今年度の一冊。

2017年 04月22日 (土) 00:47

四月に入ったばかりですが。

私、今年の一冊に出会いました。

この感動をどこに伝えれば良いのか。

船乗りのヨメ2

にて、投稿いたしました。

伝説の一冊に会えた感激。

お腹の痛くなる漢字ドリル、皆さんも是非どうぞ。

コメント

山元周波数さん

お久しぶりです。
頑張ってらっしゃるんですね。
文学作品じゃなくてすみません。
奇抜な例文すぎて、確かに非日常感満載です。(笑)
読んで楽しめるのはいいのですが、書かないと意味が無いと思うんですよね。
息子はまだ一文字も取り組んでおりませぬ。
青瓢箪  [ 2017/04/25 16:46 ]
活動報告のタイトルから、どんな文学作品をお読みになられたのかな……と思って開いてみたら、どひゃー!! そんなドリル、あるんですか。
自分は今教育学部の教員養成課程というところで勉強しているので、やっぱり気になりますねえ。
漢字って例文見て使い方覚えるものなので、あんまり普段使わないような奇抜な例文も考えものですが……。
でも、漢字が嫌いでもう覚えたくないって子には有効ですよね。好きこそ物の上手なれ、です!!
山元周波数  [ 2017/04/24 19:11 ]
パン×クロックスさん

是非、ビールのおつまみに!(笑)
青瓢箪  [ 2017/04/24 12:23 ]
橘 塔子さん

小学生は(特に男子)好きですよね。
なんと、計算ドリルもあるのですか?
早速調べてみます!
青瓢箪  [ 2017/04/24 12:23 ]
にけさん

ええ、是非息子さんに!
読ませるだけではなく、書かせることにかかっておりますね!(笑)
青瓢箪  [ 2017/04/24 12:21 ]
エイシさん

エッセイを読んでくださってありがとうございます。
実物を読んだらもっと面白いですよ。(笑)

本当に、私も感心です。この発想に。
青瓢箪  [ 2017/04/24 12:20 ]
つづれしういちさん

面白いんです。
しかし記憶に残るのは漢字というより例文そのものだろうな、
という感が否めないです(笑)
息子はすでにお気に入りの例文を暗唱。
青瓢箪  [ 2017/04/24 12:18 ]
小鳩子鈴さん

ぜひ購入を!
しかし、こちらは実際に取り組むかどうかにかかっております。
息子は読破しましたが、一文字もまだ書いておりませぬ。
青瓢箪  [ 2017/04/24 12:17 ]
ロージアさん

うーん、やっぱり弟さんやお嫁さんに怒られちゃいますかね?

メンインブラックネタは私が一番だと思った例文です。
コレ、結構大人向けだと思われる例文がかなり多いです。(笑)
青瓢箪  [ 2017/04/24 12:15 ]
進士夜紳士さん

調べてみたのですが、作者(例文を作った方)はかなりの
う○このスペシャリストのようですね。
こちらの会社では今や日常的にう○こという単語が
会話で飛び交っているのだそうです。(笑)

小学生時代はう○こに興味津々だったことを思い出してこの
ドリルの企画を思いついたそうです。
発想の勝利!
青瓢箪  [ 2017/04/24 12:14 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。