バトンであります(*´・ω・`)b

2017年 03月21日 (火) 05:12

あざねさんからバトゥーンを受けとりました(*´ω`*)

1)代表作
セツカと時の鎖
88npdch8kus7e02nk3a46idb7og_27d_rs_13a_tucs.png
2)ジャンル、カテゴリ
ハイファンタジー

3)連載開始
2015/10/31から
4)文字数、話数
現在85話(4章)342,841文字、101ページ。(おまけページ、世界設定ページがあるから)
全8章、手元では完結しているので総文字数80万文字、200話いきます。

5)ストーリー
魔法を生まれ持つ者は貴き命と呼ばれる世界がある。
魔法を持たない記憶喪失の少年セツカは幼い頃騎士アーノルドに拾われた。
拾われて十五年経った秋、セツカは自分の過去を探す旅に出る。

6)主人公

1章セツカ
2章アイセ
3章イノ
4章マーガレット
5章ヤクモ
6章アーノルド
7章アイリーン
8章アーノルド

時系列だと5→6→7→1→2→3→4→8(1から4アーノルド目線とその後の物語)
ヤクモ編は1の45年前。吟遊詩人アイリーンが出てくるので、ここからが謎解き編みたいな感じです。

7)作品のテーマ、コンセプト
愛、信じる心、友情、思いやり。
あきらめない心。
あるがままの自分を大切にして前向きに努力すること。


8)作品を書いた動機
自分が今の医学で治せない病気だから、小さい頃はずっと普通の人と同じ健康な体になりたいと思っていた(・ω・)
セツカのように強くありたいと思ってセツカがいるのかも。

9)自分が思い描いたテーマ、コンセプトを十分に表現できたか
できた。でももっと読みやすく分かりやすくを追求したい。

10)執筆中のエピソード
70話と71話を間違えて投稿して、慌てて差し替えた(;´∀`)

11)執筆していて、エタりそうになったかどうか

元が完結してるからエタリません。

12)気に入っているシーン
2章36話『禍々しき魔法、真実の愛』
処刑されそうになったアイセを、フェンネルが体をはって助けるところ。
降り下ろされた剣を素手で掴んで、「今度こそ、間に合って良かった」と笑う。

13)もっとも気に入っている台詞
1章16話『はじまりの庭園へ』セツカの台詞
「俺もリーンが好きだ。本当は、ずっと好きだった」

14)その理由
身分が違うから、一緒にいるのはアイリーンのためにならないから……好きな気持ちから逃げてばかりだったセツカが初めて素直な気持ちを伝えたところだから。

15) 気に入っている一文
1章15話『帰れないあの日』
 勇者さまの息子になりたかった。
 アーノルドが勇者さまに憧れるなら、セツカはその息子がいい。

16)おすすめポイント
章ごとにかわる人間関係や、恋愛のもよう。1章で通りすがりの旅人さんだった人が2章で重要なキャラだったりする。

17)反省点
3章で座卓を茶卓と書いてしまっていたこと。二太郎さんに教えてもらって大急ぎで直しました(;´∀`)ハハハ

18)執筆による作者の変化
ネタ集めのため、前より古本屋やツタヤにこもることが多くなった。
部屋が本で溢れて置き場がない。

19)読者の方々の反応
アートをいただいたり、アルファポリスやググタスでもコメントをいただいたり。感想を聞けると嬉しいです(*´ω`*)

20)作品を通じての主張、そしてその達成度
スピンオフも含めて、どんな苦境でも諦めないこと。

21)続編、またはスピンオフ
スピンオフ月影の王子と太陽の少女を連載中です。
セツカ1章から名前が出ていた鬼教師スイレンの若かりし頃~息子アスターの物語。

22)読んで欲しい方
自信が無い人、どうせ自分は人より劣ってるなんて思わず、とりあえず読んでほしい。

23)書籍化等の希望
書籍化したい。アニメ化するならアイセの声優は鈴村健一さんでお願いします。

24)作品のPR
確実に完結することをお約束します。
4im69hlfbmiwiyh3ghlr11jbds04_14g2_13a_rs_oj7a.png

25)満足度
90%まだ頑張れるところはあると思う。

26)影響を受けた作品
小野不由美先生の『十二国記』シリーズ
堤翔子先生のマンガ『スターゲイザー』
山崎風愛先生のマンガ『ドームチルドレン』

とくに十二国記、楽俊との出会いから陽子の心がかわるシーンは印象深い。
『善意をもって接してもらえなければ善意を返せないのか、信頼でないのか』
『人に裏切られたからといって、自分も他人を裏切っていいのか』

