分類文学:サキ(二)

2013年 02月21日 (木) 11:31

前回の続き。
英国の作家サキ(Hector Hugh Munro、1870年12月18日~1916年11月14日)の既訳と未訳の分類

既訳の邦訳作品は下記の資料の目録に拠った(あくまでもデータとしての役割のみで、全作品に目を通せたわけではありません)。

【資料:翻訳書籍など】
〇朋文堂
 妹尾韶夫:訳『青春の氷河』(1942)
〇早川書房
 都築道夫、他:訳『幻想と怪奇:英米怪談集 第2巻』(1956)
〇新潮社
 中村能三:訳『サキ短編集』(1958)
〇東京創元社
 宇野利泰:訳『世界大ロマン全集38 怪奇小説傑作集II』(1958)
〇英宝社
 山田昌司・和田勇一:訳『丘の上の音楽・宿命の犬』(1958)
〇南雲堂
 神山正治:訳『対訳 サーキ/ベイツ』(1958)
〇創土社
 中村能三:訳『サキ選集』(1969)(創土社)
 ※新潮文庫の再編、増補版
〇サンリオSF文庫
 中西秀男:訳『ベスト・オブ・サキ』(1978)
 中西秀男:訳『ベスト・オブ・サキ II』(1982)
〇講談社
 田内初義:訳『サキ短編集』(1979)
〇岩波書店
 河田智雄:訳『サキ傑作集』(1981)
〇筑摩書房(ちくま文庫)
 中西秀男:訳『ベスト・オブ・サキ 1・2』(1988)
 ※サンリオSF文庫の再編版、四編増補
〇角川春樹事務所(ハルキ文庫)
 大津栄一郎:訳『サキ傑作選』(1999)
〇ソニー・デジタルエンタテイメント・サービス(全力書店、携帯配信の電子書籍)
 訳:tiger cub『超訳 サキの奇妙な話』(2010)
〇風濤社
 奈須麻里子、辻谷実貴子、他:訳『自分の同類を愛した男 英国モダニズム短編集』(2014)(風濤社-A)
 渡辺育子、辻谷実貴子、他:訳『世を騒がす嘘つき男 英国モダニズム短篇集2』(2014)(風濤社-B)
 井伊順彦、今村楯夫、他:訳『〈サキ・コレクション〉レジナルド』(2015)(風濤社-1)
 井伊順彦、今村楯夫、他:訳『〈サキ・コレクション〉四角い卵』(2015)(風濤社-2)
〇白水社(白水Uブックス)
 和爾桃子:訳『クローヴィス物語』(2015)(白水社-1)
 和爾桃子:訳『けだものと超けだもの』(2016)(白水社-2)
 和爾桃子:訳『平和の玩具』(2017)(白水社-3)
 和爾桃子:訳『四角い卵』(2017)(白水社-4)
※白水社『四角い卵』の収録作品に関しては、刊行前の情報を参考にしているため、実際の邦題とは異なるかもしれません(2017/12/3現在)。
〇理論社
 千葉茂樹:訳「サキ 森の少年」(2015)
〇彩流社
 花輪涼子:訳「サキの思い出 評伝と短編」(2017)


