 2016/11/17 13:36 ]
どっちでも ジュルチャガのわがままになる ではないのでしょうか?

バルドは 自分の名誉を大して拘ってませんし
ずっと一緒にしでも、バルドの伝説を作りにしても、
結局、ジュルチャガのエゴが故に のモノ

そして どっちにしても
多分バルドは そんなジュルチャガのわがままを 文句なしに許すのでしょう...な気がする
濡れ衣  [ 2016/11/17 12:07 ]
雲海を読みながら
DJ krush・新垣隆のノスタルジアを流してみたら
すごく浸れましたぇ。ヒーホー
ななまんえん  [ 2016/11/17 10:29 ]
序章が終わり、バルドがテルシア家に戻っても問題ない状態になってもバルドは旅を続けることを選びました。
それは旅を続けたいというものと他に、カルドス・コエンデラに対する牽制の意味も込めたものでしたが、そのときに
「わしがどこからか見ていると思う限り、奴も悪いことはできん」
「旅の空で死んだとしても、それを知らなければ奴はいつまでもわしの目を恐れるじゃろう」
とありました。
これは同じようにバルドがどこかで生き続けていると思う限りそれは希望になると思いましたが、それが終章で現実となったのを読んで非常に嬉しくなったのを思い出します。
後醍醐大悟  [ 2016/11/15 03:32 ]
行方不明者の捜索が何年も続けられるように、人は確信がない場合は希望を持ち続ける方が多い……それをジュルチャガは本能的に知っていたのかも知りませんし、単純に我儘なのかもしれない。

そこはやはり私達読者の解釈によるところがありますが、自分の病気がなくても旅に出たいと言い出したでしょう。

ちなみに私は我儘ではないと思っています。きっとカーズと話し合った結果だと考えています。
末吉  [ 2016/11/15 00:13 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。