「無欲の聖女」完結いたしました。

2017年 06月26日 (月) 08:11

先ほど、完結編のエピローグを投稿させていただきました。
初めて「投稿」ボタンを押してから、気付けば一年半。いつの間にかこんなにも長くなってしまった物語に、最後までお付き合いくださりありがとうございました。

***(以下ネタバレを含みます)***

読者さまの声に押され、完結編を書こうと思った時、一番悩んだのは、入れ替わりをどう決着させるのか、ということでした。

無欲は、私がただ勘違いものを表現したかったために書き始めた話であり、入れ替わりやTSというのは、作者にとっては勘違いを成立させるための一要素でしかありませんでした。
ですが、第2部完結時の感想欄を見るに、読者さまはどうやら、入れ替わり問題に決着を付けない限りは、この物語を終わらせてくれないご様子。

しかも、「このまま皇子とくっついちまえよひゅーひゅー!」派や「精神的BLはまじ勘弁」派、「え、レーナとゆりゆりするんでしょ」派や「いっそブルーノと」派、「いやここはひとつハーゲル」派、「ところでカーネリエントはアレでいいんですか」、「ビアンカの出番はぁはぁ」、「グスタフwww」、「アデイラ」…、とにかく皆さま色々なご意見をお持ちで、どう決着させたら「ベスト」なのかが、さっぱりわからない状況でした。

が、そこも読者さまの、「あなたの好きに書いていいんだよ」という言葉に励まされ、考えに考え、出た結論は、「とにかくレオだけは幸せにしよう。成長させよう」というものでした。

レオは、少年の姿に戻ります。皇子とくっついて、というお声も頂きましたが、そうはしませんでした。なぜなら、レオが欲しいのは恋愛の情ではなく、家族の情だからです。

強欲な少年が無欲な少女に勘違いされてしまう、というのがこの物語ですが、だからこそ、金以外には無欲だった少年が「強欲」になることで、この話は完結するのではないのかなと考えました。


…などと、すごく真顔で語ってしまいましたが、第1部を書いていた時は、まさかこんなにも深くこの話について考えることになるとは思いもしませんでした。
キャラの過去、物語の核、これらは全て、読者の皆さまと、感想欄でやり取りをしながら練っていったものです。
読者さまによって、物語は育てられていくんだなぁということを、強く強く実感したこの一年半でした。本当にありがとうございます。

それくらい、この作品にとって皆さまからのコメントは重要なものです。正直なところ、PVやランキングなんかよりもずっと、

…あ、でもレビューや評価も嬉しいからやっぱりそちらも、
…あいや、上位になると人が集まって感想が書かれやすくなるからやっぱり順位も重要かも…
…いやいや、書籍を買っていただけるというのは拙作にお金を払ってくださっているわけですから、その時点で他とはもう一線を画したレベルですごく嬉し…

…失敬、本音が漏れました(視線を逸らす)。
とにかく、皆さまからのコメント。これが重要であります。

特に、クライマックスに差し掛かってからの感想欄は、毎日がお祭りのようで、本当に楽しかったです。
頂ける感想がとにかく嬉しくて、面白くて、なにかと読み返しては「この感想欄が書籍化すればいいのに」とか思った私は立派な変態です。笑
…でも、面白かったですよね?感想欄。

そんなこんなで、無欲の聖女はこれにて完結となります。
改めて、ここまでお付き合いくださり本当にありがとうございました。
作者画面に「感想一欄が更新されました」の文字が浮かぶたび、性懲りもなく胸が踊りました。日々の楽しみをありがとうございます。

しばらく充電期間に入りますが、願わくは、またお目にかかれますことを。
3巻の発売も近いので、そこで再会する手もありますよ!と、最後にゲス顔で宣伝させていただき、この長文を締めさせていただきます。
本当にありがとうございました。

コメント

>RUMAさま
ありがとうございます。寂しいと言っていただけるなんて光栄です。
私もお祭りのようだった感想欄が終わってしまって寂しいです…涙
書けるものを書いていければと思いますので、またお付き合いいただけますと幸いです。

