オーバーロード10巻作者雑感

2016年 05月30日 (月) 12:46

 ……会社の昼休み時間に書き込むのはいけないのだろうか?

 さて、時折、まだ読んでない方がここに書き込まれているんですけど、基本的にここはネタバレを含んでいるので、先に読破を推奨しております。それを承知だというのであれば、まぁ、構わないんですが……。



















 色々とお待たせして申し訳なかったです。
 10巻はどうだったでしょう?
 お待たせしたに相応しい物がお届けできていればこれに勝る喜びはありません!

 それにしても不思議なことに最長となってしまいました。当初はさらっと流す形で100ページで終わるかなと思ってんですけどね……。それでドワーフが300ページ。
 その計算が狂ったのは、今後の布石として周辺国家の話をしっかり書こうと思ったせいなんですが。
 WEBのリザードマン編も実は50kぐらいという予定だったんですが、リザードマン側を主軸に置くことで非常に長くなったような感じです。
 まぁ、現在11巻の書き終っている所までで400ページを超えていますので、所詮計画でしかなかったようです。これから推敲&添削していくとはいえ、300ページは無理でしょうし……。

 そんなこんなで重い本です。
 手に優しい形で持っていただけると嬉しいです。


 1巻の布石はDVDの特典小説であらかた回収しましたし、10巻で2巻の布石はあらかた回収しました。
 しかし、2巻で布石を張っていた時(クレマンさんの剣とか)、本当にここまで来れるとは思っておりませんでした。
 ここまで来れたのも本を買ってくださっている皆さまのお陰です。本当にありがとうございます。

 そんなこんなで10巻を読んでくださったなら知っているとは思いますが、人気投票を行います。
 皆さんの好きなキャラを教えてくださいね。
 
 さて恒例の各キャラですが、多いので省略した形で紹介です。



※キャラクター

アインズ:
 我らが主人公。少し閃きが尋常じゃない感じでした。一応、2巻での冒険者組合へのイメージなどで下地になる部分はあったという設定ですが、どうなんでしょう。
 クレマンさんの武器にはフールーダが魔法を込めています。これですが、フールーダとはいえ、第三位階の魔法四撃では武王を倒せません。接触による負のダメージを完全に回復される前に、再生不能な属性ダメージによって体力がゼロになったことによる死です。ついでに能力値にダメージが入って追加HPが削られているとか色々とあるんですが……その辺は気にしないでもいいです。



帝国の面々:
 色々な人物がいますが、ここはやはりジルクニフでしょうか。
 もう少しすると、胃が痛くなくなります。悟った笑顔を浮かべるようになりますけど。
 基本的に彼は頭が良いです。では何故、あんな考えになっちゃうのかというと、先に(間違った)情報と考察があって、そこから組み立ててしまうから問題なんです。普通であれば組み立てる最中に変だと気付くところが、アインズの幸運なのか、更に加速してしまうわけですね。
 まぁ、そりゃ、あんな化け物が所詮単なる一般人だと見破る奴がいたら驚きですが。



法国の面々:
 ……ある巻のエピローグでアインズが「デミウルゴス、お前に全権を任せる。法国を滅ぼせ」と命じて、次の巻のプロローグでデミウルゴスから「法国を滅ぼしました」という報告があって終わり。
 その後は何もなかったように法国の話が出ない、みたいなことをしてみたいですね!
 えっと、法国は人類の守護者です。これに嘘偽りはないです。彼らのやっていることは本当に人類のためです。断言しますが、彼らほど(人間にとっての)正義の国はオーバーロードにはないです。そんな感じが今回の幕間から読み取ってもらえたら嬉しいです。
 今後も法国が幸せにやっていけると良いですね!



王国の面々:
 5&6巻以来の方々の出番でした。まぁ、布石というか下準備ですね。
 ラナーさんで驚かれた方は5巻辺りからそういう目で見ていくと、なんとなくわかってもらえると思います。
 あの人だけはナザリックを上手く使って自分の目的のために行動しています。ナザリックからすればお互いに利益があるし、笑顔で見守っている感じですけどね。
 オーバーロードでは上に立つ者であればそれなりに賢く、バカはいない。というのが一つの縛りとして存在します(あ、まだ出てない奴で一人糞馬鹿で死ねっていう奴がいますが、あれは例外です)。ただし、固定概念などがあったりしますので、認められない頭の固い人とかいます。
 ではあれはなんなの、と思う人もいると思いますが、あれは単純に馬鹿です。
 結局、予備の予備という事で何も教えてこなかったせいですね。彼はもう一回ぐらい出てくると思います。父親の名前をアルチェルにしようかと思ったけど、やめました。彼はきっと仔山羊さんに潰されているよ!



アウラ&マーレ:
 ぶっちゃけ、10巻で一番考えたのが「アウラはアインズに対して変態など言うのだろうか?」というところでした。
 NPCであれば言うはずがないと思ったのですが、ぶくぶく茶釜の心を一部でも受け継いでいるとなると弟の友人に対してなら、もしかすると言うんじゃないかと考えたためです。
 いまだにここは悩むところです。もしかするとアウラの黒歴史になってしまうかもしれませんね。
 マーレは可愛いとしか言う事が無いですね。もっとはっちゃけたいけど、この子はそんな変なことをする子じゃないですから!


 そんなわけで丸山は11巻の執筆に戻ります。
 今度の特装版にはぷれぷれが付いてきます。お値段が高くなっちゃいますが、その価値はきっとありますよ!!


 それでは今回はこれで。今日の会社帰りに丸山も秋葉原に10巻を買いにいきますよ!!
 ではでは!


