ボムの助

2015年 05月11日 (月) 20:56

いったい、「あの話は何なのか?」という言い訳。

(目論み)
・物語の中特徴が「お決まりの流れ」として存在すれば、キャラクター自体は不定形でも成立するのではないか、という予想の実験。
・いわゆる「敵対者」に縛りが無いので、誰が敵となるか(今日の友は明日の敵状態)不明な、一種のホラー物としての成立もあり得るのではないか、と考えた。

(反省)
・「お決まりの流れ」にボムの助と私がガッチリ入っているため、目論見の第一段階があやふやになってしまった(なんやかんや「ボムの助」「私」というキャラクターが成立してしまっている)。
・というか全部第9爆みたいな三人称にするべきだった。
・次に生かしていきたい。

コメントの書き込みはログインが必要です。