また電子本の印税が…

2017年 10月28日 (土) 11:34

また印税が振り込まれていました。

電子本はいいですね。売れた分だけどどんと別に入ってくる。伊勢崎ウェポンディーラーズは打ち切られたのに、地道に売れているのか、また結構な額が入ってました。

電子のこれまでの累計は推定1000冊ちょっと分かな。

大したことないのでしょうけど、この期に及んでまだ売れているのが不思議だ。
もう1年経つのに。

買ってくれた人には感謝ですが、続きが出せないのが心苦しいです。
ごめんなさい。

これで初動と合わせて4000以上はいってるんじゃないかと思うのですが、これでも打ち切りなので厳しい世界ですね。ノベルスは文庫よりも打ち切りラインが低いなんて噂ありますが、実際は逆です。金がかかってる分、ボーダーは高い。あと、単純に数だけでなくて、勢いもあるらしいけど。

2巻約束されても爆死すれば1巻で切られる世界ですから、文句を言わせない数字を最初の2、3週間で売らないといけないわけです。

しかし、このシステム、じり売りでヒットする作品の可能性を消すわけでもあります。出版社の経営上の問題なのでどうしようもないけど、他の出版社だったら、伊勢崎の売上げ以下でも続巻しているところもあるので、思いは複雑ですね。

ああ、実に残念。

でも、次作の「嫁ごはん」が順調に進んでいるので、ここは切り替えていきましょう。

「異世界嫁ごはん」オーバーラップノベルで11月25日発売です。

コメント

ありがとうございます。
次から次へと出版する作品があるから、こういうことになるのですが、そのおかげで私も本を出せているので受け入れるしかないですね。

表紙絵や口絵が公開されると、ネット通販でもグググっと来ると思いますので、その時はよろしくお願いします。

しかし、今はポイントの時代じゃないですね。高ポイントでも爆死はざらにあるし。
なんとか初動をすり抜けたいです。

九重七六八  [ 2017/10/29 14:35 ]
ノベルは厳しい時代ですよね・・・コミックみたいに連載などではないので、この作品はじわじわくるはずですから様子を見てくださいとも担当者様もいえないだろうし・・量産で数ださないと厳しい会社としては次の作品をって昔みたいに作品を育てていける状態じゃないとも聞きますし

発売を一ヶ月切った「異世界嫁ごはん」ですが初動を上手くいってくれる事を応援しております 異世界嫁ごはん予約できる場所もありますが、アマゾンなどはまだなのかな・・・
壱咲  [ 2017/10/29 14:10 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。