【短篇集:1914】

〇短編集『Beasts and Super-Beasts』(1914)
原題邦訳作品
The She-Wolf牝狼(英宝社
牝の狼(南雲堂
狼女(創土社
メス・オオカミ(サンリオSF
メス・オオカミ(ちくま文庫
嘘吐きハンプトン(全力書店
メスオオカミ(理論社
女人狼(白水社-2
Lauraローラ(創土社
ローラ(サンリオSF
ローラ(ちくま文庫
スグ倒れるアマンダ(全力書店
ローラ(白水社-2
The Boar-Pigいたずらっ子マチルダ大成功!(全力書店
大豚と私(白水社-2
The Brogue馬と花嫁(創土社
マレット家の馬(サンリオSF
マレット家の馬(ちくま文庫
花婿は冗談がお好き(全力書店
荒ぶる愛馬(白水社-2
The Hen牝鶏(講談社文庫
メンドリ(サンリオSF
メンドリ(ちくま文庫
何も知らない召使(全力書店
雌鶏(白水社-2
The Open Window開いた窓(早川書房
開いた窓(新潮文庫
開いた窓(南雲堂
開いた窓(創土社
あけたままの窓(サンリオSF
開かれた窓(講談社文庫
開いた窓(岩波文庫
あけたままの窓(ちくま文庫
開けたままの窓(ハルキ文庫
弱虫フラントン(全力書店
開いた窓(理論社
開けっぱなしの窓(白水社-2
The Treasure-Ship宝船(創土社
宝船(岩波文庫
沈没船伝奇(サンリオSF
沈没船伝奇(ちくま文庫
欲張りルルの悲劇(全力書店
沈没船の秘宝(白水社-2
The Cobweb蜘蛛の巣(岩波文庫
クモの巣(サンリオSF
クモの巣(ちくま文庫
かわいそうなエマ(全力書店
クモの巣(理論社
蜘蛛の巣(白水社-2
The Lull休養(新潮文庫
休養(創土社
ひと休み(サンリオSF
ひと休み(ちくま文庫
大変!この仔達の面倒を見てください!(全力書店
休養にどうぞ(白水社-2
The Unkindest Blow大打撃(南雲堂
最も冷酷な打撃(サンリオSF
最も冷酷な打撃(ちくま文庫
人の不幸は蜜の味!?(全力書店
冷徹無比の手(白水社-2
The Romancersロマンス売ります(サンリオSF
秋の公園(講談社文庫
ロマンス売ります(ちくま文庫
同業者同志は、気が合わない(全力書店
出たとこ勝負(白水社-2
The Schartz-Metterklume Methodシャルツ・メテルクルーメ式教授法(サンリオSF
シャルツ・メテルクルーメ式教授法(ちくま文庫
人違いにご用心!(全力書店
シャルツ-メッテルクルーメ方式(白水社-2
The Seventh Pullet七番目の若鶏(新潮文庫
七番目の若鶏(創土社
七番目の鶏(講談社文庫
七番目のニワトリ(サンリオSF
七番目のニワトリ(ちくま文庫
見栄っ張りブレンキンスロープ!(全力書店
七羽めの雌鶏(白水社-2
The Blind Spot盲点(新潮文庫
盲点(創土社
盲点(ちくま文庫
盲点(ハルキ文庫
犯人は誰だ!?(全力書店
盲点(白水社-2
Dusk宵闇(新潮文庫
宵闇(南雲堂
宵闇(創土社
宵やみ(サンリオSF
たそがれ(講談社文庫
宵闇(岩波文庫
宵やみ(ちくま文庫
夕闇(ハルキ文庫
警戒した紳士の失敗(全力書店
夕暮れ(理論社
黄昏(白水社-2
A Touch of Realismリアリズム(講談社文庫
リアリズム的傾向(サンリオSF
リアリズム的傾向(ちくま文庫
理想と現実(全力書店
迫真の演出(白水社-2
Cousin Teresaできのよい弟、悪い兄(全力書店
テリーザちゃん(白水社-2
The Yarkand Mannerヤーカンド方式(サンリオSF
ヤーカンド方式(ちくま文庫
マナー違反(全力書店
ヤルカンド方式(白水社-2
The Byzantine Omeletteビザンチン風オムレツ(新潮文庫
ビザンチン風オムレツ(創土社
ビザンチン風オムレツ(サンリオSF
ビザンチン風オムレツ(講談社文庫
ビザンチン風オムレツ(ちくま文庫
スト決行!(全力書店
ビザンチン風オムレツ(白水社-2
The Feast of Nemesisネメシスの祝祭(サンリオSF
ネメシスの祝祭(ちくま文庫
復讐の日(ハルキ文庫
復讐するならこの日!(全力書店
復讐(ネメシス)記念日(白水社-2
The Dreamer夢みる人(ちくま文庫
夢みる人(白水社-2
The Quince Treeマルメロの木(新潮文庫
マルメロの木(創土社
マルメロの木(サンリオSF
マルメロの木(ちくま文庫
マルメロの木(白水社-2
The Forbidden Buzzards禁じられたハゲタカ(サンリオSF
禁じられたハゲタカ(ちくま文庫
禁断の鳥(白水社-2
The Stake賭け(ハルキ文庫
賭け(白水社-2
Clovis on Parental Responsibilitiesクローヴィス、親の責任を論ず(サンリオSF
クローヴィス、親の責任を論ず(ちくま文庫
クローヴィス、親の責任を論ずる(ハルキ文庫
クローヴィスの教育論(白水社-2
A Holiday Task休日の仕事(サンリオSF
休日の仕事(講談社文庫
休日の仕事(ちくま文庫
休日の仕事(白水社-2
The Stalled Ox肥った牡牛(新潮文庫
肥った牡牛(創土社
太らせた牡ウシ(サンリオSF
太らせた牡ウシ(ちくま文庫
雄牛の家(白水社-2
The Story-Teller話上手(新潮文庫
話上手(南雲堂
話上手(創土社
話し上手(講談社文庫
話上手(岩波文庫
話し上手な男(ちくま文庫
お話の名人(ハルキ文庫
話上手(理論社
お話上手(白水社-2
A Defensive Diamond覇者のまもり(サンリオSF
覇者のまもり(ちくま文庫
鉄壁の煙幕(白水社-2
The Elkおおしか(英宝社
オオシカ(サンリオSF
オオシカ(ちくま文庫
ヘラジカ(白水社-2
"Down Pens"ペンのストライキ(サンリオSF
ペンのストライキ(ちくま文庫
「はい、ペンを置いて」(白水社-2
The Name-Day聖名祝いの日(英宝社
神護(創土社)
聖マリエさまの日(サンリオSF
聖マリエさまの日(ちくま文庫
守護聖人日(白水社-2
The Lumber Room物置部屋(英宝社
物置小屋(創土社
納戸部屋(サンリオSF
物置小屋(講談社文庫
物置部屋(岩波文庫
納戸部屋(ちくま文庫
がらくた部屋(ハルキ文庫
物置部屋(理論社
納戸部屋(白水社-2
Fur毛皮(サンリオSF
毛皮(岩波文庫
毛皮(ちくま文庫
毛皮(白水社-2
The Philanthropist and the Happy Cat博愛家と幸福な猫(英宝社
おせっかいと仕合わせな猫(岩波文庫
博愛家と仕合わせなネコ(サンリオSF
博愛家と仕合わせなネコ(ちくま文庫
慈善志願者と満足した猫(白水社-2
On Approval親米家(新潮文庫
親米家(創土社
お気に召したらお買い上げを(サンリオSF
お気に召したらお買い上げを(ちくま文庫
お買い上げは自己責任で(白水社-2