27)次へのバトン

ひなひよさま
惠美子さま
リュークさま

バトンがお嫌いでなかったらお願いします( ´∀`)


以下コピペ
1)代表作
2)ジャンル、カテゴリ
3)連載開始
4)文字数、話数
5)ストーリー
6)主人公
7)作品のテーマ、コンセプト
8)作品を書いた動機
9)自分が思い描いたテーマ、コンセプトを十分に表現できたか
10)執筆中のエピソード
11)執筆していて、エタりそうになったかどうか
12)気に入っているシーン
13)もっとも気に入っている台詞
14)その理由
15) 気に入っている一文
16)おすすめポイント
17)反省点
18)執筆による作者の変化
19)読者の方々の反応
20)作品を通じての主張、そしてその達成度
21)続編、またはスピンオフ
22)読んで欲しい方
23)書籍化等の希望
24)作品のPR
25)満足度
26)影響を受けた作品
27)次へのバトン

コメント

美汐さん
ありがとうございます(*´∀`)
1章から終章で50年、親子孫の物語なので書ききると達成感があります。

面白いですよね、十二国記。楽俊は実在しても尊敬できるひとだと思います。二人の友情と楽俊のネズミ姿にときめきます。
千岩 黎明  [ 2017/03/21 19:57 ]
作品への愛を感じるバトンですね(^^)
80万字! すごい大作です。
そしてちゃんと完結する宣言がまた尊敬……。
十二国記は私も大好きですよ!
特に私も楽瞬が好きで。曜子との絆、いいですよね~。
美汐  [ 2017/03/21 18:22 ]
桔梗さん
ありがとうございます(*´∀`)
もうすぐアリス公開、どうなるかドキドキです。
千岩 黎明  [ 2017/03/21 13:14 ]
こういう作者の想いを読むと、読みたくなりますね~。
良いバトンだ!!
ツミツミが多いのでまずはアリスから行かせていただきます><
桔梗  [ 2017/03/21 12:36 ]
古川アモロさん
ありがとうございます( ´∀`)
十二国記、アニメもやってましたね。
アニメと小説ではかなり展開が違ってました。それもまた醍醐味。

にけさん
ありがとうございます(*´∀`)♪
考えてること、自分の理想、やはり作品に出てきます。絶対完結しますよ~!

貴様二太郎さん
ありがとうございます(о´∀`о)
書いている間、アイセは頭のなかで鈴村さんボイスで喋ってます。これ以上無いくらいイメージに近い声なので。
十二国記はまず陽子の話上巻で救いがなさすぎて心がへし折られます。下巻からの巻き返しがすごいです。
ゴーストハントは小説、マンガ、アニメと楽しめました。麻衣とぼーさんの親子コンビが好き。
屍鬼は終わりかたが切なかったです。
千岩 黎明  [ 2017/03/21 11:37 ]
ひなひよさん
ありがとうございます(о´∀`о)
読んだツイートもいただいて感謝しきりです。
バトン受け取っていただけて良かった。楽しみに待ってます。

メイさん
ありがとうございます( ´∀`)
作品はわが子なので愛を込めて描いてます。

惠美子さん
ありがとうございます。
時系列、忘れないよう時間割を書いてこの人がここにいるとき、同時刻のこの人はなにをしてる、と場面ごとに決めてました。
諦めないのは大事ですよね。
バトン受け取っていただけて嬉しいです。
楽しみに待ってます。
千岩 黎明  [ 2017/03/21 11:29 ]
アイセの声、もう鈴村さんでしか再生されなくなっちゃったじゃないですかー! 似合いすぎです(笑)

黎明さんの誠実な人柄が表れた物語ですよね。読んでいると、希望とか光みたいな感じを受けます。

小野不由美さん好きなんだけど、十二国記まだ読んだことないんですよね。ゴーストハントとか残穢とか屍鬼とかホラー系はいくつか読んでるんですけど……
いつかは読みたいと思いつつ、つい日常に流されてます(^_^;)
貴様 二太郎  [ 2017/03/21 09:01 ]
創作の秘密真摯な姿勢、黎明さんらしいです。
作風にも人となりがにじみ出ていますね。
そして完結保証!素晴らしい〜
にけ  [ 2017/03/21 08:39 ]
バトンお疲れ様です。

相変わらず、イラストが美しい。

十二国記なつかしい!

……アニメしか思い出せない。
古川アモロ  [ 2017/03/21 08:37 ]
お疲れ様でした。
時系列や人物関係を構築していく秘密を覗かせていただきました。
あきらめない心。なんにでも大切だと思っています。

バトンをお受けします。時間が掛かるかも知れませんが、活動報告に発表いたします。
惠美子  [ 2017/03/21 07:59 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。