カテゴリ1全1作品

  • 凍解の花【いてどけのはな】
  • 作者: もも
  • 花街で下働きの少女として育った十歳の光莉(ひかり)は、ある日看板遊女である母の客に少年だと見抜かれ買い取られそうになる。夜の内に親子で花街を逃げだそうとするが、母は追っ手に捕まってしまい、光莉は一人で逃げることとなった。逃走を続け、疲弊しきった光莉は、やがて入りこんだ山の中で白夜(びゃくや)という青年に出会う。不思議と心惹かれ、親切な彼と一緒にいたいと願うが、翌朝彼は「十年経っても自分のことを覚えていたら、またここに来い」という謎の言葉を残して別れることになる。それから十年。近くの村で暮らしていた光莉は、約束を果たすために山へ登ろうとするが、麓の茶屋で「あの山には鬼と天女が一緒に暮らしている」という不穏な話を聞く。それでも恐れることなく山へ登った光莉は、赤い瞳が印象的な美少女と出会う。まがいものの生命に結びつけられた青年と少女の絆の物語。
  • 異世界[恋愛] 完結済:全50部

    小説情報

  • オリジナル 和風 恋愛 ファンタジー