分類文学:サキ(三)に続く

コメント

短編集「The Toy of Peace」に収載の「The Mappined Life」の邦題が「和解の供物」となっていますが、正しくは「人間動物園」です。
折を見て修正しようと考えています。
着地した鶏  [ 2017/03/09 17:48 ]
2016/9/11更新
ゲルン様から、創土社「サキ選集」に収載されている「神護」の原著について情報提供を頂きましたので、追記更新いたしました(「Beasts and Super-Beasts」収載の「The Named-day」)。
ゲルン様にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
着地した鶏  [ 2016/09/10 21:46 ]
2016/8/28
1942年刊行の「青春と氷河」
1969年刊行の「サキ選集」
2014年刊行の「英国モダニズム短篇集2」
2016年刊行の「けだものと超けだもの」
および些末な脚注を追加しました。
着地した鶏  [ 2016/08/28 00:47 ]
2015/12/30
2015年刊行の「四角い卵」と「サキ 森の少年」を追記更新しました。
着地した鶏  [ 2015/12/30 02:41 ]
午雲さん、コメントありがとうございます。

「超訳」という言葉も捉え方で良し悪しがあると思いますが、訳文の雰囲気というものも「どういった場で発表するか」によって変化するものだろうと思います。単行本、雑誌、電子書籍、携帯小説、有料、無料……と色々な発表の場があるわけですが、もちろんそれぞれの場で読者層が異なるわけですから、そこの読者層に好まれる文体や表現方法で書かねばなりません。
だからこそ色々な媒体で色々な翻訳者が色々な作品を訳す方が、読者も選択の幅が広がりますし、色々と便利な気もするのですが、それが現実になるのはなかなかに難しいのでしょうね(本を刷るにも金が掛かる、プロアマ問わず只働きしたい翻訳者は居ない……)。
着地した鶏  [ 2013/02/21 22:39 ]
超訳よりも時代の雰囲気を残す訳し方の方が好きです。
(・・いかにも二十世紀みたいな感じの・・・)
しかし作者の没後百年というのは、改めて遠い時空に思われます。
1916年といえば、大正五年頃の事ですか(うーむ)?
退会済  [ 2013/02/21 17:31 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。