空想科学祭終了と今後について

2012年 10月11日 (木) 16:22

空想科学祭FINALも全日程終了いたしました。

 皆様からの応援あっての企画、支えてくださった全ての方に、感謝申し上げます。



 さて、今後の空想科学祭についてです。



 まず、来年度以降の開催は、予定しておりません

 万が一、「空想科学祭」を名乗る企画が立ち上がったとしても、空想科学祭実行委員会並びに天崎剣は感知しませんので、ご了承ください。

 もし、仮に別団体・別人が、同じような企画を開催される場合は、紛らわしいので、「空想科学祭」の名前は使わない方がよろしいと思います。言い換えると、2012年10月以降に「空想科学祭」名のイベントが立ち上がっても、このアカウントと中の人は関係ないよという意味です。

 ので、同名の企画が立ち上がっても、このアカウント・天崎のアカウントにお問い合わせはしないでくださいね。


 企画サイトのメンテナンスは続けます。

 デッドリンク調査、サイトの整理くらいしかやりませんが、なるべく長い間保持し続けたいと思っています。



 また、Twitterの企画アカウント@sffestaも、企画の内容紹介と、過去の企画作品紹介に内容を差し替えて続けていくつもりです。企画が終わっても、一人でも多くの人に、作品に触れて欲しいという想いからです。



 関連して、天崎のエッセイ「空想科学祭の歩み~2012年最後の空想科学祭へ~」は、改題(タイトル未定)して、2011年~2012年開催の様子、5年間の統計などを追加していく予定です。ゆっくりではありますが、更新しますので、興味のある方は覗いてみてください。

 5年間、お付き合いいただいた皆様、1年でも、一瞬でも、空想科学祭に興味を持ってくださった皆様、本当にありがとうございました。皆様の協力なしには成り立ちませんでした。
 某掲示板で粘着されたり、チャットで粘着されたり、Twitterで粘着されたりしたこともありました。それでも、「『好き』の反対は『嫌い』ではなく、『無関心』」を心に留め、興味があるからこそ粘着・嫉妬してくるのだと自分に言い聞かせた5年間でした。興味を持ってくださり、ありがとうございました。興味を持ってくれた、それだけで十分です。

 また企画をやらないかという話もありますが、中の人(天崎)は、いい加減現実に戻らなければなりませんので、この辺が引き際です。
 今度は、皆様の企画にお邪魔するかも知れません。

 切磋琢磨できたこと、良作を掘り起こせたこと、そして、成長を見て感動したこと。
 全てがいい思い出です。


 SFが好きで好きで仕方ない皆さんと出会えたことも、小説を真剣に書いていた皆さんに出会えたことも、人生のいい糧になりました。
 今後の皆様のご活躍を期待しています。

 最後に、この企画参加者の中からプロ作家が輩出できたことを嬉しく思います。
 書店に本が並ぶのを楽しみにしています。




                                 
2012年10月11日
空想科学祭実行委員会=天崎剣(ID:12340)

コメント

返信遅くなりました。

流山晶さん、ご参加ありがとうございました。
最後の開催、楽しんでいただいたようで何よりです。

次は予定ありませんが、きっと有志の方が何かしらしてくれるのではと期待しています。
今後の作品も楽しみにしています。

天崎のID……ストレートですが、企画IDの45627も、なかなか覚えやすくてよかったですよ。
企画後の返信滞っていますが、後ほど送信しますので、お待ちくださいませ。


天崎
空想科学祭実行委員会  [ 2012/10/16 15:50 ]
天崎様、ならびに空想科学祭に係わられた皆さま、
お疲れ様でした。

私は、今年からの参加でしたが、作者としても感想人としても
十二分に楽しませていただきました。
ありがとうございました。

次の予定がないのはさびしいですが、人間、引き際が肝心です。
実行委員の皆さまは、立派に実行委員を卒業されたのだと思います。
ここはひとつ若手に期待しましょう。
(こういう時だけ、年寄りのふりをする流山晶でした)

おっと、今ごろ気がつきましたが、天崎さんのIDはストレートですね。
5桁の数でストレートがそろう確率は1/1400ぐらいです(多分)。


流山晶  [ 2012/10/11 21:48 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。