年末のご挨拶

2017年 12月30日 (土) 04:34

深夜にひっそりと失礼いたします。
2017年最後の活動報告として、年末のご挨拶をさせていただきたく思います。

まずは本年も自分の作品におつきあいくださり、心より感謝しております。
人の目に触れなければ、作品を書き続ける意欲を維持することも難しいと思います。自分が今年もこれだけ作品を書き進めることができたのは、お読みくださる皆さまのおかげでございます。重ねて御礼を申し述べさせていただきます。

料理道は今年の8月に掲載開始から丸3年が過ぎて、4年目に突入いたしました。
いちおう月イチで作品のデータをメモしているのですが、この1年でおよそ120万字を更新したようです。月に10万字というペースを自己目標にしておりましたので、ぴったりクリアできたようですね。

総文字数は、気づけば500万字です。
書籍一冊がおよそ15万字という計算でも、33巻分の文字数となりますね。
今年になってからも新規で読み始めたというありがたいお言葉をいくつもいただいているのですが、そういう方々は一気にそれだけの分量を読破しているわけなのです。
限られた時間の中で、自分の作品にそれだけの手間と時間を割いていただけるというのは、本当に光栄なことであります。


書籍版に関しては、10巻から12巻までを刊行することができました。
出版不況と言われて久しい昨今、ここまで巻数を重ねることができたのも、手に取ってくださった皆さまのおかげであります。
いったいどこまで刊行できるのか、現時点では誰にも判断できないところでありますが、最後までおつきあいいただけたら幸いでございます。

そして本年は、こちも様の手によってコミカライズされるという喜びを授かることもできました。
こちらもまた、一話でも長く連載が続くことを願っております。
次回の更新は1月予定で、いよいよマダラマの大蛇が登場です。数少ない当作のサービスシーンをお見逃しなく(´∀`)


料理道以外では、ストライキングガール!も書籍化していただくことができました。
カクヨムの連載のほうは、残念ながら8月をもって完結することになりましたが、こよなく愛する格闘技の物語をぞんぶんに書くことができて楽しかったです。また、このようにニッチなジャンルでも書籍にしていただくことができて、光栄の至りでございます。


そして、アムスホルン大陸記も、気づけば公開してから1年が経過しておりました。
こちらは週一更新というのんびりペースですが、それでも68万字に達しておりますね。
まもなく第4章が終了し、第6章あたりで第一部完となる予定なのですが、どうなることでしょう。予定は未定でございます。


さらに先日は、イマギカ・クロニクルという新作も公開させていただきました。
こちらも第二部の構想はありますが、一度着手すると他の新作に手が回らなくなるので、思案中であります。
自分的に、作品の同時連載というのは三作ぐらいがリミットのようなのですよね。
執筆時間もさることながら、それ以上は頭への負担が尋常でなくなる気がします。
なので、アムスホルンが完結するまでは、どの作品に手をつけるか厳選せねばと思います。
幸いなことに、書きたいお話はたくさんありますので。ストックされているどのネタに肉付けしていくか、のんびりマイペースに進行していこうと思います。


ともあれ、自分がこのように楽しく執筆活動を続けていられるのは、読んでくださる皆さまのおかげです。
来年もおつきあいいただけたら、それが一番の喜びであります。

という感じで、少々長くなってしまいましたが、本年はありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

まずは大晦日と元日の更新まで、少々お待ちくださいませ。
皆さま、よいお年を!

コメント

>Zzz様

あけましておめでとうございます。
ストライキングガール!をお読みくださったとのことで、ありがとうございます。
まだまだ話の広げようはありましたので、自分としてもいつか続編をお届けできたらと念じております。
また、続きを読みたいと言っていただけるのも、とても光栄なことであります。重ね重ね、ありがとうございます。
今後とも自分の作品をお楽しみいただけたら幸いです(´∀`)
EDA  [ 2018/01/08 02:13 ]
明けましておめでとうございます。
ストライキングガール楽しく読ませて頂きました。
各キャラクターが魅力的で、まだまだ語り尽くされていないうちに終わってしまってとても残念です。ジムの他のメンバーや各ライバル、今後どんな試合に出ていくのか、、楽しく読ませていただいただけに、もう読めないのが、やはり残念です。
もし続きがあれば、また書いていただけると嬉しいです。
ありがとうございました。
Zzz  [ 2018/01/06 14:46 ]
>タルト様

当作をお読みくださり、こちらこそありがとうございます。
自分も好きな作品は何度も再読してしまうタイプですので、自分の作品が再読されるのは非常に光栄であり嬉しくも思います。
また、どのキャラにも思い入れがありますので、そんなキャラたちの交流をお楽しみいただけたら、何より嬉しく思います(´∀`)
作中で一年、実世界では三年が過ぎ、じわじわ最終回も近づいてきているはずですが、最後まで気を抜かずに書き進めていきたく思います。
まずは今回の章の締めくくりまで、少々お待ちくださいませ。


