腐世界さん、執筆途中の出来心

2018年 01月14日 (日) 13:00

ユ→ユアンス
結→美結
た→たんぽぽ(作者)




ユ「ごめん……なさい……ごめん……なさい……。」

結「アハ。尻尾モフモフしてたら壊れたっぽい。うーん。存分にモフモフを堪能出来るようになるまでの道のりは、まだまだ長いなー。……おーい、戻れ〜。(にぎっ)」

ユ「ひィ!?」

結「あ、戻って来た。……あー。ねぇ、そういえばさー。この尻尾、掃除に使ったら便利そうだよねー。ほら、埃を吸着するフワフワのモップみたいじゃん。」

ユ「ひぇっ!?(ガタガタブルブル)」←怯えた瞳

結「えっ。どうしたの??」←分からない。




た「ねぇ、ユアンスくん。」

ユ「うん?」

た「私は、君の境遇を知った上で言うよ。……君の尻尾をモップ代わりにしたいな!」

ユ「ひぇっ。」

た「ふふふ。ステキな反応をありがとう♪」

ユ「鬼か!」

た「うふふ。……ねぇ。描写してあげようか、君の想像。どんな風に君の尻尾をモップにするのか。……ねぇ。私は知っているんだよ、君の過去。心砕かれるほどステキな過去を。」

ユ「サディストかよ!お前本当、シリアス好き過ぎるだろ……。」

た「シリアスの塊みたいなユアンスくんが超好き。腐世界キャラで2番目に好き。」

ユ「あー、うん。……で、1番は?」←呆れ顔

た「もちろん、シーくん。」

ユ「あっ、ハイ……。」←だろうな、と。


----------

って訳で、ちゃんと書いてるんだからね!半年放置と化してるけど!!

コメントの書き込みはログインが必要です。