虐殺の文法は終わらず、ハーモニーは鳴り続ける。

2017年 04月22日 (土) 00:23

えー、全身若干麻痺を患いながらまぁ、杞憂と思いつつ、伊藤計劃氏の「虐殺器官」、読み終えました。歯ごたえばっちり、ラビットくんも見習いたい物でした。
13話以降、書き方を変えます。というよりは、!や?が消え、僕がぼくになる所謂「ギブスン+計劃」スタイルで英雄の話をしよう。執筆再開します。
たった数千文字で繰り広げられるクソみたいな世界。はて、完結まで漕げるのでしょうか私は(笑)

コメントの書き込みはログインが必要です。