安定志向の山田さんによる異世界転生(第二章について)

2017年 09月05日 (火) 05:19

言葉も通じない異世界の村での話は、かなり苦労しました。
最初、話が進まない進まない。
なにせ、キャラ同士の会話が成り立たないわけですから。
これから、言葉の通じない世界での生活を書こうと思ってらっしゃる方、あまりお勧めできませんよ(笑)
ヒロインが翻訳と解読と暗記という特殊能力をもっていなければ、どうなっていたことか。冷や汗ものでした。
今回は魔物も出ませんし、村には小悪党しかいません。
もっと強力な敵を出すべきだったかもしれません。
ですが、地味ながらもいくつかのエピソードを書くことができました。
村での生活と商売、他の異世界転生者との対決、薬の購入、勇者の宝探しという四部構成だったのですが、いかがだったでしょうか。
みなさまのあたたかい応援のおかげで、書ききることができました。
ありがとうございました。

コメント

村編おつかれさまでした!最高です!!

オークの森の、ほかの部族が気になるところですね。村側の部族が消えて、村方向の壁なくなったことですし……

まぁ、オークの森がオークの消費量を超えなきゃわざわざこないかな?ww


続きも楽しみに待ってます!
pomu  [ 2017/09/05 22:42 ]
特に薬の話が面白かったです。火花が散っていなくったって(散ったけど)知恵を絞って問題解決するお話だって地味な感じはしませんでした。
村人が好きな人物ばかりってことはないですけど、カロン村がいかにもな村っぽくて良かったです。
den  [ 2017/09/05 16:58 ]
二章ありがとうございました
多賀ワ  [ 2017/09/05 16:03 ]
すぐそばにある恐ろしいオークの森、村にある剣には意味があったんですね。
トゥーリ、タチアナとの別れにはジーンとしました。この二人の家族のためにも村は今後もうまく存続してほしいです。山田さんたちのポルカの町での生活が楽しみです。
甲斐翔子  [ 2017/09/05 08:20 ]
鮮烈な派手さはなくともとても面白い作品をこれまでも紡いできていらっしゃるので
何ら不安なく楽しく読ませて頂けました。安定安心の加茂印。
第二章完結お疲れ様です。年単位で気長に第三章をお待ちしております。
鳩屋山  [ 2017/09/05 07:28 ]
面白かったです!!
ユニエの森以来ずっと好きで読んでいましたが、山田さんが一番好きかも。カミ子の登場はすごくびっくりしましたが、すんなり馴染んで、また引っ込んで(笑)。ラストのカロン村の昔とこれからも少し皮肉が効いていて、ある意味読んですっきりする終わりでした。よくできてる。
街での暮らしも読みたいなぁ。続きを書いてくれると嬉しいのですが。気長に待ちますので気が向いたら楽しみながら更新してもらえると嬉しいです。
ともかく、カロン村の章、完結お疲れ様でしたー
いま  [ 2017/09/05 07:09 ]
面白かったです。
派手な戦闘も好きですが、生活の基盤を作る内政回も好物なので満足させてもらいました。次章も楽しみにしています。
とる  [ 2017/09/05 07:02 ]
次章が楽しみです。
とどごりらぶんぶん  [ 2017/09/05 06:31 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。