• 〈エルダー・テイル〉設定(第一期分)
  • ■MMORPG〈エルダー・テイル〉
     〈エルダー・テイル〉は米アタルヴァ社により最高運営される超巨大オンラインゲーム。3Dモデリングされた中世ヨーロッパ風社会で冒険を行なう典型的な「剣と魔法」の世界観を持っているが、随所に現代的な解釈も加えられている。
     その世界は〈ハーフガイア・プロジェクト〉と呼ばれる計画に沿って1/2サイズの地球再現を目指す広大なものだ。
     この巨大MMOは複数サーバーにより分散管理されており、管理会社すらも米アタルヴァ社との協業契約を行なった幾つかの会社によって行なわれる形になっている。
     例えば現代地球における日本列島を管理している会社はF.O.E(フシミオンラインエンタテイメント)であり、F.O.Eは日本サーバ、引いてはゲーム世界内の疑似日本を管理している。
     サーバ同士は分散処理とは言え連結されているために、日本サーバ管理区域を離れて別のサーバへ移住することも可能(ゲーム内的には、別の大陸への旅という形態をとる)。
     リアリティのある設定、奥深い戦闘バランス、膨大な量のゾーンエリアや数え切れないほどのモンスター、アイテム、クエストなど空前絶後の規模を持つこのゲームはオンラインゲーム会では不動の人気を誇っており、その運営は20年を突破した。


    ■12職業
     レベル+|職業《クラス》制をもつ〈エルダー・テイル〉において、メイン職業は戦闘に関わるキャラクターの個性のもっとも中心となる特性である。
     キャラクターが戦闘中度のような特徴を発揮できるかは、能力値や装備したアイテム、習得した特技などにより決定されるが、これらの要素はどれもメイン職業の影響を受けている。
     メイン職業は12種類。

    戦士系:|〈守護戦士〉《ガーディアン》、|〈武士〉《サムライ》、|〈武闘家〉《モンク》。
    武器攻撃系:|〈暗殺者〉《アサシン》、|〈盗剣士〉《スワッシュバックラー》、|〈吟遊詩人〉《バード》。
    回復系:|〈施療神官〉《クレリック》、|〈森呪遣い〉《ドルイド》、|〈神祇官〉《カンナギ》。
    魔術系:|〈妖術師〉《ソーサラー》、|〈召喚術師〉《サモナー》、|〈付与術師〉《エンチャンター》。

     それぞれに独特の特徴を備え、同じ戦士系でも三つの職業の戦闘スタイルは大きく変わる。また、職業によっては武器の選択や、選択式特技の習得状況によりカスタマイズが可能であり、戦闘スタイルのバリエーションはかなりの幅があることになる。


    ■8種族
     〈エルダー・テイル〉の世界では多様な異種族が暮らしている。人間はもとより、|〈緑小鬼〉《ゴブリン》や|〈醜豚鬼〉《オーク》などといった悪の亜人間勢力も多く、世界は闘争に満ちている。
     その中でもキャラクター作成時に選択できる8種族は一般的に「善の種族」と呼ばれ、広い意味での「人間社会」を形作っている。
     (正確には「善」とは言いきれない。裏切りや堕落などで悪の勢力に寝返る人間種族のキャラクターも存在するからだ)

     プレイヤーに選択できる八種族は以下の通り。

    〈人間〉現実世界の人間に似た種族。肌の色や髪、瞳の違いなどのバリエーションは豊富。能力的にも優秀なために、〈エルダー・テイル〉の世界では圧倒的な多数派。

    〈エルフ〉森や古代遺跡などに本拠地を定める長命種。精神力と弓の習得に優れる。細身で耳の長い妖精じみた外見を持っている。

    〈ハーフアルヴ〉すでに滅亡した古代種族アルヴの血を引く一族。隔世遺伝により人間から生まれるとされている。外見は人間とほぼ変わりがないが、舌の上に奇妙な紋章が存在し、古代の魔法遺跡と親和性が高い。

    〈ドワーフ〉鉱山労働などに従事する、がっしりした身体付きの人型種族。耐久力と対魔法耐性が高い。戦士や鍛冶屋に向いた特性を持つ。

    〈猫人族〉善の獣人種族のひとつ。猫の特徴を持っている。高い敏捷性と鋭敏な感覚をもち、頭部には猫耳と、猫髭をもつ。

    〈狼牙族〉善の獣人種族のひとつ。普段は髪の毛の分量が多い人間と云った外見だが、戦闘の効用や流血により狼の特性が呼び起こされ、大きな筋力と脚力、黄金の瞳を獲得する。

    〈狐尾族〉善の獣人種族のひとつ。魔法適性が高いが、癖のある能力値構成と、「メイン職業で習得できるはずの特技がランダムに習得できなくなる」という余りにも大きなデメリットのために非常になり手の少ないレア種族。

    〈法儀族〉謎の多い種族。魔法適性や様々な知識に優れるとされ、身体には「紋様」と呼ばれる様々な入れ墨に似たパターンが現われる。余りにも虚弱なためにHP上昇に大きなペナルティがあり、プレイヤーで選択をする人は殆どいない。


