カテゴリ1全156作品

16ページ中1ページ目
2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >> 
  • お兄ちゃんへ 私達ちゃんと笑ってるよ
  • 作者: まみ
  • 命の期限を知らされた時、最後の瞬間までどう生きるのか? そして死に逝く愛する人との残された時間をどう過ごせばいいのか? 答えのでないテーマですが、経験を元にあの時の日々を小説化し残しておきたくて書き上げました。 広く温かいお心でお読みいただければと思っております。 アメーバブログで投稿していた作品を大幅に改訂し、事情により削除した作品を投稿し直しております。
  • ヒューマンドラマ[文芸] 完結済:全39部

    小説情報

  • ホームドラマ 日常 ほのぼの 現代
  • たんぽぽの咲く土手
  • 作者: 齋藤 一明
  • 『サークル・シエスタ』第三回短編課題 「再会」  参加作の3 「タンポポの咲く土手」  意見交換会でいただいた助言を参考に、改稿しました。  全国から桜の便りが届く頃、山あいの里ではまだ春の予兆が顕れたばかり。とはいっても、今を盛りと咲き誇る桜も良いが、自然が見せてくれる風景ほど魅力的なものはない。  山から木を移植しただけの素人庭でしかないが、間近の山を背景にとりいれた庭は、父の部屋の正面にあった。そこはまた、鐵道に生涯をかけた父にとって憩いの場でもある。  里で戯れる風を見、さまざまな姿をみせる雨を愛で、遠く近く列車の鼓動を聞くことが楽しみなのだ。  山里にも春が訪れ、衆目を集める花が散ると、野の花が控えめに己を誇示する。それに誘われて散歩に出た父は、無人駅のホームで枕木に目をやっていた。  うららかな陽気は追憶の扉を開き、父はそこで元気いっぱい駆け回っていた。  騒々しい音とともに出現した列車は、父がハンドルを握った車両だった。思いがけない再開に、父は吸い寄せられるように乗り込み、現役でハンドルを握っているかのように澱みない操作を繰り返している。  不意に父が前方を示した。  懐かしい車両に出会えた父を称えるつもりか、土手で見送るものがいた。
  • 純文学[文芸] 短編

    小説情報

  • サークル・シエスタ 再会 山里 運転士 音 懐古
  • 私の名は南条。校正者です。
  • 作者: 南風禽種
  • 私の名前は、南条です。職業ですか? 「校正者」ですが……何か? 書籍に限らず、カタログやチラシなどの印刷物をチェックする職業、それが校正者。縁の下の力持ちとも言えるが、日の目を見ることはまずないだろう。 そこでこの私、南条が、校正者という仕事をみごと白日の下にさらしてご覧に入れようではないか。 読者諸賢は、紙が電子になっても欠かすことのできない、特殊能力者の存在を知ることになるだろう。 フフフ……。私としたことが、柄にもなく興奮してきたようだ。 ※架空の校正者「南条」の目線から見た、偉そうな口調の一人称小説です。 ※校正技能という、いわば特殊能力と称するべき職能について、深く掘り下げます。 ※1話ごとにオチがありますが、全体的なオチはありません。多分。 ※著者のツイッター(@nanpumuseum)にて、校正者・南条の「心の叫び」をこっそり連載中。
  • その他[その他] 連載:全17部

    小説情報

  • ビジネス/企業 職業 実話系 現代(モダン) 校正 お仕事小説 悲劇(もしくは悲哀) 縁の下の力持ち 校閲 印刷 文章作法 コメディ
  • 刀を捨てた武士
  • 作者: 齋藤 一明
  • 年末のある日、日中外務次官による領土交渉が行われていた。 中国側の理不尽な要求を受け流していた日本は突然方針転換し、中国を挑発する姿勢を明確にした。外務次官は最後通牒ともいうべき言葉をつきつけたのである。  江戸城で徳川家康が家臣に戦法研究を命じたことにより、その後の歴史が激変してしまう。その戦法は初歩のミサイル戦であった。それにより家康は、関が原の闘いでも大阪の陣でも多くの将兵を失わずに天下を掌握する。そして家康は織田信長と語り合った理想を実現すべく制度を一変させた。 新兵器の改良のために外国からの技術導入が盛んになり、そこで培った語学力と外交交渉術で大国からの不当な条約をはねつけ、黒船を拿捕してペリーを外交顧問としてしまう。そしてイギリスから技術導入を図る一方で対等な同盟関係を築く。 王朝崩壊による経済破綻のため乞われて朝鮮を併合したはよいが、民衆の低い意欲に困惑しながらも工業化を促し、国力を充実させ、日露戦争や第一次大戦を経てイギリスとの関係をより密接にする。  ペリー事件を根にもったアメリカによる無通告攻撃が第二次大戦を引き起こしたが、新兵器で反撃。アメリカ国民の厭戦意識を誘い、降伏させて国際社会の中枢を担うことになる。 ヒトラーはイギリス航空隊により爆殺され、ドイツはイギリスに降服。時をおかずイギリス連邦の一共和国となった。  又、権力闘争に敗れた中国人が再起を誓った台湾は、独立を果たしたものの財政破綻に陥る。国民の総意で日本に援助を求め、日本の準州となる。  精密加工技術を武器に、高度な慣性技術を獲得した日本は、自爆回路を組み込んだ慣性基盤を輸出し、世界のパワーバランスを握る。  日本の技術供与により国力を回復した中国は、周辺国と紛争を繰り返し孤立。経済が立ち行かなくなる公算が大になり、国民の不満を外に向けさせるために領土問題を提起する。
  • 歴史[文芸] 完結済:全18部

