帰ってきたメエメエ。

2017年 08月13日 (日) 22:40

「羊飼いのセレネイド ~狼と狩人は闇夜に踊る~」は、第五夜に突入です。
本日『雨上がりのお散歩』を投稿しました。

前回の更新が6月13日だったので、ちょうど二ヶ月前。
いつもは毎週金曜日更新なのですが、二ヶ月以上のブランクを開けたくなかったので、早々に投稿させて頂きました。
ふう……間に合った……。

オープニングシーンでちらっと出した通り、本章ではエリアスのライバルが登場します。
彼に関しては「正ヒロインはエリーで決まり」「かっこいいエリーは夢だったんじゃないかと思えたきた」「もう本当に何とかしないとヤバイ」などと心配するお言葉を頂くほど、可愛い系が板についてきたのですが、今度こそ本領発揮です! ええ発揮しますとも。
最後までお付き合い下さると嬉しいです。



さて、前回の活報で「再会観覧車」にレビューを頂戴した旨をご報告しましたが、その直後にまた新しいレビューを頂きました。
書いて下さったのは、斉凛様とみかん様です。
レビューはこちらから!

お二人とも誠にありがとうございました。
だいぶ苦労して書き上げた作品でしたが、このように楽しんで頂けて私は幸せ者です。



それから先日、完結作品「微睡む流砂の遺産」にも素敵なレビューを頂きました。
書いて下さったのはAzurite様です。

「豪華なフルコースのような、大河ファンタジー」

シリーズを通してご紹介頂いて、大変ありがたく思います。
サイトに登録して初めて挑戦した長編シリーズであり、今思えば全力投球&フルスイングで書き上げた連作であったような気がします。
好きな設定をこれでもかとてんこ盛りにし、フルコースと言えば聞こえはいいのですが、味のバランスや濃淡はまったく無視……(笑)。あまりにつぎ込みすぎて、もう異世界モノのネタがなくなってしまったほどです。
それでもやはり私にとっては記念すべきシリーズ。
手をかけ過ぎた長子のような出来のボンボンですが、これを機会にお目通し下さる方がいれば嬉しいです。

Azurite様は、私など足元にも及ばぬほど骨太かつリアリティに溢れたハイファンタジーを書かれる作家さんです。
世界各地の民話や口承文学に精通していらして、その知識が作品のバックボーンにしっかりと活かされており、本当に無料で読んでいいのかしらと畏れ多い気持ちになるほど(笑)。
エキゾチックなファンタジーがお好きな方は、ぜひマイページを訪れてみて下さい!

コメント

>古都ノ葉 様

お盆のお勤めお疲れ様でした! こればかりはお付き合いですからね、頑張るしかありません。どうぞご自宅でゆっくりなさって下さいませ。
私も今週末に夫婦で帰省なのですが、夫を気疲れさせないように気をつけねば。

ここのところ続けてレビューを頂いてドキドキです。新作はもちろん、過去の完結作を新たに読んで下さる方がいるのは嬉しい。あまりに大河すぎてとっつきにくくないか、ちと心配ですが(笑)。
そしてエリーへのエールもありがとうございます! 筋トレの成果が活かせますように。
橘 塔子  [ 2017/08/15 23:11 ]
遅ればせながら失礼します。
(ただ今、義実家より帰還。返って来たよメエメエ ←泣いてる)

レビューおめでとうございます。どれも力が入っていますね。
再会観覧車 は新たな「感動系ホラー」を宣言しておられるようなレビューでとても素敵。
微睡む流砂の遺産の「豪華なフルコースのような、大河ファンタジー」はまさしく、といった感じですね。

そして最後になりましたが、エリー! 応援しているからねーーっ!
古都ノ葉  [ 2017/08/15 01:04 ]
>白い黒猫 様

それぞれ書き手さんおの個性に溢れる文章で、こちらが参考にしたいくらい。レビューも作品なのだなあと実感します。

エリー、すっかり楽しんでますよね(笑)。人型よりも身軽だし、お日様の下を散歩できるし、おやつ買ってもらえるし。ここで甘やかすとだたのほのぼの日常系になってしまうので、心を鬼にして事件に突入いたします!



