魔法な世界で愛されて、エピローグのあとがき

2016年 01月04日 (月) 16:48

明けましておめでとうございます。

皆様は、お年玉をあげたり貰ったりと和気藹々のお正月を御過ごしいたしましたでしょうか?
私は元旦から色々ありましてあとがきを兼ねた活動報告を上げることもできませんでした。書籍化作業も出来なかったので、現在内心であわあわと無駄に慌てております。

さて、魔法な世界で愛されてが完結したので、それについての色々をば。
オチのギャグを期待してる方は今回はスルーしてください。期待してる人いるのかすら……。と言うか、活動報告まで見てる方はどれほど居るのでせうか……。

え~、魔法な世界で愛されては、元々はプロット2週間、執筆一ヶ月で終わらせるはずでした。しかし実際は完結まで1年以上かかっております。ダメな子だな、私!

主人公のミリアリアのイメージは、学校のクラスで目立たないグループの中の3,4番目の女の子でした。主人公にあるまじき特技のなさ、頭脳明晰には程遠いけど鈍感ではなく、身体能力もよくはないけど悪くはないと言う、他の作品の場合、モブ一直線の感じですね。

レグルス王子はよく居るヒロインを溺愛する唯我独尊のオレ様王子。になるはずでしたが、正直この王子様が主役な気がしないでもありません。
優秀だけど子供っぽかったのが、師に出会い成長していき、命をかけてヒロインを守る。感想でも何故かミリアリアよりも王子様への応援が多かった気がします。読み返すと一番色々と成長して頼りがいのある少年になってましたから、当然なのかもしれません。


よし、そろそろ真面目成分が尽きてきた。
そんな感じで完結出来て良かった!
ぶっちゃけ、ミリアリアとレグルス王子が結ばれただけで、前途多難で絶対今後も波乱が待っているんでしょうけど!

それはさて置き。

書籍化について読者として思う事があります。
私の好きな作品が本で出る時、特典の小話とかついていたりします。それはそれで読者サービスでよい事です。

が!

Web上で応援した読者が居てこその書籍化じゃん。とか思う私が居たりします。ネットの読者にも何かあってもいいじゃん。と思ったりしてしまいます。
という事で、番外編か小話か、まったく決まっていませんがなろう上で読んでくれた読者の方々の為に、何かしら書こうと思います。蛇足にならなきゃ良いのですが。

と言った感じで今後も活動していきたいと思います。

途中から真面目成分がなくなって纏まりがない活動報告でした!
オチは今回はないです。
モチならお雑煮に入ってましたが!

それでは~(*^-^)ノ

コメント

ありがとうございます~。
特典についてですが、SSペーパーがついてくる店舗の詳しい情報はアイリス文庫のブログに書いてあるはずです。
内容については、言えないですが(;つд`)
きつねねこ  [ 2016/04/30 09:33 ]
書籍化おめでとうございます。
特典はミリアとレグルスの甘々が希望です。
ゆきの  [ 2016/04/25 23:51 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。