>相野仁さま
コ…コメントをありがとうございます!(緊張)
きょ、恐縮であります!!
中村 颯希  [ 2017/07/03 08:16 ]
完結おめでとうございます。
お疲れさまでした。
相野仁  [ 2017/07/02 21:07 ]
不謹慎ながら完結という言葉を見て物悲しさを感じてしまいました
更新の日が待遠しく、読んでいる時は面白くてとても元気になれました
こちらの小説に出会えて本当に良かったなーと思います
作者様の作品は全部大好きです
また、筆を取ることがあればまた足繁く通いたいと思います
RUMA  [ 2017/07/02 00:04 ]
>AOUAさま
感無量と言っていただけるのは、やはりAQUAさまが作者と一体というか、一丸となってこの作品を読んでくださったからではないかと思います。全員野球か!笑
しばらくは充電させていただく予定なのでなんともですが、また、書けるものを書いていければと思います。
そのときにはお付き合いいただけますと幸いです。

>もんがさま
下ネタ場…w
そうですね、なぜだか部を追うごとに下ネタが激しくなってしまったようで…作者としても困惑しております。レオの呪いでしょうか。
ひとつの作品をきっかけに、他の作品にもお付き合いいただけるのって、とても作者冥利に尽きます。
また書きはじめたそのときには、ぜひお付き合いいただけますと幸いです。

>ロリうささま
私も、隙間時間に感想欄をブラウザ更新する癖がすっかり染みついてしまって、そこにロリうささまの文字が見えず寂しいです。
あれだけお祭りのようだった感想欄も、やがて静かに、そう、しーんとなっていって…、無人の、…。
(ずーん)
いや当然のことなんですけれどもww
早売りを探してくださったとのこと、とても嬉しいです。購入確定とか、どれだけ私を喜ばせにかかるのでしょうか。笑 週末の「再会」を楽しみにしております。
中村 颯希  [ 2017/06/28 08:55 ]
遅ればせながら活動報告でも『完結おめでとうございます』を言わせていただきに参りました。
・・・というか毎日の習慣となっていた『無欲の聖女』を読んでから夢の世界へGO! が終わっていた事で
Σ(゜□゜;) 改めてレオロス発症中です・・・
でもレオは今でもリヒエルトの下町を駆け回り、レーナはひきこもりライフをエンジョイしているんだろうな~と妄想しております。

颯希先生も充電期間とはいえ、書籍化のお仕事に追われいる事と思います。(第3巻だけで第二部が収録できる筈はないので?!!)

私の方は金曜日の再会も待ちきれず『何処かで凄い早売りしてないかな~?』と書店巡りを始めてしまいました。
・・・やっぱり早すぎたみたいです;
『おっぱ… …はやうりない、むねん』

第3巻の購入は決まっているので週末の『無欲の聖女』再会を楽しみにしています。
 
 『ビアンカ様のふともも特典、はぁはぁ(´д`:)』
ロリうさ  [ 2017/06/28 06:06 ]
先生、まずは完結おめでとうございます!

無欲と強欲、どっちも根本にあるのは欲なんだなぁと何とはなしに思ってみたりしながら読み返しをしております。←(やだ、哲学的)
更新される度に(ブルーノぇ…)何て思いながらワクワクしていたのはここだけの内緒話です。

無欲の聖女や神様の~など、中村先生の書くお話はどうも自分のいい所にザクザク来るようで…
しっかり充電しながらまた心にストンとくる新作(続編でも)お待ちしております。


あ、どうでもいい事ですが、(以下ネタバレ)が(下ネタ場)に見えた私は疲れてるのかもしれないです…
もんが  [ 2017/06/27 22:52 ]
完結おめでとうございます。そして、ありがとうございました。

読者が言って良いものかどうかわかりませんが、ただただ感無量という感じです。

ただ、これだけは言わせていただきたい。
風呂敷がなんとも見事に畳まれ過ぎていて、続編とか、新編とか、スピンオフとか、とかとかの余地がっ(;´д`)
いつかで構いません。気が向いたらとかで構いません。
小話とかこぼれ話とかで、金欲王レオに再会させていただけると嬉しいです。
AQUA  [ 2017/06/27 19:03 ]
>いぬはるさま
あは、2枠に渡りありがとうございます。
…って、秋ぃ!?(白目)

>黒鯖さま
お付き合いくださりありがとうございました!!