>雪麻呂 様

スナイパー仕様の蜘蛛の糸。なにそれ怖い。
基本的に見え透いた罠なんですよ。でも読みなれた方ほど深読みして下さって、勝手に引っかかってくれるのかもしれない。いつも助かっています。

せめてダブルヒロインで抑えておきたかったのに、いつのまにかトリプルに(笑)! あー熾烈ですねー。筋トレシーンは、前回もらった犬ガムを何とか利用できないかと思い、書いてみました。狩りです、狩りの練習。猛禽類の動画、最近SNSでもよく見かけますから、SC公式アカウントで配信しようかしら。広告収入見込めるかしら。



>鵜狩 様

お盆に帰省だなんて上手こと言った! うっかりんは上手いこと言った!
語り手=絹の勤務時間の都合上、どうしてもマスコット姿のエリーとの接触が多くなるのがつらいところ。夜に対面させるとなると何か理由が必要ですからね~。もっとこう、深夜にプリン食べてるエリアスとか、鯛焼きレンチンしてるエリアスとか、お腹空かしてコンビニに走るエリアスとか書きたいんですけど……スマッシュ、決められますかね?

こちらのサイトのご縁は本当にありがたいです。既出の過去作をこれから読んで下さる方がいるということに、改めて思い至りました。描き慣れてなくて粗が多くて……なんて言い訳してたら駄目ですよね。読者にとっては新作も過去作も同じですから。載せたものは胸を張って見せる、心掛けたいです。
橘 塔子  [ 2017/08/14 22:13 ]
>TOM-F 様

ネットの片隅の自分の作品が人の目に留まるだけでも嬉しいのに、それをレビューをいう形で紹介してもらえるなんて考えたらすごいことですよね。もうすぐ「なろう」歴6年になるのですが、この夏改めてそんなふうに感じました。数年前に完結した作品も、これから読んでくれる方がいることを忘れないようにせねば。大河ファンタジー、この言葉テンション上がります(笑)。これからは自分で言っちゃおう。

だから正ヒロインちゃうって~(笑)。いきなりの暗転が事件の発端です。彼はマスコット枠からヒーロー枠にに出世できるでしょうか?



>タカノケイ 様

たぶん書いてる私が動物好きだからでしょうね~。つい筆が甘くなります。特にミミズク・フクロウは最近本物と触れ合ってきたので、だいぶ贔屓してしまいます。
日下のように一見とんがったキャラは、ちょっとイジると可愛くなってしまう。絹はどちらかというと天然なので意識していませんが、けっこう相性はよさげです。こういう二人だと、どっちから告白するのが自然なんだろう……最近マトモな恋愛を描いてないもんで、試行錯誤中です。



>石川 翠 様

一作品にこれほどレビューを頂いたのは初めてで、若干びびっております。同じ作品を読んでも、感じることや推したい部分は人それぞれなんだなあと、作者の方でも興味深いです。何度でも読み返して~(笑)。

ヒロインの座を巡って、絹とエリーのどつき合いです。とりあえず冷え症男子に生姜を勧めた女子力で、絹が一歩リード。エリーの巻き返しに期待です(そんな話?)
橘 塔子  [ 2017/08/14 21:47 ]
>斉凛 様

前回の返信と重複してしまいますが、この度は素敵なレビューをありがとうございました!
時間を置いて何件もレビューを頂戴しましたので、おかげさまで日間ジャンル別ランキングをふらふらできていたようです。レビューですごい褒められていたけれど、読んだ人がガッカリしたりして……(笑)。あの紹介文に負けないような作品を書かなくちゃなあと、身の引き締まる思いです。

出だしはお約束の煽り&日常パートでした。個別指導……たぶんガッツリ説教されますので、そんな楽しくないと思いますよ?(しかも残業代は対象外)



>つづれ しういち 様

二ヶ月ぶりの更新となりました。ここまでのあらすじ、覚えてくれてるかしら……ドキドキ。
エリー=メインヒロインは共通認識だったのですね(笑)。私の中でヒロインの概念が崩壊する~。ようやく強敵っぽいものも登場して、本来のちょい悪お兄さんに戻るはずです。戻るんだってば!
危なっかしいと思いますが、見守ってくれると嬉しいです。



>ロージア 様

お待たせしました。ようやく更新できました。
楽しみにしてたなんて嬉しいお言葉です……夏ホラー書いたり読んだりにかまけて、ついこちらから離れがちになっておりました。思考回路をシフトするにちょっと苦労しています。
エリーは、とりあえず人型に戻してやらないと話が進まないことに気づきました。夜になれ~。