>末民様

3回も再読していただけたというのは、光栄の極みでございます。心より嬉しく思います。
1年足らずで書籍100冊分の文字数を読んでいることになりますので、驚異的なペースでありますね。
自分が作品を手がけるときは、本当にこんな世界が実存すればいいのにな、という思いで書き進めております。こんな世界で、こんな人々と、こんな生活が繰り広げられたら、どんなに幸せであろうかと。料理道には特にそういう思いが強いので、キャラたちの息遣いまでお届けできていたら望外の喜びであります。
また、年始の新たなはんばーぐでさらなるはんばーぐ欲をかきたてることができていたら幸いです(´∀`)
引き続きお楽しみいただけるように、今後もたゆまず書き進めていきたく思います。

>とく様

こちらこそありがとうございます。
本年もお楽しみいただけるように頑張ります(´∀`)
そして現在はアスタの癒し枠に収まっている建築屋の面々でありますが、青の月には活躍の場面が控えているはずですので、そちらもお楽しみいただけたら幸いであります。

>武田勝頼り様

わずかふた月ていどで一気読みされたのでしたら、驚異的なペースでありますね。
そこまでの熱意を当作に抱いていただくことができて、光栄の至りであります。
自分としても、すべてのキャラに幸福をつかみ取ってほしいと願っております。唯一の例外はシルエルで、今回もタルオンというキャラが登場しましたが、それがどのような結末を迎えるか、今後の更新をお楽しみいただけたら幸いであります(´∀`)

>黒月緋純様

こちらこそ、当作におつきあいくださり、ありがとうございます。
キャラの数が尋常でなく増えてしまった当作でありますが、今後もなるべく多くのキャラに出番を与えて、お楽しみいただきたく思っております。
引き続き、本年もおつきあいいただけたら嬉しいです(´∀`)

>とっくん様

あけましてあめでとうございます。
グラフ=ザザは、まだ初期段階のドンダ父さんぐらいの意固地さでありましょうね。
アイ=ファが自分の行いを脇に追いやりつつ突っ込んだのも、きっとトゥール=ディンの気持ちを慮ったゆえでしょう。きっとアイ=ファもじわじわと成長しているのです(´∀`)
そういえば昨年は酉年でありましたね。戌年にラウ=レイの活躍はあるか……予定は未定でございます。ジィ=マァムもまた然りであります。
成長したルウ4姉妹とコタ=ルウのやりとりというのは、想像するととても微笑ましい気持ちになりますね。こんな綺麗どころの叔母たちに囲まれていたら、どんな少年に育つのでしょう。
最近はなるべくキャラを増やさないように心がけていますので、ミンやムファの家長たちはどうでしょうね。そして、ベイムの家長もこのままでいいのかと、登場させるたびに思い悩む自分であります。
ともあれ、本年もお楽しみいただけたら幸いです。

>じんじん様

幕間に関しては、元日のエピソードを先に書き上げまして、もう一作はどうしようかなと思い、けっきょくトゥール=ディンvsグラフ=ザザのエピソードとなりました。自分の中でもトゥール=ディンの比重が大きくなっていることを痛感いたします(´∀`)
タンバーグはなるほどと思いましたが、すでにお手つきのネーミングであったのですね。惜しいところです。
新年はおめでたいエピソードにしたかったので、あのような内容に落ち着きました。これでまたアイ=ファは禁欲モードに入り、じわじわとゲージを溜めていくことになるのでしょう。次の爆発が楽しみなところです。
次の更新では、また森辺の民のたくましさをお届けできるかと思いますので、そちらもお楽しみいただけたら幸いでございます。
EDA  [ 2018/01/05 02:40 ]
幕間の更新、ありがとうございました。
自分達を取り巻く状況がどうあろうと、たくましく生きている人々の姿は
良いものですね。

ルウ家の晩餐でグラフ=ザザも高級食材が単なる贅沢ではないと理解できたと
思えるので、これから北の集落でも贅沢故に不要とされてきた食材が
解禁されるのだろうと思います。
自慢のかまど番のトゥール=ディンの技量を最大に発揮させるのに必要なものでも
ありますし。

ファの家の晩餐でお披露目となった新しいハンバーグがドンダ=ルウに
どう評価されるのか興味深いところですが、食後の2人に対しては
「薄い本が厚くなるな」という言葉を送りたくなりました。