>まりさま
生きがいにしてくださったなんて光栄です!
願わくは、またどこかの感想欄でお目に掛かれますことを。

>浅利 志染さま
全然錯覚なんかではないですよ!!みんなで掴み取った勝利、違った、完結でした。スポーツか!
ですが冗談抜きにして、皆さまからのコメントが、日々の更新のモチベーションでした。
こんなわちゃわちゃしたお祭りみたいな感想欄になる奇跡、なかなか起こらないです。
またどこかの感想欄でお目に掛かれることを願っております!

>暁月 晶人さま
どうもありがとうございます。
最後のページにしおりを挟むって…すごくぐっときちゃいますね。作者冥利に尽きます(きゅん)
しばし充電期間に入ってしまいますが、書けるものを書いていければと思いますので、またお付き合いいただけますと幸いです。
中村 颯希  [ 2017/06/27 09:02 ]
>本屋文さま
本当にお祭り騒ぎでしたね!昨日(完結時)はついに感想の数が100件/日を超え…w 嬉しくて鼻血を噴くかと思いました。実際には腕の筋肉が攣りました。笑
3巻も買ってくださるなんて、とっても嬉しいです!
親愛なる本屋文さま、ぜひまた今週末お会いしましょう…☆

>柊 菜緒さま
頓挫大決定ですよねww 綿とか。
でも、あの名作の世界観を私が表現しようとして頓挫する、みたいな現象のほうが先かもしれません…w

>佐東鳴狐さま
あわわ佐東鳴狐さま、す、すみません…っ、でも私、ちゃんとネタバレって言っ…!!笑
ここはひとつ、もう答え合わせの感覚で読み進めていただくということで。
今回もまた過分なお言葉をありがとうございます。
私の文章が、佐東鳴狐さまにかかるとまるで尊いもののように思えてきて、くすぐったいです。
無欲は特に、コメディとシリアスを行ったり来たりする作品ですが、最後までお付き合いいただけますと幸いです。
両腕広げて待っておりますので、全力でどうぞ!さあ!

>nagiapplefieldさま
最後までお付き合いくださりありがとうございました。
暖かい世界を感じ取ってくださったなら、きっとそれは、nagiapplefieldさまはじめ、読者の皆さまのコメントが暖かかったからです。
おかげで完結できました。

>さーちさま
温かなお言葉をありがとうございます。おかげで完結できました。
願わくは、またどこかの感想欄でお目に掛かれますことを!
中村 颯希  [ 2017/06/27 08:57 ]
>白しっぽさま
日々感想をありがとうございました。
すでに感想欄でも長文返信をしてしまった後ですが(暑苦しくてすみませんw)、白しっぽさまからの感想を、いつも本当に楽しみにしておりました。
それにしても、感想欄のお祭りのような楽しさ!今はもう、祭りの後というか、兵どもが夢の跡というか、そんな感じで真っ白な灰になりつつあるわたくし作者でございます。笑
これからも書けるものを書いていければと思いますので、ぜひまたお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

>柊 菜緒さま
ありがとうございます。おかげで完結できました。

>れとさま
わわ、なんて嬉しいお言葉でしょう。どうもありがとうございます。
大好きすぎる作品を前に、読むのを勿体ながってためらってしまうこと。完結を見守りたいけれど、終わってほしくないと願うこと。私にも強く覚えのある感情です。その対象である作品に、この「無欲」がなれたというのが、嬉しくてなりません。
そして、勇気を出してコメントをくださったとのこと、本当にありがとうございます。
かつて私はその勇気が出せず、それが捻じ曲がってこの作品の執筆にいたりました。謎展開w
本編を追うだけでなく、感想を付けたり返したり、その様子を見守ったりできるというのは、この「なろう」さんの最大の醍醐味の一つですよね。私も、本当に楽しかったです。
これからも書けるものを書いていければと思いますので、願わくは、またどこかの感想欄でお目に掛かれますことを。
コメントをありがとうございました。
中村 颯希  [ 2017/06/27 08:50 ]
コメントの書き込みはログインが必要です。