9/13更新内容、なのじゃ。

2017年 09月14日 (木) 02:08

現状では、5話先まで、ストックが貯まっておるのじゃ。
まぁ、ストックとは言っても第1稿に過ぎぬゆえ、アップロードできるレベルになるまで修正するには、まだそれなりに時間がかかるのじゃがの?
だとしても、とりあえず5話先までは、話が確定したのじゃ。

それで何が言いたいのかというと……。
今、展開しておる、エネルギア嬢とビクトール殿の話が、とりあえず山場を迎えるところまでは書いた、ということなのじゃ。
まぁ、このまま峠を越せぬ可能性も否定はできぬがの?
……主に妾の執筆能力が、の。
そうならぬように、三連休は必死になって書こうと思うのじゃ。
まぁ、台風も来るし、外には出れぬからのう……。

さて。
今日も大分、駄文が長くなってきたゆえ、そろそろ概要を書こうと思うのじゃ。
毎回そうじゃが、内容とまったく合ってない概要(?)を、の?

◇◇◇

『この家ください!』

「あの……ちょっとかなりお高いのd」

ドゴォォォォォンッ!!

『あれー?爆発しちゃいましたね?隕石かなー?』

「ちょっ……」

『なら、あっちの家ください!』

「あ、あの、お客さm」

チュドォォォォォンッ!!

『あー、こっちもダメかー。中々、頑丈な家が無いみたいだね?ビクトールさん』

「(……本物の方のポテンティアに、この光景を見せてやりたいぜ……)」げっそり

◇◇◇

まぁ、大体そんな感じのやり取りが、不動産屋とエネルギア、それにビクトール殿との間で交わされておったとか、いなかったとか……。

コメントの書き込みはログインが必要です。