ラルム・ドゥ・ソレイユ

2015年 01月13日 (火) 01:24

みんながみんな某眷属さんのような考え方ができるわけじゃないというお話。
某眷属さんよりも制限キツイですし、こういう終わり方もまた可能性の一つです。

この「事件」の犯人は某眷属さん、とか妄想すると中々に面白いかも。

コメントの書き込みはログインが必要です。