「そだ☆シス」ができるまで(4)

2016年 01月30日 (土) 17:36

※前回のお話はこちら。

●4.イラストレーターさんへの打診

Mie「ズコーッ!」<リアクション古っ

 イラストレーターさん候補のリストが届くたびに、イスから転げ落ちる日々。

 実感して分かりましたけど……イラストレーターさんを決めるのは、本当に大変です。
 当然ながらみなさんプロですから、お仕事のスケジュールがキッチリと決まっています
 1点もののお仕事だったらともかく、シリーズ物となるとそのたびに時間を取られることになるので、そうカンタンに決まりません。
 人気のある方だったらなおさら、半年以上先のお仕事でも受けつけていないという方も。
 更に、打診してもすぐにお返事をもらえるわけではありませんし、かといって複数の方に同時に声をかけるなんてコトも当然できませんから、かなり時間がかかります

 ……ということで、候補者さんリストをどんどん増やしながら、その他の打ち合わせです。
 作家って、けっこう他にやるべきことも多いんだなーと実感。 
 ちなみに雑談の中で「どうやって書籍化を打診する作品を探しているんですか?」と聞いてみたところ……最近は特に競争が早くて、かなり大変なようです。

ルナ「決まった後のために、キャラクターデザイン用の資料がほしいのです」
Mie「がってんですー」

 確かに、なろう版や書籍版の文章だけで想像してもらうよりも、専用の資料があった方が分かりやすいですもんねー。
 細かい設定を全部書いているとそれだけで書籍何冊分かになりそうなので、ひとまずはキャラデザに必要になりそうなビジュアル関係を中心に、さらーりと資料を作成。
 文化・風習・地理・気候・獣耳種族さんの身体構造なんかの資料も必要ですねー?

>※ご注意
>・成長するキャラが多いので、メインキャラでも時間が進むごとにデザインの見直しが必要です。
>・作中で重要な意味を持つ場合があるので、身体の一部の色は指定させていただきます。
>・作者(私)がフリーツールで作った、キャラのイメージ絵もあります。ご参考にー。

Mie「……」

 かなり、独特な資料になった気がする……。
 ま、いっかー。

Mie「それと、1巻の表紙についてなんですけどー」
ルナ「はいはい」

 更に、表紙(カバイーラスト)にまでリクエストを入れちゃいました
 本当にいいんでしょうか……。


(つづく)
 私に限らず、担当さんにもご質問などありましたらどうぞー。

コメント

 これだけを作品化というのは、どうなんでしょう……。>連載小説化
 でも後からでも参照しやすいように、この連載の終了後にURL一覧くらいは作ろうかと思っています。

>参考書をイメージした装丁
 ルナさんも「いいですね!」とおっしゃってました。
 そこまで刊行ができれば、本当に実現するかもしれません。

>wktkする書籍化報告
 ありがとうございます。w
 私もwktkですよー!


 ……それでは、ご質問への回答をー。


>挿し絵の指定でどの場面を描くのか
----↓ルナさんからのお返事コピー

挿絵の指定は基本的に全て編集者が決めます。
キャラの登場頻度やイラストを配置ページの間隔が偏っていないか、イラストが似た様な構図になってしまわないかなどを、総合的に判断して指定しております。
ただ、あらかじめ「このシーンはどうしても入れたい!」という強い要望があれば、なるべく反映する様にしています。

----↑ここまで


>脳内でイメージした声優さんのキャスティング
 あたしにはそういった難しいことはよく分かりませんので(ぉぃ)、ルナさんにお聞きしてみました。(笑)
 かなりガチでお答えくださいましたー♪

----↓お返事コピー(敬称略)

ジャス:茜屋日海夏
セーレ:田中あいみ
セフィ:茅野愛衣
ジェド:小西克幸
マール:種田梨沙
チャロ:久保ユリカ
アナ:伊藤静
Mie  [ 2016/02/09 17:36 ]
いっそのこと、『「そだ☆シス」ができるまで』を連載小説化しませんか?
zuisou  [ 2016/02/03 14:49 ]
表紙が、ジャス先生の初めての参考書をイメージした装丁になるなら、セーラさんのように複数冊買ってしまいそうですね。乳児編でやるのは無理でも、特装版かショップ特典で小冊子付きでヤってくれれば複数買いしますとも。

挿し絵の指定でどの場面を描くのかは、編集と絵師さんでまず選ぶのか、編集さん主導なのか、作者さんの希望が出せるものなのか?ケースバイケースが多いかと思いますが、そだ☆シスの事をお聞きしたいです。
詠月寂夜  [ 2016/01/31 13:19 ]
えっと…脳内でイメージした声優さんのキャスティングがあったら是非知りたいです(笑
Desperance  [ 2016/01/30 22:19 ]
すごい(小並感)
柊 菜緒  [ 2016/01/30 17:44 ]
最近は粗製濫造と言いたくなる書籍化もありますが、こんなにwktkする書籍化報告は初めてです。発売が待ちきれませんw
楠田 桃李  [ 2016/01/30 17:44 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。