大作映画、劇場で観るかおうちで観るか

2017年 08月30日 (水) 22:27

久しぶりに『レイニー』を水曜に更新してみました。
だいたい3分の2まではきているんですが、週1ペースだと終わるのがいつ頃になるんだろう。年内ぎりぎりでどうかってところですかね。
頑張ってできれば週2ペースに戻したい。


秋以降、何か面白い映画があるかなーとチェックしておりました。
『ダンケルク』『アウトレイジ 最終章』はまず観に行く。『ブレードランナー2049』もかな。アニメ版『ゴジラ』3部作も公開が始まりますね。

けど最も驚いたのは2018年公開予定の『フリクリ』続編よ。しかも2&3ってマジか。いや観たいですけど、どんな感じになるのか不安でもある。
で、エヴァ劇場版の最新作はいつ頃になるんですかね。

最後に付け加えておきますが、今夏公開の『打ち上げ花火、下から見るか横から見るか』は観ておりません。ちなみに岩井俊二の実写ver.も未見。
アニメ版、あれだけ酷評が多いと逆に気になってくるわ。

コメント

FOREVER HEROESさん、コメントありがとうございます。

『関ヶ原』、岡田准一主演の大作映画ですね。
まったくの余談ですが、岡田准一はひらかたパークという遊園地で“ひらパー兄さん”という役職(?)を務めておりまして、主演映画が公開されるたびにひらパーの便乗ポスターが製作されるのです。今回の『関ヶ原』ver.も笑わせていただきました。
ぜひ「岡田准一 ひらパー 関ヶ原」でググってみてください。

エヴァ……とりあえず取り掛かっていることだけはわかりました。
それだけでもすごい進歩ですよね。情報ありがとうございます。
遊佐東吾  [ 2017/09/06 22:37 ]
お久しぶりです。最近涼しくなってきたので(もうすぐ冬が来るんだな。)と思いました(笑)


北野映画はDVDをレンタルした「BROTHER」がきっかけで観るようになったので「アウトレイジ最終章」が(初めて劇場で観た北野映画。)になってほしいです(苦笑)


「クライマーズハイ」や「日本のいちばん長い日」を観てから原田眞人さんが監督を務める作品をもっと観たくなったので「関ヶ原」も観に行きたいですが、主人公の石田三成に訪れる結末を考えると迷ってしまいます。


ご存知かもしれませんが「エヴァンゲリオン」の公式サイトが「シン・エヴァ」仕様になっていました。


僕は「ボーイミーツガール」が好きな人間だと思うので「打ち上げ花火、下から見るか横から見るか」も出来れば観に行ってみたいです。




FOREVER HEROES  [ 2017/09/05 19:00 ]
九条さん、コメントありがとうございます。

昨日「やばい、もうすぐ大東京帝国が建国されるのか……」などと妄想しておりましたので、その気持ちはよくわかりますとも。
そういえば2015年には「やばい、使徒が襲ってくるじゃねーか……」と。
まったく成長しておりません。

少し話が逸れますが、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』はタイトルのセンスがめっちゃ好きです。中二病っぽいけど『流れよ我が涙、と警官は言った』もいい。
海外SFの邦題はやたらクールな文章系タイトルが多くてたまりません。

ハン・ソロといえば『スターウォーズ 最後のジェダイ』に触れ忘れておりました。
大作映画と謳っておきながら痛恨のミス。日本では12月公開なんですね。
遊佐東吾  [ 2017/08/31 23:41 ]
譜楽士さん、コメントありがとうございます。

映画鑑賞のスタンスは私もそんな感じです。家でDVDだと気が散ってしまうことも多々ありますので、「これは!」となれば迷わず劇場ですねー。

Fateシリーズは長いのもあってなかなか視聴に踏ん切れないでいます。
あと、随分前に小説『空の境界』を読んだ際、まったくといっていいほど合わなかったのも躊躇っている理由のひとつです。ずっと気にはなっているんですけどね。
遊佐東吾  [ 2017/08/31 23:20 ]
呑竜さん、コメントありがとうございます。

尋常でないハードルの高さを理解しつつ続編に踏み切った制作陣でしょうから、ある程度期待はしてみましょうぜ。体感打率はたぶん1割くらいでしょうけど。

『打ち上げ花火』に関する感想でちょっと面白かったのが、「『君の名は』的な物語を期待して観に行った層が叩いているのでは。実際はまったくの別物やで」という趣旨のものでした。評価が割れるタイプなのかもしれません。
こういうのは自分の目で確認してくるのがいちばんいいんでしょうが、そこまでのモチベーションはわかないので……。
遊佐東吾  [ 2017/08/31 23:11 ]
藤兵衛さん、コメントありがとうございます。

藤兵衛さんが映画館嫌いなのかどうかは明言されておりませんが、そういう方はやはり私の周りにもおりますな。
「字幕でやる意味がわからん。洋画はすべて吹き替えでやれ」という人とか、暗い空間で隣に見知らぬ人間がいるのが生理的に無理という人とか。

フリクリはthe pillowsに興味を持ったきっかけでもありますので、続編がどうなるか見届けたいと思っております。
遊佐東吾  [ 2017/08/31 23:02 ]
相楽さん、コメントありがとうございます。

たとえばこう捉えてみてはいかがでしょう。
ループものは時間の檻に捕らわれた主人公がいかにしてそこから抜け出すか、もしくは抜け出そうともがくか。いってみれば脱獄もののカテゴリーなのだと。
古くは『大脱走』(好きなんで)あたりと親戚になるんじゃなかろうか。

恣意的にやり直せるのが気に食わねえんだよ、とおっしゃるならば一つおすすめを。
竹本健治の短編集『フォア・フォーズの素数』に収められている『非時の香の木の実』をぜひご一読あれ(´▽`)
なお、読後感に対する一切の責任は負いかねますので。
遊佐東吾  [ 2017/08/31 22:55 ]
ムッシュ、コメントありがとうございます。

えらい辛口っすな。わかる、わかるけど同時に頑張れ庵野という複雑な気持ち。
しかし『エウレカ』はまた再利用されるのか……。個人的にはそれほど興味を持てない作品だったんですけどねえ。
遊佐東吾  [ 2017/08/31 22:43 ]
『ブレードランナー』前作の舞台が2019年だったと知っておののいております。我々はもうすぐあのデッカードと同じ時代を生きることになるのか……。

私は『電気羊』を読んだ後で映画を見たのですが、『ブレードランナー』は原作→映像の順で鑑賞しても落胆せずに済んだ数少ない映画のひとつです。
『2049』も見に行きます。前作ほどのインパクトはないだろうとは思いますが、爺さんになったハン・ソロもそれほど悪くはなかったので、年老いたデッカードもアリでしょう。たぶん。
九条 寓碩  [ 2017/08/31 12:35 ]
打ち上げ花火、知り合いが酷評してましたねえ^^;

早く見たいなら映画館に行き、そうでもないならDVDを待つ派です。

全然関係ないけどプリズマイリヤとヘブンズフィールは見に行きたいなと。
Fate(特にZero)、遊佐さん好きだと思うんですが。
譜楽士  [ 2017/08/31 11:12 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。