>美汐 様

このような短期間に複数のレビューを頂いたのは初めてで、ちょっとびっくりしています。今年の幸運は全部使い果たしたかも。
やっぱり人間にイジられてるようじゃエリーは本領発揮できないと思うんですよ! 彼を追い詰めるくらい強くて魅力的なライバルが描ければよいのですが……気合い入れて頑張ります。
橘 塔子  [ 2017/08/14 21:28 ]
>にけ 様

レビューももちろんありがたいのですが、夏ホラーを出してから逆お気に入りユーザさんが増えました。公式企画は露出の効果ありですね。でもあんまりアホな活報書いてたら見捨てられそう……(笑)。
「微睡む~」のシリーズはとにかく書きたい気持ちだけで突っ走ったような作品群です。今読むと粗も目立ちますが、やはり自分にとっては愛おしい記念作品になりました!

エリー、かっこよく活躍させるためには必然的に夜のシーンが多くなり、16時で退社してしまう絹をどう絡ませるか悩んでいます。残業させるしかないか……?



>井川林檎 様

毎回読了ご報告ありがとうございます!
若い二人のほのぼのエピソードはいくらでも浮かぶんだけど、そこはグッとこらえてストーリーの進行に注力します。彼らがくっつくのかどうか、作者にもまだ分からないところが多いです。まあ同僚だし、友達以上恋人未満くらいにしておいた方が働きやすいかもしれませんね。



>Azurite 様

この度は素敵なレビューをありがとうございました! そんなこっそりなんておっしゃらず……堂々とおいで下さいませ(笑)。
今読むと詰め込みすぎで~などと言い訳がましい言葉を並べてしまいましたが、やはり私には記念すべき初長編で、心血を注いだ作品であり、心の一部を切り出して成形したような思い入れがあります。全編を通して受け止めて下さった上にレビューまで頂き、これほど嬉しいことはありません。
ご紹介に恥じないよう、今後とも頑張ります!

それにしてもご自身のサイトを開設なさってる作家さんって、ほぼ皆さん筆力がスゴイです。しかも「なろう」の評価ポイントが~とかブクマ数が~とかジタバタせずに、泰然と構えてらっしゃるのがカッコいい。見習いたいです……。
橘 塔子  [ 2017/08/14 21:12 ]
 おかえりメエメエ。ちゃんとお盆に帰ってくるだなんて、できた子だと思います。
 エリーはすっかりヒロインというかマスコットというかの座を確立しておりましたからね。きっと本章で真価を見せつけてくれるはず……とか言おうと思ったのですが、あの筋トレの様はなんだ。やっぱり可愛いペット枠じゃないか!
 けれど橘さんは読者の予想を巧みに躱して「ここしかない」って場所にスマッシュを決めるのがお得意なので、今後の展開を楽しみにする次第です。

 また、レビュー各種もおめでとうございます。
 新作の『再会観覧車』だけでなく、既に完結済みの『微睡む流砂の遺産』へもレビューが届くというのは、橘さんの作品全体のファンが多いという証左でもありましょう。
 まったくもって、うらやましいことであります。
鵜狩  [ 2017/08/14 20:50 ]
レビューおめでとうございます(´∀`*) 予想は付いても、当たるとは限らん…それが橘クオリティ。いや、むしろ読み慣れた人間を狙って殺してくる。スナイパー仕様な蜘蛛の糸のようだ…(褒め言葉)。
メエメエ再開、待ってました! ダブルヒロインがトリプルヒロインに!? 果たしてヒロインの座を懸けた対決の行く末は如何に! 筋トレしてるエリーたんに萌え萌えしてしまったからなぁ。私はやはりエリーに一票を…!
もう彼に芸を仕込んでツベに投稿するCSメンバーの様子しか思い浮かばんw
雪麻呂  [ 2017/08/14 17:51 ]
レビューの嵐おめでとうございます♪
皆さまの表権力にも感動する所ありますよね。

そして羊さんの再開嬉しいです。
しかしエリーさん動物状態意外と楽しんでいませんか? 
白い黒猫  [ 2017/08/14 17:32 ]
レビュー&連載再開おめでとうございます。
ふえええ、怒涛のレビュー。しかもどのレビューもそれぞれ違う語り口でうっとり。また読み返したくなりした。(そして、読み返しました笑)

すっかりメインヒロインとなっていたエリーですが、ここにきてしっかりヒロイン力の高さを見せつけてくるお絹ちゃん。素晴らしい。
石川 翠  [ 2017/08/14 16:28 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。