    ■サブ職業
     サブ職業とは直接戦闘には関わらないような、便利系の能力セットを与えてくれる特徴である。戦闘に関わるメイン12職業とはまったく独自に存在して、どんなメイン職業を持っている人でも、条件さえ満たせば様々なサブ職業を習得することが出来る。
     経験値も個別に計算されるので、メインレベル、サブレベルというような不均衡が存在するのが通常だ。
     サブ職業はキャラクターの個性を付与し、戦闘以外での行動の幅を広げるのが本分なのだが、公然の常識として戦闘にメリットを与えるサブ職業も存在する。

     有名なサブ職業としては以下のようなものが存在する。

    〈鍛治屋〉:生産系サブ職業。鉄製品や武器防具を作る。
    〈裁縫師〉:生産系サブ職業。布や皮のアイテムを作り出す。
    〈細工師〉生産系サブ職業。貴金属や宝石を加工する。

    〈調剤師〉生産系サブ職業。ポーションを調合する。
    〈料理人〉生産系サブ職業。料理を作り出す。
    〈木工職人〉生産系サブ職業。木製のアイテムを作り出す。

    〈会計士〉:ロール系サブ職業。管理や金利が有利になる。
    〈交易商人〉:ロール系サブ職業。商談や値引き特技を得る。
    〈吸血鬼〉:ロール系サブ職業。呪われた吸血鬼になる。
    〈追跡者〉:ロール系サブ職業。追跡や尾行の能力を得る。

     そのほかにもマイナーなサブ職業は無数にあり、以下のようなものが確認されている。
    〈筆写師〉、〈清掃人〉、〈大工〉、〈メイド〉、〈ちんどん屋〉、〈狂戦士〉、〈調教師〉、〈機工師〉。


    ■日本サーバの五文化圏
     〈エルダー・テイル〉日本サーバ管理区域ではゲーム的なバラエティを重視した結果、1/2サイズの日本列島に五つの文化圏が設定されることとなった。

     現実世界で云う北海道は〈エッゾ帝国〉、四国は〈フォーランド公爵領〉、九州は〈ナインテイル自治領〉。そのほかに本州の東半分を〈自由都市同盟イースタル〉、西部を〈古王朝ウェストランデ〉が支配している。


    ■五大都市
     〈エルダー・テイル〉日本サーバのサービスが開始された時、プレイヤーがゲームのスタート地点として選べる場所は「アキバの街」だけであった。これは現実の日本で云うと東京の秋葉原の一に存在する。
     しかし度重なる拡張とユーザー人口増加に伴い、このスタート地点は増加し、ゲーム開始時点で選べるようになった。
     ゲーム開始地点には「大聖堂」が存在し、死んでしまったプレイヤーキャラクターは一定の時間後、経験値にロスをうけてここで復活をすることになる。
     「大聖堂」が存在するのは、スタート地点として選択が出来る都市だけであり、これは現在日本サーバに五つ存在する。
     これらは「五大都市」と呼称される。五大都市は以下の通り。

    アキバの街:最初のプレイヤー都市にして最大のプレイヤー都市。秋葉原の位置に存在し、異世界化後もプレイヤー人口一万五千人を保っている。

    ミナミの街:第二のプレイヤー都市。〈古王朝ウェストランデ〉に存在する商業と伝統を色濃く残す都市。現実世界での位置は大阪に相当する。

    ススキノの街:第三のプレイヤー都市。〈エッゾ帝国〉は〈エッゾの帝都〉に存在する。現実対応で云えば札幌の位置に存在。城塞都市風のアートデザインを持っている

    ナカスの街:第四のプレイヤー都市。〈ナインテイル自治領〉に存在する都市。現実対応で云えば福岡の位置に存在する。

    シブヤの街:第五のプレイヤー都市。この都市成立の経緯は多少複雑であり、第二から第四の都市に比べアキバの街に集中しすぎた人口を緩和するためにデザインされた。そのためにアキバの街からほど近い、現実対応位置渋谷の場所に設置されている。


    ■〈大災害〉
     新拡張パッケージ〈ノウアスフィアの開墾〉適用当日に起きた、常識を越えた出来事に対するプレイヤー間での呼称。
     ゲームをプレイしていたに過ぎないプレイヤーが、この異世界に引き込まれ脱出不可能になってしまった事件を差す。
     〈大災害〉以降、あらゆる変化が〈エルダー・テイル〉の世界に巻き起こることになった。


    ■〈冒険者〉、〈大地人〉、〈古来種〉
     〈冒険者〉とは〈エルダー・テイル〉の世界におけるプレイヤーを指し示す。ゲーム時代それは、主にプレイヤーの自由奔放な生き方や立場を差す言葉として使用されていたが、〈大災害〉以降は〈大地人〉に対する対義語として使われる事例が目立ってきた。

     〈大地人〉とはノンプレイヤーキャラクターであり、この世界の人口の九〇%を占める人々を差す。
     〈大地人〉と〈冒険者〉の違いは、多くの〈大地人〉は低い戦闘能力しか持たなく、レベルアップや能力などが制限されている。また散魂した場合〈冒険者〉は「大神殿」で肉体と生命が再構成されるが、〈大地人〉はそのまま消滅指定しまうという差がある。

     〈古来種〉は〈大地人〉の中の突然変異と云うべき高い戦闘能力を持つ個体だが、その正体や由来などにはまだ謎が多い。
  • 2010年 04月20日 (火) 10時36分
コメントの書き込みはログインが必要です。