【呪族転生】四巻書籍情報!

2017年 11月11日 (土) 17:39

i219530

 呪族転生第四巻『ファージ領の改革』の発売日が11月15日(水)に決定しました!

i219530

 そしてこちらが四巻において新たに登場するファージ領の方達となっております。
 薄幸領主ラルクに使用人の少女のマリアス、錬金術師団副団長のリノアです!
 ラルクさん、かっこいい……!
 登場時に泣き喚いてマリアスに八つ当たりしていたのも、この際忘れてあげましょう。

 リノア及び、ファージ領錬金術師団の正装の描写に、若干のWEBからの変更があります。
 といいますのも、ぶっちゃけ宣教師リングスの服装と色彩的にモロ被りしていたので、青は水神教の一派である彼らに引き渡すことになりました。
 リングスの挿絵もなかなかいい感じにニコニコ笑顔の胡散臭い素晴らしいデザインとなっておりますので、書籍でぜひご確認ください!

 横長の画像の調節が難しかったので、気になる方は画像クリックで画像ページに飛べますので、そちらからご覧くだされ。


 今回の書籍限定書き下ろし小説は『魔花の王妃』となっております。
 なんと今回、三万字近い文量があります!
 ファージ領勢の意外な一面が見れたり、アベルを庇ってガチ口喧嘩するメアが見れたりと、なかなかユーモアと緊張感、爽快感として安定感のある、なかなか密度の濃い作品に仕上がりましたのでお楽しみに!


 初回版特典SSは「とある大神官の憂鬱」となっております。
 リーヴァイ教の四大神官の少女が、付き人のリングスと共に『悪魔の脳味噌』と畏れられる、研究狂いの天才魔術師、大神官ペンラートの様子を見に行く話となっております。
 本編では発揮されない彼女の、ネログリフやペンラートの愚痴をリングスへと溢す毒舌な一面が見られます。
 
 各店舗特典SSは、
 「とあるドゥーム族の少女の話~悪魔の契約編~」
 「とあるドゥーム族の少女の話~アベルの髪の毛編~」
 「とあるドゥーム族の少女の話~ウェゲナーの冒険記編~」
 「とあるドゥーム族の少女の話~メアの一日編~」
 となっております。
 なんと、今回すべてメアのSSとなっております。

 店舗の詳細情報につきましては呪族転生の特設サイトの方から確認できます。
 そして「とあるドゥーム族の少女の話~アベルの魔術語り編~」を、四巻発売記念SSと銘打って活動報告の方で公開しておきますので、こちらもお楽しみください。


 そしてなんと、今回も呪族転生の担当編集様が、『魔導書風ブックカバー3』を製作してくださいました!
 文字クリックでダウンロードページに飛びます!

i219530

 今回はアベルの前世愛読書雑誌風ブックカバーとなっております!
 この胡散臭さが大変アベルらしくてよろしいですね。
 ……担当編集様、気合入り過ぎでは?


 そんなこんなで呪族転生・第四巻をよろしくお願いいたします!
 ……実はここだけの話、ちょっと最後までの続巻が売り上げ的に厳しいんじゃないかという話でして、買っていただけると本当にとても助かりますゲフンゲフン。

i219530

コメント

ラルク君幸薄そうな顔してる……
目薬  [ 2017/11/15 14:03 ]
あれ?リノアって誰だっけ?って思ったら副団長だったわ。
こんなロリが副団長じゃロリコンが危ない
ゆー  [ 2017/11/12 20:43 ]
最後まで行かないとか嫌すぎる…何冊買えばいいんですか(錯乱
飼い猫  [ 2017/11/12 10:56 ]
地方ではツタヤ書店ぐらいでしか売ってなく・・・
ネット買いだけでは伸びないかと思われ
宣伝は出版社の・・・
俺は買いますとも!! 面白いんだから
ROOD  [ 2017/11/12 00:31 ]
収集家さんの登場が待ち遠しい‼
労働者  [ 2017/11/11 22:29 ]
ラルク=40歳苦労してるおっさん
リノア=20代後半の苦労派OL

こんなイメージだった
黒鯖  [ 2017/11/11 21:02 ]
リノアめっちゃ可愛えぇ!?
メアも可愛かったがこっちも負けず劣らずの可愛さだな!
ナカケン  [ 2017/11/11 19:55 ]
店舗特典SS、作品が好きであればあるほど全部読みたいけど、同じ本を何冊も買うのは流石に…ってことで諦めてもう書籍を買うのをやめてしまうような人は自分だけだろうか?
卜部  [ 2017/11/11 19:31 ]
アベルとリノアが仲良さそうに歩いている!
typhoon  [ 2017/11/11 19:06 ]
販促感あるよな
五行読目  [ 2017/11/11 18:54 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。