短編「恋煩い」を投稿しました。

2014年 07月03日 (木) 22:20

 お久しぶりです。
 いつの間にか、すっかり夏ですね。

 さて、久しぶりに百合を書いたと思ったら、投稿感覚的にまたって感じ何ですね(苦笑)
 その前回の反動も合わせて、今回は随分砂糖マシマシな話になったかと思います。
 書きたかったシチュエーションを詰め込んだというのが、百合+看病シチュ+お口あーん+間接キス+好きって何+きっかけ+恋人と友人の差って何+キスで風邪うつる+逆看病+口移し+キスの味……という感じなので、もうどんな話か説明するまでもないですね(苦笑)
 実を言うと、この話も書きかけを形にしたもので、ワードの作成日を見ると1月6日と言うありさまでした。
 当初は悲恋のつもりで、言わなくても今のままの関係が続けばいいやーって事になっていたのですが、どう転んだのかわかりませんが、ものすごい甘い話になりました(苦笑) こういった変化が小説を書く楽しみの一つだと思います。
 まあ、そんな名残で「恋煩い」と言うタイトルになってます。途中で、「ファーストキスはアロエヨーグルト味」とか考えたのですが、案の定没となりました。
 自分が書いた「キスの味」という百合小説よりも、キスの味がしっくりくるような気もしますが、百合はキスに云々と常々言ってるので、思い入れみたいなもんでしょうね、多分。

 そんな話ですが、よかったら読んでやってください。

 それでは、また次回にでも。

コメントの書き込みはログインが必要です。