新作の構想と言うか、今後の展望。

2017年 11月18日 (土) 20:33

如月の作風って、シリアスに鬱展開突っ込んで舞台から作っていますが、少し前までは、
「文章硬いなあ……大丈夫か、これ」
と思っていたんですよ。
一次選考通過しましたし、ひとつ自信になりました。

今後もシリアスマシマシ、鬱多めで頑張ろうと思います(*`・ω・)ゞ
……なんだろう、このトッピング頼んでるみたいな文面。


そして、今模索しているのは現代ものです。
舞台は海外想定。今のところアメリカを、と考えています。
……で、海外ものなんですが、主人公はアサシンです。
──アサシンです。

はい、またしても暗殺者を描くことになりますね(笑)!
私の趣味で、銃器を描いてみたいのです!
それと、リアルに黒い描写を入れたいと考えています。ぶっちゃけ、異端も黒いですが──アレはまだまだマイルドな方です(真顔)
見せしめは昔からですが、今ではカルテルとかマフィア連中の常套手段です。正直言って小物臭します(笑)

どうせならスマートに処理しろよと(笑)
ナイフなど、近接武器も登場させるつもりですので、投下した際には宜しくお願いします!
当面は異端と並行で資料作成ですね。とりあえず、先に最新話を投下してから、というのを予定しています。

それと、先に言っておくと如月はシリアルキラーでも、サイコパスでもありません。
小説と本と惰眠、そして武器をこよなく愛する、ただのインドア派青年です(笑)←但し、職場は現場仕事。
グロ描写が下手すると異端を越えそうですし、“処理”のしかたに少し触れるかと思います。あ、勿論何とは言いませんよ、ええ(震え声)。
……グロ描写でR18指定とか、ないですよね? 多分。

戦闘と同じく、グロにも力入りそうなので、これでもかと注意しておきます(震え声)
これも、小説の説明文にも載せるつもりですので(笑)

追伸
恐らく国家の問題とか、壮大なスケールの話は絡みませんので悪しからず。

コメント

>>呑竜さん
ガン=カタの銃は、もう銃器ではないですよね(笑)?
銃を接近戦に使って、バレルが曲がりそうなので如月は忌避しますね(;^ω^)
せいぜい銃床で撲殺したりするくらいですよ(笑)!

ハートショットかヘッドショット安定ですとも!
マーシャルアーツでも出そうかとは思いますね、後はパルクールとかそんな感じのを(笑)
如月 恭二  [ 2017/11/20 00:20 ]
おおおおお!?
ガン=カタですね!? ガン=カタをやるんですね!?
さすが如月さん、戦闘狂のふたつ名は伊達じゃないぜ!
現行作ともども、めっちゃ期待してますよ!

と、煽る煽る|ω・)
呑竜  [ 2017/11/18 21:12 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。