 あ、そーいえば誤字は二つでしたね。
 鉄人と貝です。もしかするとワザとはまだあるかもしれないです。あるとしたらアインズがモノで語っている所にあったりするはずです。

コメント

10巻良かったです。
最近思うのはあれだけモモンの事を大好きなイビルアイちゃんに少しは
いい思いをさせて上げたいなと…。
次巻は早く上がるそうなので今から待ち遠しいです。
お体に気をつけてこれからも馬車馬のように必死で原稿を上げていってください!
おぎゃー。
豆腐メンタル  [ 2016/06/04 13:18 ]
いやー10巻最高に楽しかったです。
何といってもアインズ様の行動によっての周りの反応が楽しすぎます。
闘技場でアインズの名前が呼ばれた時とか完全にジルクニフにシンクロして「はあ?」ってなりました。その後でアインズが全然そんな気ないのに勝手に勘違いするんだろうなーと想像して笑いがこみ上げてきました。

ああー11巻が楽しみ過ぎます。そろそろナーベラルのポンコツぶりが恋しくなってきました!
mizuchi  [ 2016/06/04 11:55 ]
いやー10巻面白かったです。
私はアニメから入りここ数年で一番と言っていいほどハマってしまいまして、そのまま暇さえあれば書籍版を読み漁っておりました。笑
書籍を書店へ買いに行くまでの間に待ちきれずWEB版を読み始めたらどうにも話が食い違ってきて、あれ?なんでセバスがこんなに動いているの?アルベドは?と不思議に思っていたのですが、WEB版はまた別のストーリーが展開されていたのですね。
そのまま最新話まで読んでしまいそうです。笑

今回の人気投票も入れたいメンバーが多くて迷ってしまいますね。
どんなに削っても4票…いやアインズは1位だから3票
やはりここはアルベドかデミウルゴスか…
11巻の発売を楽しみにしています。

どうかどうか9月には…笑
いち  [ 2016/06/04 09:49 ]
今回の巻はアインズ様の「内心小市民ギャップ」がいっぱいでとても楽しかったですw
あと皇帝を監視してるのが実はただの参考だったのとか、なんでエイトエッジがちょくちょくザワめいてるのか思い当って笑ったりとかw
キノコ飼育委員  [ 2016/06/04 06:58 ]
あとがきまで読み終わって、15年18月で次巻発売が来年九月かぁ…こりゃぁほんまたまげたで…


と思ってたら
よく考えたら今は16年6月ですよ!

冬を楽しみに春が来て、もう梅雨がこようかというこの時期に発売とか本当に先月は嬉しかった。
そして次巻発売日が9月!来年じゃなくて!しかも今年の暮れに漫画特装版の告知も!


会社で仕事して家で仕事して、仕事しすぎじゃないです?
冬から春明けまで待たされてひょっとして丸山さん死んでるんじゃないかとか思っていたけど、今度は逆に心配です。仕事しすぎで死ぬんじゃないかって!

まぁともかく9月が楽しみなのです。Web版も楽しみですが当分休みでも私は一向に構わないですよ!我慢します!我慢し続けます!
さらばM  [ 2016/06/04 06:15 ]
非常に楽しく読ませていただきました

武王がかっこよすぎてアインズ様とのバトルは燃えました!

アウラの「変態」発言はかなり辛かった・・・
普段優しい母親が怒ったみたいな、胸が痛む感じです。

フィリップいい感じに腹が立つキャラで好きです
今後が楽しみです(あくどい意味でw)

11巻も順調なようで楽しみに待ってます。
もちろん特装版で
スモタロス  [ 2016/06/04 01:00 ]
フライング気味に2日ほどさ迷い歩き、3日目にしてようやくゲット!
法国が王国を侮っていたことに気付いたシーンが大好きですw
11巻も楽しみに待ってます!
ポセ  [ 2016/06/04 00:37 ]
15年18月に満を持して拝読しました。
鮮血帝の七転八倒がとっても印象深かったです。
1章のカラー絵のアインズ様と息子の絵も最高でした。

ところで、10巻はリザード巻に勝るとも劣らないドワーフ巻になると信じてたのに!!
ワルキューレ  [ 2016/06/03 21:36 ]
書店で手に取った重量にニヤリ
ワクワクしながら家に帰り
表紙と挿絵を見て期待を膨らませ
読書中に何度も笑いつつ感動し
読み終わって心地よい疲労感と喜びに感無量でした

登場人物の感情や表情がありありと想像できる作品、素晴らしい
特にフールーダが叫びをあげて狂乱しているさまや、ジルクニフが罵倒しながら髪をかきむしっているところなど目に浮かぶようで何度も読み返し笑わせてもらいました
フィースが館によじ登ってこようとしたところや守護者たちを膝に乗せるところなど、アインズ様愛されてるなー、とほっこりしました

そしてやはり一番は、アインズ様の行動で起こった事を守護者たちが知恵を絞った答え合わせで勘違いしていくことです。
至高の御方だとしての先入観から勘違いが起こると分かっていますが
アインズ様がNPC達を大事に思っている事と、それが報われるようにNPCから愛されているのはうれしいです
アインズ様が孤独でいた年月が幸せで少しでも癒える、そんな幸せを手につかんでほしいです
かわさき  [ 2016/06/03 18:24 ]
何回も感想を書いていますが、単純に面白い。読みやすいし、丁寧に書かれていると思います。
だけど、アルベドはいらないです。クレマンさんの復活を望みます!アルベド(ゴリラ)は本当にいらないです。何故人気なのか理解できない!
それにしても面白いな~オーバーロード。
ダレなく読める数少ない書籍です。
いやっ!マジで!  [ 2016/06/03 08:54 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。