三作同時進行

2011年 10月25日 (火) 00:31

本来ならばちゃんと一本終わらせて、次の連載に集中すべきなんでしょう。
でも、そんなに器用ではないので、思いつくまま同時進行しています。

「笑道」も「ロKンロー」も「じゃあまたね」も、一応プロットでは完結の落としどころがあって、そこにたどり着くためにトータルのバランスを考えて、前半はあえて重いストーリー展開を狙って進めてますので、多分、気軽に楽しく読めるようなもんじゃあ無いんだろうなって自分でも感じてます。でもまぁ、これも自分なりの物語の進め方なんだと諦めてます(笑

尤も、完結したそれが読み手の方にとって面白いかどうかは別です。
でも、まずは自分が「面白い」と思える作品じゃなきゃダメだよなぁと思ってます。

コメント

須藤彦壱さま、初めまして! コメント有難うございます。
また、私の稚拙な作品におつきあい頂きまして重ねて御礼申し上げます♪

こうして同志の皆さんと繋がれる事が何よりの励みとなります!

同時進行しながらも、結構バランス崩して偏った更新になっております。
こればっかりはもうその時の自分の物語に対するモチベーション次第なんで、もはや諦めちゃってます(汗)
桶乃弥  [ 2011/10/30 23:18 ]
初めまして。南先生のところから辿ってまいりました須藤と申します。只今、「ロKンロー」から拝読させて戴いております。

>ちゃんと一本終わらせて、次の連載に集中すべき

そうなんですけど、出来ませんよね。(笑)

須藤彦壱  [ 2011/10/28 19:16 ]
こんばんは~♪
いやっ、共感して貰えるってやっぱ嬉しいものです~。
そうなんです、『我慢してね!』なんです(笑
だから余計に前半に力が入るんですよね~難しいものです。

伏線張るのは自分の中では繋がってて楽しいんですけど、読み手の方にとってはまだ見えない部分なわけであって……。
だから、携帯小説サイトでアップしてた頃も、完結していない作品をちょこちょこアップして行くのって結構抵抗あったんですけど、いつの間にかここでは「もう、いいや、いっちゃえやっちゃえ俺!」的にロKンローな勢いで書いてます(^^;

結構、「ロKンロー」はプロットはあっても、進めるうちに主人公が好き勝手にやってくれてるので、久々に乗って書いてます。
その都度キャラクターに「お前、待て待て、それはアカン」と大きな独り言で抑止することもあります(笑
桶乃弥  [ 2011/10/26 22:13 ]
再び、お邪魔します。(*^^*)

あー、すごく分かります、それ。

「前半つまんないけど、ここ書かないと後に続かないから、しかも意外に重要になるとこだから、みんな我慢して読んでね!」って書き始めはいつも念じております。(--;)

「ロKンロー」は、最初から主人公の軽い口調が読みやすく、ストーリーに入り易いです。
気軽に楽しく読んでますよ。
男性が書く一人称「俺」は勢いがあって、共感し易いです。

他の作品もゆっくり拝読させていただいてます。
更新、楽しみにしてます。(^^)/

南 晶  [ 2011/10/25 01:49 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。