あと、タンのハンバーグだからタンバーグでいいかなと思いましたが、
検索すると、ノルウェーに本社を置くビデオ会議システム企業が
タンバーグというそうなので駄目な気がしています。
じんじん  [ 2018/01/02 17:21 ]
EDA先生 そして、EDA先生のファンの皆々様。
新年あけましておめでとうございます。

ゲオル君のお父さんは、やっぱりゲオル君のお父さんだったのですね。
「世話が焼ける」というか、手がかかるというか、めんどくさいというか、...
って、「アイ=ファ、お前が言うな!」と皆さん突っ込まれたのではないかと思うと嬉しくなります。


酉年の本編 トリは「鷹の星」で締めましたですね。

戌年は、ラウ=レイ大活躍!?ですか(w)
ルウの眷属を支える、ジザ兄やガズラン=ルティムに負けない立派な家長になって欲しいものですが・・・、
ハードル高すぎ(-_-;)

ジィ=マァムも頑張れ!
19歳ダメトリオも今や昔、ディガもドム家の性根から鍛え直されているからウカウカしてるとおいていかれますね。

ミンとムファの家長も頑張れ!
とにかく、出番をもらえ!それから、名前も!

ララ頑張れ、今のうちに未来の家長コタちゃんを手懐け・・・もとい、しっかり躾れば、
将来、「なんかララ=ルウには、頭あがんないんだよな...なんでだろ?」ということになるでしょう。

ともあれ、本年の最終章や外伝、期待しております。
よろしくお願いいたします。

そして、すべての皆様に
幸多からんことを。
とっくん  [ 2018/01/01 04:26 ]
今年も楽しい物語をありがとうございました。

……全員がキャラ立ちしてて、本当に羨ましいなぁ……

来年も、期待しております。
よいお年を。
黒月緋純  [ 2017/12/31 10:37 ]
先月から読み始めたのですが、途中で飽きることもなく一気に読みきる事が出来ました。33巻分というのを見て、今更ながらに一気に読めた事にも驚きました。
少しの空き時間でも読みたいと思い、最終的には通勤の赤信号の時にまで携帯を取り出していたのは我ながら中毒になっていたんじゃないかと思います…
どのキャラにも幸せになって欲しいと思えるような心のこもった作品だと感じています。
どうか来年も楽しい作品を書き続けて下さい。アスタ達と作者さんの幸せをを陰ながら応援させていただきます!
武田勝頼り  [ 2017/12/30 18:47 ]
今年もありがとう
来年も楽しみにしてるゾ

できればおやっさんが居る間にもっとおやっさん出番増やしてね(ボソ
とく  [ 2017/12/30 13:19 ]
いつも更新ありがとうございます
今年に入ってからの読者組ですが
毎更新たのしく拝読させて頂いております

33巻分もの文字数と知って驚いていますが
それをさらに3周読み直している私はまさに
アスタの生み出したる美味なる食事の虜になってしまった
森辺の人々と言ったところでしょうか(笑)
しかしそんな自分には
ついに先日 手元に届いた『異世界料理道』書籍版が
ここまで巻数を伸ばしている事も
な〜んら不思議とは思えないのであります

昨今、多種多様にさまざまな物語が
出版業界または電脳空間に散りばめられているわけですが、
ここまで世界観に没頭できると言うか
キャラクター達に『血が通っている』と思わせる物語も
そう多くは無いと個人的には感じています
文字の向こう側に確かに感じる人々の生活や感情の息遣い、
そして 読み手の空想を広げさせてくれる残心めいた余韻が
文章以上の情報と相まって脳内でリフレインし、
非常に心地良くてたまりません
作者様におかれましてはこんなにも面白い話を創造して頂き
感謝の気持ちでいっぱいです
本当にありがとうございます

最近どういう訳だか食する機会が増えたような はんばーぐ、
その福音である余分な腹の肉を燃焼しつつ(笑)、
年末年始の更新分、そして本編の続きの更新分も
今から楽しみにしております
どうぞ、良い年越しをお過ごしください
末民  [ 2017/12/30 08:46 ]
いつも更新ありがとうごさいます
毎回楽しく読ませていただいております
今一番楽しみにしている作品なので、自分も一話でも長く読めたら嬉しいです。
もう3年ですか、、、なんかスン家の事件も遠く感じますね
週1くらいで読み直してますが、話が進むと再発見することもあり、色々な登場人物の気持ちを想像できたりしてとても楽しいです
EDAさんの作品の登場人物はホントイキイキしてますね、、、
キャラ同士の交流なんかは読んでいてホント心が暖かくなります

大晦日も楽しみにしていますが、お体にもお気をつけて下さい
よいお年を

タルト  [ 2017/12/30 06:27 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。