    小説情報

  • ミサイル開発 大阪城炎上 朝廷からの独立 外国語導入 新体制 ロケット飛行機開発 黒船拿捕事件 外交顧問 ペリー 長距離ミサイル
  • R15
  • 誰でも分かる!小説の書き方入門
  • 作者: 青い鴉
  • 「これだけ読めば小説が書ける」そんなエッセイを目指します。自分が学んだことを整理するために。何処かの誰かの役に立つために。それは、本当に分かりやすく、あっさり読み終えられる、非常にやさしい小説の書き方入門。ぜひこれを踏み台にして、筆力を向上させていってください。作中作「マグタイトサーガ」もよろしく!
  • エッセイ[その他] 連載:全55部

    小説情報

  • 小説 書き方 入門 講座 エッセイ プロット ファンタジー 異世界トリップ
  • アンダーワールド ―炎揺らめく名も無き世界―
  • 作者: 西原詩絵
  • ふと眠りから目が醒めると、そこは深い森の中だった。  奇妙な生き物に囲まれて、鬱蒼とした木々の中で少年が出会ったのは 背広を着こなし、二足歩行の、話す猫。 『あなた様をお迎えに上がりました。あなたは、リーズンに会わなければなりません。』 何故か迷い込んだこの世界、そしてリーズンとはいったい何なのか。 少年と、様々な出会いが織り成すファンタジー。 この闇の向こうに待ち受ける結末には どんな意味があるのだろう。
  • ノンジャンル[ノンジャンル] 完結済:全84部

    小説情報

  • ファンタジー 童話 異世界 少年 動物 転生 戦争 遊郭 猫 文学
  • 残酷な描写あり
  • 向日葵描きのセレナーデ
  • 作者: 西原詩絵
  •  小澤美並《おざわみなみ》二十八歳。近所の小さな楽器店で、ピアノの講師をしている、平凡な女。  ある日親友にプロポーズされたことを打ち明けられる。彼が中国に転勤することになり、ついていくかどうか迷っているという。  カフェで話し込んだ帰り道、何となく沈んだ気持ちになる。 “きっとこの先も思い切り誰かを愛したりできない気がする”  しかし、ふらりと立ち寄った見知らぬ公園で、一人の絵描きと出会い、美並の運命は大きく動き出すのだった。  太平洋戦争中の満州での悲劇、現代を生きる二人の美並。 そして、謎の男。 歯車が動き出し、世界を変えていく。恋と、家族と、友情と。 約七十年前と現代を繋ぐ記憶の糸。
  • ノンジャンル[ノンジャンル] 完結済:全19部

    小説情報

  • 満州 戦争 恋愛 大阪 ピアノ 歴史 悲劇 文学 昭和
  • カクヨム、noteではじめる小説家、クリエーター生活
  • 作者: 坂崎文明
  • カクヨム、noteを中心に小説新人賞やクリエーター関連のエッセイを書いていきます。 小説家になろう、アルファポリス、E☆エブリスタ、ノベラボなどのWeb小説サイト全般の攻略法も書いていきます。 自動バックアップ機能がある『小説家になろう』→カクヨム→noteの順に投稿しています。note版がリンク機能があるので読みやすいかも。 note版 https://note.mu/sakazaki_dc/m/mec15c2a2698d カクヨム版 https://kakuyomu.jp/works/1177354054880246141 小説家になろう版 http://ncode.syosetu.com/n0557de/ E☆エブリスタ版 http://estar.jp/_howto_view?w=24043593 小説家になるための戦略ノート 作者:坂崎文明《感想 130件  レビュー 2件 ブックマーク登録 900件 総合評価 2,350pt文字数 832,532文字》も人気です。 http://ncode.syosetu.com/n4163bx/
  • エッセイ[その他] 連載:全154部

    小説情報

  • 日常 ディストピア カクヨム note クリエーター 小説家になろう SNS 小説新人賞攻略法 Web小説 E☆エブリスタ アルファポリス ノベラボ
  • 残酷な描写あり
16ページ中1ページ目
2 3 4 5 6 7 8 9 10  Next >>