合わない話

2016年 10月02日 (日) 01:49

十月に入りました。
生きてます。
僕は小説の作者がどれだけクズでも作品が面白ければそれでいいやと思うタイプの読者なのですが、というか日本の作家は私小説の流れもありつつ伝統的にクズが多い印象があるので、そこを気にしても仕方ないだろと思っているのですが、なろうをやっていて、「この人合わないなー」と思う作者さんの作品は合わないことが多いです。これは不思議なことのような、納得できることのような感じで、もやもやしてます。好きな作家さんがとんでもないクズ行為で大炎上すれば、ああやっぱり作者の人格と作品とは関係無いよね、とスッキリするんじゃないかと思います。
そんなことを思いつつ、もうしばらくは猫ちゃんとアルファの連載のみになりそうです。
なんか速く書くコツを一瞬掴んだような気がしたのですが、気のせいでした。
ぼちぼち書いていきます。
*追記
活動報告を投稿したら、その後の確認画面で画面いっぱいに追尾広告が表示されていました。
こういうのは「合わないなー」と思います。
いままでこんなことなかったと思うのですが……。

コメント

こんばんは!
そうですね。
ネットはむしろ誤解されやすいですからね。
僕自身も何らかの誤解をしてきているんだろうと思います。
悪意を持った解釈はしないようにしなければ、ということはつねづね気をつけつつ、まああんまりできていないんでしょうね。
ふむふむ。
いろいろ反省点が見えてきて、今回は普段と違うことを書いて良かったかな、と思います。
エロやグロ、それに暴力や薬物、差別なんかは小説のテーマとして推奨されてきたものだと思いますが、あれこれ規制もされてきましたからね。
そこら辺のせめぎあいは常にあるんじゃないかと思います。難しいですね。
しまうま  [ 2016/10/03 19:03 ]
こんにちは!

ネットの交流でどこまで人の本質が分かるのかって言う問題もありますね。なろうは作者と読者の距離が近いから、素の自分をさらけ出すのは抵抗があると思うし。実際、私自信もそういうところはありますよ。
作品に関してもいろいろ考える事はあります。別に引かれるようなエロやグロを書きたい訳じゃないですが。
滝野社  [ 2016/10/03 15:05 ]
>千岩 黎明さん
あ、同時にコメントしてました。
ごめんなさい。
千岩さんのようにサイトを利用したり作品を読んだりしたほうが楽しいですよね。
完全におっしゃるとおりです。
ちょっとどうかしてました。
ありがとうございます!!!
しまうま  [ 2016/10/02 10:32 ]
お疲れさまです。
ふむむ、わりとドライに読んでいたつもりでも、やっぱり書き手との距離の近さの影響を受けていたんでしょうね。そう考えるほうが妥当でした。
そういうので面白い作品を見逃していたら残念な話です。
というかこういうことを活動報告やらに書かないほうが良かったかな、と思いましたが、もう書いたものはしかたないですし、おふたりのコメントもなるほどなー、と思ったのでまあいいかなという感じです。次回から気をつけます。
更新がんばります!ありがとうございます!!!
しまうま  [ 2016/10/02 10:28 ]
お疲れさまです。
書店で販売される本と違って活動報告やTwitterなんかで人柄がわかるし、「小説に人柄が出てるな~」って感じるのはネット小説ならではですね。
うちの猫、楽しみにしてます(ノ´∀`*)
千岩 黎明  [ 2016/10/02 10:27 ]
お疲れさまです。
なろうは書き手と読み手の距離が近いですからね。基本的に素人ってコトもあるし、同時期に生きてるのもあって、作品にそういうものが出てしまうのかもしれません。
まあ、狼子はそんななろうでも、作品は楽しめても作者さんとはやっぱり合わないこともあるので、しまうまさんはもしかすると、作品から人を見抜く鋭い目をお持ちなのかも。
速度はほら……人それぞれ生活もありますからね、アルファの方もねこさんも更新楽しみにしております。
狼子 由  [ 2016/10/02 09:31 ]
はい、追尾広告は仕方がないですね。
なんとなく思ったりしただけのことなので、パンクロックスさんが気にすることでもないと思いますー。
しまうま  [ 2016/10/02 08:29 ]
追尾広告は……まあ維持運営のための対価だと思って、静観するしかないですね。作者の人格と作品の関係、今は作品よりも人が前に出る時代なんですかね? 特にSNSに近いこのサイトでは、垣間見える人間性も、作品に加味されてしまうかも知れません。気をつけなくちゃ。
パン×クロックス  [ 2016/10/02 06:32 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。