『水環の査察官』第2章連載中&アンソロ参加のお知らせ

2017年 05月06日 (土) 20:35

こんばんは。
早速ですが、今週も予定通り更新してきました。
水と循環を巡るファンタジー「水環(すいかん)の査察官」第2章 渦巻く宿命の輪、更新中です!
前回の活動報告より週1回更新を着実にこなしています。6話分更新していますね。

~更新一覧~
2-5 囚われの魔女(1)
2―6 査察官の想いと覚悟(1)
2―7 査察官の想いと覚悟(2)
2―8 査察官の想いと覚悟(3)
2―9 査察官の想いと覚悟(4)
2―10 囚われの魔女(2)
2―11 密やかなる侵入(1)

ようやくアーシェル奪還作戦編突入です。
レナリアも前向きになってくれたので、割と動きやすくなりました。テウスも感情が見えてきたし、アーシェルも過去かいたら、暗い面も書けてきました。
話が進むと、いろいろな面が見えてくるので、書きやすくていいですよね!

引き続き週1回更新でいきます。連休中に書き溜めてはいますが、環境が変わって平日がほとんど書けない状態になっており、迂闊に更新スピードを上げられないのです……。
もう少し書きためて、また次のイベント用の原稿も目処がたったら、多少更新回数は増やすかもしれませんが、とりあえず夏まではこんな感じでいきます。よろしくお願いします。


遅くなりましたが、活動報告でもご挨拶を。
先日行われましたテキレボ5は無事に終わりました。スペースにお越しいただいた方、ありがとうございました!
読み切り本の方は程良く手に取られて嬉しかったです。個人的には魔宝樹の1巻をもう少し動かしたいという希望(笑) イベント参加を続ける目的の一つが、魔宝樹の頒布数を増やすということだったので。
まあ通販の方が動きやすいというのが実状ですので(1冊1冊が重いので……)、気になった方はサイトのオフラインページをご覧くださいませ。

次回のイベント参加は10月下旬に行われるテキレボ6を予定しています。
テキレボなら出続けたいという感じの人になっています(笑) 創作に対してのいい刺激を受けるので。
連載もイベントも無理せずに続けていきます。

 * * *

さて、最後にお知らせを。
以前からちょこちょこ呟いていますが、タチバナナツメ様主催の西洋ファンタジー短編小説アンソロジー『悠々閑々幻想録に参加します。
アンソロの参加者は私も含めて計11人、小説家になろうで活躍されている方たちです。

寄稿作は「廻る踊り子の想い」というタイトルの、青春ファンタジーです!
私の作風の特徴でもある、少女が頑張って奮闘する爽やか青春ストーリーをお送りしています。
他の人のタイトルやあらすじを見ていると、随分とファンタジー要素は低めです。中世という単語に引っ張られ過ぎて、そっちを描写に気を使っていたという言い訳をしておきます(汗) 普通な感じの小説も一つくらい混じっていてもいいでしょう~という感じにさせてください。

こちらの小説に関しての小話等は、頒布開始後にでもちょろっとブログで書きたいなと思っています。


なお頒布開始日は、5月14日(日)で開催される関西コミティア50です。
タチバナナツメ様のブース、廻る天球儀『L53』で頒布されます。
関西圏にいらっしゃる方で、コミティアに顔を出そうかな~と思っている方、よろしければブースにお越しいただき、お手に取って頂ければ嬉しいです。買うかどうかは置いておいて、きっと装丁も中身も素晴らしいものですから見て欲しいです!!

イベント後に通販も開始するようですので、当日いけない方で興味のある方はそちらも是非ご利用くださればと思います。
詳しくはタチバナナツメ様のサイトのCircleページをご覧ください。


今年の連休では、年度当初で沈みかけていた執筆量をそこそこ取り戻すことができました。といっても、超調子よく書けていた時の半分くらいですが……(調調子のいい時代が、異例過ぎるともいう)
環境が変わっても、少しでもいいので書くことが、小説を進められるポイントなのかもしれませんね。
連休明けても、のろのろとですが書き続けていきたいです。

コメントの書き込みはログインが必要です。