私の中の○○の原点

2017年 08月13日 (日) 22:18

私の中の『クリーチャー』の原点って、『エイリアン』字幕版だと『ゼノモーフ』なんですよね。
始めてみたのは小学生の時で、エイリアン2でしたね。
親父が居間で見てたので一緒になってみてました。
で、案の定その日は怖くて何年かぶりに母にトイレについてきてもらいましたねえ、今となってはいい思い出。
いやあ、あの怖さは私の中でクリーチャーという存在がどういう存在かを確定させましたねえ。
何がすごいって、エイリアンという単語の意味は第1作の公開前までは『異邦人』や『外国人』という意味でつかわれていて普通に空港とかでも使われていたらしいのですが、伝説の第1作公開後に、作品の巻き起こした社会現象にかんがみ『異星人もしくは異星種』という意味合いに単語の意味が変わったぐらいですからね。


主演のシガニー・ウェーバーさんの熱演はどの作品を通しても素晴らしく、女性の役者さんの中では一番好きです。ちなみに男性だとジェイソンステイサムさんですね一番は


で、そのあと成長するごとにいろんなシリーズを見ていって今では立派なエイリアンフリークな私です。
特に一番好きなのは第1作かな、あの怖さはもう素晴らしいの一言です。


というわけで私の中でクリーチャーといえば『エイリアン』なのですが、皆さんの中で『私の中の○○の原点』ってどんなのがありますか?


コメント

Pecoさま、コメントありがとうございます。
RXは、私も大好きです。なんといってもあの無敵ヒーローっぷりが!

チーターさま、コメントありがとうございます。
確か化物語の作者さんでしたっけ?実はアニメも見てないのでよく分かりません。

シンカー・ワンさま、コメントありがとうございます。
ああ、なんか遠い昔に読んだ記憶がありますね。もはや内容忘れましたけど。

赤碕さま、コメントありがとうございます
ロボッコップは私も子供の頃に見ましたね。デザインが衝撃的でした。
新作エイリアンも楽しみですね、どういうお話になるのか
リプリーばりの女傑、おう速く登場させるんだ、あくしろ

SAMONさま、コメントありがとうございます。
ごめんなさい、どっちも見たことないのでよくわからないです。

ムラさま、コメントありがとうございます。
懐かしいですね、役者さんの名演が光る作品でしたね、あの映画は
岳飛  [ 2017/08/14 22:19 ]
わたくしの原点という意味では、SF映画の「インデペンデスデイ」です。
もう何から何まで、お手本のような映画だと思っております。
ムラ  [ 2017/08/14 18:31 ]
SFが好きになったのは
 クラークの「太陽系最後の日」
特撮は
「ウルトラQ」
年がバレルね
Samon  [ 2017/08/14 05:36 ]
実は私がSFに惚れ込んだきっかけは保育園児の時に観たロボコップだったりします。そして精忠さんもエイリアン好きと知って思わずニヤリな私。
9月の新作が楽しみですよー。

エイリアンはホラーが1で、2はエンタメだと思っております。
「Get away from her you bitch!!」

リプリーばりにタフでカッコイイ女性を何時か書いて見たいですね。
赤崎桐也  [ 2017/08/14 01:20 ]
失礼しました。
西尾維新でした。
チーター  [ 2017/08/14 00:16 ]
初コメントです。

設定好きになった原点、みのり書房刊『GUNDAM CENTURY』
シンカー・ワン  [ 2017/08/13 23:47 ]
私の中二病の原点は西尾新です。
チーター  [ 2017/08/13 22:33 ]
特撮ヒーロー好きの原点はブラックRX。
peco  [ 2017/08/13 22:21 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。