「織田家の長男に生まれました」更新しました!

2018年 02月11日 (日) 20:13

ルビを振れば振るほど、貞成(さだなり)が資料の伝承ミスなんじゃないかと思えて来る……。
ちなみに成定は史実において瀬木城城主という訳ではありません。というか、この時代の牧野家はみんな牛久保城城主となっていますからね。
資料では成時が長山一色城に移ったのち、成勝が入った事になっていますが、その後の瀬木城の詳細が不明です。
なので、成勝の次男、氏成の嫡流が代々瀬木城の城主となっていたと、拙作では設定させていただいております。ご了承ください。

ぼたもち様から十八松平家の地図をいただきましたので、準備ができ次第、「鵜殿家と牧野家」の地図と差し替えさせていただきます。

コメント

諱も変えたりしてますよね。豊臣秀吉の弟の秀長も、長秀と署名したり、秀長と署名したり、、、
しゃあっ  [ 2018/02/11 21:22 ]
お疲れ様です。

戦国時代の人名は今でこそ「あれが正しい、これが正しい」と揉めますけど、最上さん家の狐さんよろしく本人ですら適当に使い分けてる感があります。あまり気にし過ぎて筆が止まる弊害の方が大きいようにも思います。
 [ 2018/02/11 21:00 ]
更新お疲れ様です。
D・H  [ 2018/02/11 20:27 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。