己の書き方04「名前は識別のため」

2016年 11月18日 (金) 08:37

 はっきり申して、「名前」というのは、「識別用文字列」です。

 私が名前に求めるのは、「分かりやすいこと」です。
 すなわち「覚えやすいこと」、「区別がつきやすいこと」です。

 たとえば、主要人物の名前が、「ポラマントコラペチカネチェットさん」なんて名づけてごらんなさい。読者からしたら、名前を覚える気持ちが吹っ飛びます。

 だからと云って、「太郎」や「次郎」が、分かりやすいかというと、そうでもないです。
 いえ、確かに、名前そのものは、これ以上ないほど覚えやすいです。
 でも、「それが誰の名前なのか」について、覚えやすいとは限りません。

 むしろ覚えやすいのは、そのキャラクターを想像させるような名前です。
 かわいらしいキャラクターなら、「チャロ」とか「ピノ」とか。
 武骨なキャラクターなら、「ゴンザレス」とか。

 もっと覚えやすいのは、いっそ名前らしさを捨てて、役柄から付けます。
 「白髪の兵士」とか「川向こうの木こり」とか。
 端役には、なるべくこういう名づけが良いかもしれません。

         *

 苗字と名前についてです。苗字は要りますか?
「田中 太郎」、「曽我部 陽一」、「石野舘 草道」
 これよりも、
「田中」、「陽一」、「草道」
 この方が、スッキリしますでしょ?

         *

「クロ」、「ポチ」、「シロ」
 文字数も、ばらしましょう。
「クロンダイク」、「ポッチ」、「シロ」
 この方が、見分けがつきます。

         *

「クロ」、「クマ」、「コマ」
 語感やイニシャルも、ばらしましょう。母音を変えるだけでもグッドです。
「ミロ」、「クマ」、「バス」
 マシになりましたが、文字数を変えた方が効果的です。

         *

 やはり、そのキャラクターに合わせることが大事です。むしろ、キャラクターと名前が合ってしまうと、似たり寄ったりな名前でも、まあまあ平気です。
 例えば、「赤鬼」、「青鬼」
 見た目で分かりますからね、「あ、赤い鬼だから赤鬼なんだな」と。

         *

 改めて云います。人物名で重視してほしいのは、
『誰が、誰だが、分かるようにする』
です。

コメントの書き込みはログインが必要です。