【魔法少女の狭き門SS】「はかなしのディグダグ」投稿予定

2017年 07月18日 (火) 02:30

 女子校潜入×魔法少女の番外編。「魔法少女の狭き門SS」の更新予告になります。7/18に「はかなしのディグダグ」を更新する予定です。

 気分転換にSSでも書くか……と思ってから早二ヶ月が経過。気分転換になるどころか、書き慣れた主人公を書くよりよっぽど苦行でした。ちくしょう、もうSSなんて書かない……と言いつつ、また期間が空いたら書くんでしょうね。この感覚はラーメン●郎を食べて後悔したのにまた行ってしまう感覚に似ています。二●感覚!
 とりあえずラーメン二郎は当分ノーセンキューなので、次回は本編を更新する予定です。でも、たまに無性にたべたくなるんだよなあ、二郎。

------以下、どうでも良い駄文-------

 メアリと魔女の花、見てきました(微ネタバレ注意)。
 ざっと説明すると……。
 
 魔法の花の効果でワンナイト魔女となったドジっ子少女メアリちゃん(スパッツ着用)。暴走する箒に乗せられたメアリちゃんは、雲海にそびえ立つ施設にアライバル。そこはなんと魔法世界の最高学府“エンドア大学”だった。大変、私が魔女じゃないってバレたら、変身魔法でクリーチャーにされちゃう!
 
 メアリちゃん(スパッツ着用を喜ぶか否かそれが問題だ)が生き残る道は、ただひとつ。魔女のフリをして魔法大学を脱出することだった!
 
 さあ、どうなるんだい!? というのが、大ざっぱな序盤の物語です。個人的には(勝手に)親近感を覚える内容でした。
 
 子供も大人も楽しめる映画だと思いますが、どちらかといえば小さな子供の方が楽しめる内容だったと思います。
 みんなどう感じたのか気になる映画だったので色々と感想巡りもしたのですが、一番心に残った感想は「スパッツフェチにはたまらない映画だと思う」でした。

コメントの書き込みはログインが必要です。