「親戚の小学生の年度末テストがおかしすぎる」終結

2014年 07月07日 (月) 00:03

終わった……終わった!
クオリティ的にいろいろ残念なところがあるけど、それは実力的にどうしようもない。
今はただ、全ててが終わったことについて神に感謝しよう。

以下、誰得な創作裏話。

■こんなものを作るに至った経緯
前作「親戚の小学生の算数の文章題がおかしい」はウケるなんて全然思ってなかったのですが、短編部門で一位を取るという大躍進でした。
元々一発ネタなので続きなんて作るつもりはなかったんですが、冗談でも「世界を救う日を楽しみにしている」とか「次は魔法少女出てくるよね」とか言われると……

これを乗り越えなければ次は無い……!!

みたいな気分になって、やっちゃいました。
というか、やることにしちゃいました。

■想定外の難易度
一応ネタ出しして書き始めようとしたんですが……

・ネタやら要素が増えすぎて収拾付かない
・テンポ悪い(ネタを単純に羅列すると読めないシロモノになる)
・前作の二番煎じと言われないための、ぶっ飛んだ内容を自分が自分に要求する
・前作が意図せずにウケちゃったので、変なプレッシャー(メンタル弱い)

というようなことで、なかなか形にならず。

■妥協の長編形式
もともと、前作の2~3倍程度の長さの短編形式でやろうとしたんですが、いろいろ厳しいところが見えてきました。

・そもそも文字数が多くなりそうなので、短編向きじゃない
・このネタの量を1ページに羅列すると苦行のような作品になる(まず作者が書きなおしている段階で力尽きます)
・短編では全部書き終わらないと投稿できないが、全部書き終わるのがいつになるかわからない。

ということで妥協して長編形式にしました。
だいたいの全体構想ができたところで、ようやく一話目から投稿し始めた形です。
しかも、完結までに想定以上の時間がかかり……個人的には結構苦しかったです。
もっと短期間でサクッと終わらせたかったのですが、ネタ多すぎた。

■ポイント
前作で出ていた要望を全て消化するべく、無茶しました。
というか、無茶しかしてません。(だから苦しかったんですが)

○前作への皆様へのお言葉
・たかし君に仲間がいない → ゆうき君・トテモアーク団
・たかし君の夢ってなんだ? → 宇宙飛行士ネタ
・宇宙へ旅立った彼はいったい何を感じ、何を成すのか → 師匠に導かれて地球を救いました
・世界を救う日を楽しみにしている → 地球を救いました
・他の教科のテストに出張しろ → むしろ他の教科がやってきました
・次は魔法少女とか出てくるよね → 出ますよ
・速度だけでなく、分数・体積・比例などの問題を入れた方がリアル → 体積問題
・オチが微妙 → がんばった。でもこれが限界
・努力 友情 勝利 → 修行パート・ゆうき君と一緒に戦う・ギガンティックに勝つ
・ゲーミフィケーション → むしろ遊び要素しかない
・問題が小学生レベルじゃない → 問題の難易度を落とした
・「ストーリーで惹き付ける」「登場人物設定」というのがテスト嫌いに有効ではないか? → やり過ぎた

○個人的にやりたかったこと
・PTA&先生総力参加
・テストから透けて見える、創作の裏事情(清水先生と南先生とか)
・やり過ぎな漢字羅列の名前出してみたかった。「超絶戦略級超超超広域決戦終結用二十七式縮退相転移砲」
・主人公が酒&バルサミコ酢で覚醒→テストに入るこむ無茶な流れ
→あえてやり過ぎ展開
・トテモアーク団登場
etc....

まぁ実際のところ、この文字数にこれだけ突っ込んでるのでそれぞれのネタを消化しきれて感があります。
でも、無茶して突っ込んだところだけは謎のやり切った感があります。

■結果
前作約5,400文字に対し約38,000文字と約七倍の長さに。
自分でもアホかと。
もっとコンパクトに収めたかったのですが、ネタが多すぎてこんなもんでした。
これでも相当ペースアップして進行速度を上げているんですけど……。
ネタを詰め込み過ぎたんだ……。

■最後に
メンタル弱いので、最初は感想を見ないで投稿していました。
大問3を投稿し終わったところで恐る恐る感想を見たのですが、思いの外、好意的な感想ばかりで大変勇気づけられました。
感想を書いてくれたみなさん、本当にありがとうございました。

まぁ、そんな方も最後の方のトンデモ展開に呆れたかとは思いますが(汗;

コメント

>キキさん
コメントありがとうございます。
楽しんでいただけると、苦労のかいがあります。
あぁ、報われる……!

>鳩布 銃師さん
そう言っていただけると救われます。
「二番煎じ」と言われないように、こんだけぶっ飛ばしたんですよ。
(「受けた作品の二番煎じ」と言われるより「飛ばし過ぎだろう」と言われる方が作者冥利につきますから)
ぶっ飛ばしすぎて、苦しみました。
言っておきますが、普段からこんなぶっ飛んでませんから(汗;
唯乃なない(未だ考え中)  [ 2014/07/07 21:22 ]
 いやいやいや、最後の最後まで素晴らしく面白かったっす! 前作の二番煎じどころか、前作のハイグレードアップバージョンだったっすよ!
 あんだけの量の読者たちの無茶ぶりに応えきるとか、作者さんはんぱねえっすよ!
鳩布 銃師  [ 2014/07/07 21:07 ]
完結おつかれさまでした。
楽しく拝読させていただきました。
キキ  [ 2014/07/07 12:17 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。