カテゴリ1全33作品

4ページ中1ページ目
2 3 4 Next >> 
  • そうこ。
  • 作者: みつる
  • なんか増えてきたし整理。消すのも偲びないのでそうこ
  • その他[その他] 連載:全7部

    小説情報

  • 引きこもりニートが超ブラックなサッカー部に転生したら
  • 作者: GREEN
  • 「リアルで上手くいってないヤツが異世界に転生したところで上手くいく訳がない。今まで通りコソコソ隠れながら生きていくだけだ」小説家になろうのチーレム小説を読むのが趣味の二十五歳引き篭もりキモオタデブニート、佐藤太郎は現実逃避に明け暮れながらもこの世の真理に辿り着いていた。そんな彼もある日、車に轢かれて神様に会い、異世界に転生することになる。しかし、その行き先は佐藤が最も苦手な人種――ウェイの巣窟である強豪サッカー部だった。これは彼が、怒鳴り散らされ、恥を晒し、泣き、立ち上がり、必死で努力し、失われた「自分」を取り戻していくまでの物語。
  • ヒューマンドラマ[文芸] 連載:全26部

    小説情報

  • 日常 青春 ファンタジー 恋愛 シリアス 学校/学園 部活 コメディ 現代(モダン) 友情 ダーク 男主人公 成長 スポ根 ツタヤリンダ大賞B1
  • 胃がんって言われちゃったよ。
  • 作者: 魚住すくも
  • わすれもしない、2015年10月10日。 わたしは吐血して救急車で運ばれた。 初めての胃カメラ、輸血、そして胃がんの告知……。 忘備録を兼ねて綴りたいと思う。
  • エッセイ[その他] 連載:全7部

    小説情報

  • 闘病記 胃がん
  • 不器用なふたり
  • 作者: 琴川 錆句音
  • さぁ!終わった物語をもう一度。 柴田と俺、こと高橋の本音の言えない高校生活。 「あまのじゃく」の2人の後日談、 有り体に言って不躾で無粋な落胆してもらうためのお話。
  • 現実世界[恋愛] 連載:全10部

    小説情報

  • スクールラブ 日常 青春 ラブコメ 恋愛 高校生 ぼっち コメディー 不器用 リア充 学校 ショートショート SS 毎日更新(一応)
  • あまのじゃく
  • 作者: 琴川 錆句音
  • 「最高に幸せを感じたとき私は死ねると思うんだ。」 放課後の教室で語られた柴田のどうでもいい主張。 これは、そんな戯言付き合う羽目になった俺の物語。
  • 現実世界[恋愛] 短編

    小説情報

  • スクールラブ 日常 青春 恋愛 高校生 自殺 自殺介助 祭り 星 夏 バカ ラムネ 青酸カリ 水着 浴衣
  • 夕陽に笑う
  • 作者: 新海明石
  • 眠り続けるシュウタと待ち続ける「私」。呑み込まれそうな夕陽に照らされて、ひとつの変化が訪れる。(「朝陽に眠る」続編)
  • ヒューマンドラマ[文芸] 短編

    小説情報

  • 日常
  • 朝陽に眠る
  • 作者: 新海明石
  •  目覚めない男、シュウタに寄り添う「私」の、行き場をなくした心が出口を探す。
  • ヒューマンドラマ[文芸] 短編

    小説情報

  • 日常
  • 機竜戦記 (パイロット版)
  • 作者: 吉田エン
  • 主人公たちの通う大学の周囲は、唐突に現実とは非なる現実へと変わっていた。地理や街並みは同じでも、空は赤く、辺りには羊歯や蘇鉄の大木が生い茂り、恐竜と良く似た形状の機械、〈機竜〉が徘徊している。 果たして何が起きたのか? それを探る以前に、彼らは切実な問題に直面していた。土壌や植物は放射性物質に汚染され、食料となるものが皆無だったのだ。 しかし〈機竜〉が植物を口にして何らかのエネルギーにしていることから、〈機竜〉の内部構造に何かしらのヒントがあるのではと考えた彼らは、劣悪な路上にバイクで乗り出した。武器はお手製のパルス・デトネーション砲ただ一つ。〈機竜〉との生死を賭した戦いが、始まった。 ※このお話はパイロット版的な中編です。当面は一区切り付くところ(5~10万字程度)までの執筆しか考えていませんのでご注意ください。
  • 空想科学[SF] 連載:全4部

    小説情報

  • 冒険 怪獣
  • はっきりと言えばケベロスちゃん
  • 作者: はいむまいむ
  • 次生まれるときはきもかわいいケルベロスにしてくれと、遺書に書いて自殺を図ろうとしたおっさん脳の少年、文山浩一はビルの上で頭のおかしい修行中の天使二人と対峙していた。 ひと悶着の後、文山浩一は二人の天使とある契約を結んでしまう。 「別に死ぬのは構いませんが、どうせ死ぬならこの子を育ててから死んでください」 そして、天使から渡されたのは小さな青色の卵だった。 強制的に帰らされた後、文山浩一は床につき寝てしまい、夜が明けた。目を開けるとは黒色のYシャツを着た小さな女の子がそこに寝転がっていた。 そして、彼女は目を覚ますなり彼を「ふぁざー」として認識するのだった。いったい彼は、彼と彼女はどうなってしまうのか。一番知りたかったのは文山浩一、彼自身だった。
  • ヒューマンドラマ[文芸] 連載:全5部

    小説情報

  • 日常 ハッピーエンド 男主人公 ほのぼの
4ページ中1ページ目
2 3 4 Next >>